日焼け後にシミを作らせない!正しい紫外線ケア法

日焼けをしないように気を付けていたのに、いつのまにか焼けていたことはありませんか?しっかりと対策をしたつもりでも、日焼けを完全に防ぐのは難しいです。

日焼けはシミの原因になるので、シミを作らないようにするため正しくケアしていきましょう。そこで今回はシミを作らせない正しい紫外線対策と日焼けの防法をご紹介します。

日焼けによる肌ダメージは想像以上!日焼けがシミの原因に?

夏の終わりの肌は想像以上のダメージを受けており、放っておくとシミやシワの原因になります。

紫外線を大量に浴びると、身体の防御反応によりメラニン色素が過剰に生成されます。本来メラニン色素は肌を紫外線から守るもので、通常は代謝により排出されていきます。

しかし代謝が上手くいかない場合、メラニン色素が色素沈着を起こすことがあります。これがシミです。つまりシミの原因は、過剰に生成されたメラニン色素です。

シミを作らせない、日焼け後のケア方法

シミを作らせない、正しい日焼け後のケア方法を確認していきましょう。

まずは冷やすことが重要

日焼け後の肌は炎症を起こし、軽いやけどに似た状態になっています。炎症を起こした肌は色素沈着が起こりやすく、シミができやすいです。

まずは冷やして炎症を鎮めましょう。

冷やした後は保湿

ほてりがある程度治まったら、普段よりもしっかりと保湿を行います。いつもより多めに化粧水をつけて、十分に潤いを与えます。

ほてりが引いて肌が落ち着いているのであれば、ビタミンC誘導体の配合された化粧水がおすすめです。メラニンの生成を抑える効果が期待できます。

水分を補給する

日焼け後は体から大量の水分が蒸発し、思っている以上に乾燥が進んでいる状態です。

ミネラルウォーターやスポーツドリンクを飲み、身体の中の水分を補う事が重要です。

さらなる日焼けをしない

日焼け後の肌はとてもデリケートな状態です。ここに再び日焼けしてしまうと、さらに大きいダメージを受けることになります。

日焼け後は紫外線カットを徹底してください。

体の中からもしっかりケア

日焼け後は特に、栄養バランスのとれた食事をとるよう気を配りましょう。シミに効果的な栄養素を意識して取り入れます。

ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEには、新陳代謝を活発にする働きがあり、メラニン色素の排出を促します。ビタミンAはうなぎやかぼちゃ、ビタミンCは柑橘類、ビタミンEは玄米や豆類に多く含まれています。

またたんぱく質は皮膚の元となる材料となるので、シミ対策には重要です。亜鉛にはメラニンの代謝を促す働きがあります。

睡眠も大切

睡眠中に成長ホルモンが分泌され、肌の代謝が高まります。また肌ダメージの修復も睡眠中に行われるので、日焼け後は早く寝て睡眠をしっかりとることが大切です。

日焼け直後の美白ケアはNG

日焼け直後、肌はとてもデリケートになっています。美白化粧品は刺激となる事があるので、日焼け直後は控えておきましょう。これらの美白化粧品は、肌のほてりが収まってから使うようにしてください。

日焼けした直後のアフターケアは、まず保湿ケアに重点を置き、炎症を起こした肌に水分補給をすることを重視しましょう。肌の炎症を和らげることが重要です。

日焼けをしないための予防法

シミを作らないためには、日焼けをしないことが一番です。紫外線対策は1年を通して常に行うようにしましょう。

日焼け止めクリームを使う場合は、適量を付けて必ず塗り直しを行いましょう。どうしても汗や水分で落ちてしまうので、塗り直しをしなければ効果をキープできません。

毎日のスキンケアの際、美白化粧品を取り入れるのもおすすめです。ビタミンC誘導体の配合されたものを選ぶと、抗酸化作用やコラーゲンの生成促進などの効果もあり美肌に近づくことができます。

特に5月~8月の10時~14時が要注意

特に日焼けが心配な時期は、紫外線が強い5月~9月だと言われています。時間帯では10時~14時が最も紫外線の強い時間です。

このタイミングで出かける場合は、紫外線対策を徹底させ注意をするようにしましょう。

日焼けの症状がひどい時は迷わず病院へ

水ぶくれができたり、いつまでもほてりが引かない場合は、日焼けとしては症状が重いです。治療が必要な場合もあるので、すぐに病院を受診するようにしてください。

日焼け後のケアを正しく行い、シミを作らせない!

日焼け後のシミを防げるかどうかは、正しい対処法をしたかどうかにかかっています。特に日焼け直後は肌にシミができやすいので、スピーディーなケアが必要です。

まずは日焼けをしないよう、紫外線をカットしていきましょう。

合わせて読みたい記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう