肌だけではなく視力にも悪かった?紫外線が目に与える影響と対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

肌を紫外線から守ろうと対策をしている女性は多いですが、目の紫外線ケアに関してはまだほとんど浸透していません。紫外線は目にも悪影響を与えることが分かっています。目の健康と視力を守るために、目にも紫外線対策を始めましょう。

今回は紫外線が目に与える影響と対策についてご紹介していきます。

肌だけじゃない、紫外線は目にも悪影響

太陽光に含まれる紫外線は、肌だけではなく目にも悪い影響を与えます。紫外線によって蓄積した目のダメージは、眼病や視力低下を引き起こす恐れがあります。

紫外線とは

紫外線とは太陽光の中で最も波長が短い光で、UVAとUVBが地表に降り注いでいます。

UVAは肌の奥深くまで届き、肌のハリや弾力を無くす光老化の原因となります。コラーゲンを変性させるため、しわの原因にもなります。メラニン色素を酸化させて肌の色を黒く変化させます。

UVBは非常にエネルギーが強く、短時間浴びただけでも肌が真っ赤になります。他にもシミや皮膚がんの原因にもなります。

紫外線は目にどんな影響を与えるの?

強い紫外線を浴び続けると、角膜や結膜にダメージを与えます。目の表面に炎症が起こると充血や痛み、涙などの症状が出て、角膜炎を引き起こします。また異物感やドライアイ、眼精疲労、そして最終的には視力障害が起こることもあります。

紫外線の多くは角膜で吸収されますが、波長によって目の奥の水晶体や網膜にまで届きます。紫外線は水晶体を白く濁らせてしまい、その結果白内障という病気を引き起こすこともあります。

もちろん紫外線は肌にも大敵

目の健康のためだけではなく、美容面でも紫外線対策は重要です。どんなに肌の紫外線対策に力を入れていても目から日焼けをすると、脳は紫外線をブロックするためメラニン色素を作るように指令を出します。

つまり目の日焼けから、肌が黒くなっていくということです。紫外線を浴び続けると、肌の老化を進めることが分かっています。しみやしわ、肌弾力やハリの低下、ごわつきなどが現れます。

紫外線から肌や目を守って、アンチエイジング効果をさらに高めましょう。

目の保護にはサングラスを

紫外線から目を守るには、サングラスが有効です。UVカット率の高いサングラスを使うと、眼の日焼けを防ぐ効果もアップします。

サングラスに抵抗のある方もいるかもしれませんが、最近のサングラスは可愛らしいフレームも多く、オシャレな物も増えています。レンズの色に関しても薄めの物もあるので、一見サングラスに見えないデザインの物もあります。

サングラスの選び方

サングラスを選ぶ場合、紫外線透過率やレンズのサイズ、色の濃さなどに注目して選びます。レンズの色と紫外線をカットする性能は、全く関係がありません。

紫外線透過率は、レンズがどれだけ紫外線を透過するか示した数字です。この透過率が低いほど、紫外線をカットする性能が優れています。

またサングラスによっては紫外線透過率ではなく、紫外線カット率と表記している物もあります。この場合、数字が高いほど性能が高いということなので間違えないようにご注意下さい。

日傘や帽子も活用して

紫外線をカットするのに日傘や帽子も活用するようにしましょう。肌と目のどちらも守ることができます。

UV加工されている日傘や帽子を選べば、高い紫外線遮断効果が期待できます。

UV加工されていない物でしたら、できるだけ黒などの色の濃い物を選ぶようにしてください。色の淡い物より濃い物の方が、紫外線をより多くカットできると言われています。

適度な日光浴は健康に良い

美容と健康の大敵である紫外線ですが、適度な日光浴は健康に良い事が分かっています。紫外線にも体に良い作用があります。

紫外線を適度に浴びると、ビタミンDが作られて骨を丈夫にします。カルシウムの吸収を助けるビタミンDですが、不足すると骨粗しょう症の原因になります。ビタミンDを食事のみから摂取するのは難しいので、適度な日光浴が推奨されています。

他にも殺菌効果や体内リズムの調節などが期待できます。

日光浴のポイント

目の日光浴を行う場合、絶対に直接太陽を見ないようにしてください。目を閉じて行い、短時間で終わらせるようにしましょう。

20秒から数分程度でOKです。長時間の日光浴は悪影響となるので控えてください。

これからは目の紫外線対策も習慣に

紫外線は肌だけではなく、目にも悪影響を与えます。これまでの日傘や帽子での紫外線対策に加えて、サングラスを使用するようにしましょう。

目の紫外線対策はいつから初めても遅いということはありません。あなたもさっそく目の紫外線ケアを初めてみませんか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

sixteen − two =