エイジングサインが表れたらすぐに始めなくちゃ!手遅れにならないエイジングケアのポイント

人はそれぞれに顔も性格も環境も全く違いますね。でも、全ての人に平等に与えられているものがあります。それは時間が過ぎる速度です。

まだまだ若いと思っていても、時間は容赦なく過ぎていきます。そして、直面したくはありませんが、20歳を過ぎたら老化が始まるのです。

さて、今回は誰でも直面しなければいけないエイジングケアのポイントについてお伝えしていきます。

エイジングケアで一番大切なのは保湿

年齢を重ねた肌の水分量はどんどん減少し、乾燥しやすくなります。ですから、エイジングケアで一番大切なのは保湿です。

肌が乾燥していると、紫外線や摩擦など、外からの影響も受けやすく、それがまたシミやしわ、たるみを進行さぜることになります。

うるおいのない肌は一層年齢を感じさせるものです。保湿成分が配合された美容液を、毎日のスキンケアに取り入れましょう。

保湿について

「保湿」とは、湿った状態を保つという意味ですね。似たようなことばで「保水」というのがありますが、これは肌自身が水分を保つという意味です。しかし、水分は蒸発しますので、化粧品の成分によって肌につなぎ止める必要があります。

つまり、保湿成分によって肌に入れた水分が蒸発しないように、油分によってフタをすること、それを保湿と言います。

20代・30代・40代の肌変化|美肌を維持するためのエイジングケアとは?

20代は一番美しい時ですが、暴飲・暴食や不規則な生活習慣などで、実はお肌を傷めることが多いもの。将来に備えて、スキンケアの基本である正しい洗顔と保湿を心がけましょう。

30代は結婚し、お母さんになる人が多く、また仕事も忙しくなり、自分のことに構っていられない時代。でも少しずつエイジングサインも表れてきますので、肌のなめらかさや潤いを保つために、保湿とエイジングケアを意識した化粧品を選びましょう。

40代はホルモンバランスが変化し、代謝や血行も悪くなりがちです。また目尻のシワやたるみも気になり始めます。やはり保湿とエイジングケアを重視しながら、首やデコルテのマッサージも取り入れ、血行をよくしましょう。

エイジングケアを効果的におこなうために

肌悩みのほとんどは乾燥から来ています。エイジングケアも保湿を徹底させるのがまずは重要です。紫外線も乾燥を進める原因になりますから紫外線対策もしっかり行いましょう。

また、お肌の状態は普段の生活や食べ物と大きく影響しています。ですから、ご自分の生活習慣や食べ物を見直すことも大切です。

そして、ご自分の肌悩みのケア方法を知り、肌悩みに合った有効成分が含まれている化粧品を使いましょう。

美容液を選ぶ際のポイント

美容液を選ぶ際に大事なポイントは以下の6点です。

① 肌悩みに合った有効成分が入っているものを選ぶ

一口にエイジングサインと言っても、シワやたるみ、ほうれい線、マリオネットライン、毛穴の開き、くすみなどその現れ方は人それぞれです。

セラミドやプロテオグリカンなどの保湿成分はもちろんのこと、それ以外に、高い抗酸化力を持ち、線維芽細胞を活性化し、コラーゲンやエラスチンを増やす働きをするエイジング美容成分の中から自分に合ったものを選びましょう。

② 美容液にできることを理解する

エイジングケア美容液にできることは、これ以上エイジングサインが目立たないようにする、あるいはエイジングサインが目立つのを遅らせることであって、今の状態を改善することではありません。

そのことをきちんと理解し、継続することでその効果を期待しましょう。

③ 自分にとって安全なものを選ぶ

乾燥肌や敏感肌の方は防腐剤などの添加物についてチェックしましょう。ビタミンC誘導体も刺激が強い成分なので、高濃度で入っているものには注意が必要です。

また植物にアレルギーを起こす方もおられるので、オーガニックだからと安心はできません。配合されている全ての成分をチェックし、パッチテストを行った上で使い始めましょう。

④ 使い続けられる価格のものを選ぶ

どんなにいいものでも、高価で続けることができなかったり、もったいないからとけちってつけたりしていては効果がありません。使い続けられる価格のものを選びましょう。

⑤ 好みのテクスチャーを選ぶ

美容液にはさらっとした感触のものやとろっとした濃い感じのものなど、様々なテクスチャーのものがあります。毎日使うものですから、自分が気持ちいいと感じるテクスチャーや香りのものを選ばないと、長続きできません。

⑥ その会社のコンセプトをチェックする

各メーカーの公式ホームページには、だいたいその会社のコンセプトが書いてあります。それを読むと、その会社が何を大事にしているのかが分かります。それに共感できたり安心できたりする会社のものを選びましょう。

口コミがいいからと、自分にも当てはまるとは限りませんが、ホームページではなく、アットコスメなどに載っている口コミを参考にするのもいいでしょう。

たるみを改善するには?

たるみの原因の一つは、コラーゲンの減少とその質が劣化して弾力を失うことです。もう一つの原因は顔の筋肉(表情筋)の低下です。

ですから、たるみを改善するには、新しいコラーゲンを作ることと表情筋を鍛えることが必要です。

顔のたるみをケアするときのコツ

顔のたるみをケアするときに、リフトアップをしたいからと強い力でマッサージをしたり肌をこすったりしてはいけません。あくまでも「優しく」が基本です。

洗顔は、ぬるま湯で優しく行いましょう。化粧水や美容液は、手で温めてから数回に分けてハンドプレスし、肌に浸透させます。クリームをつけるときも、肌を擦らないように気をつけましょう。

セラミドなどの高保湿成分は化粧水や美容液、クリームで、油性成分は乳液やクリームで取り入れましょう。

たるみを悪化させるNGスキンケア

力を入れて皮膚を引っ張るとコラーゲンが緩んだり切れてしまったりすることがありますので、強引なマッサージはNGです。

表情筋を鍛えるのは大事ですが、不自然に笑ったり、口の開け閉めを繰り返すなどの間違った表情筋エクササイズもNGです。

食事やサプリで改善

コラーゲンをたっぷり摂ったからと言って、それがすぐにたるみに効くわけではありません。ビタミンCや鉄分によってコラーゲンの分解や合成が進み、弾力のある新しいコラーゲンが作り出されるのです。

ですからコラーゲンたっぷりの牛すじとビタミンCを含む野菜や果物、鉄分が豊富なレバーやひじきなどを一緒に摂るのが効果的です。

また、アミノ酸やビタミン、ミネラルが豊富なプラセンタサプリもおすすめです。

たるみエクササイズで改善

たるみは無理のない効果的なエクササイズで改善することができます。その方法をお伝えします。

① ほっぺ膨らましエクササイズ

片方の頬を膨らませて息を止めます。息を止めたまま空気をもう片方の頬に移動させます。
息が続くまで、左右の頬に交互に空気を移しましょう。これを5回繰り返します。但し、ゆっくりしないと効果はありません。

② 割りばしエクササイズ

割りばしを加えたままニッコリ笑うように口角を上げ30秒キープします。そのまま口角をゆっくり元に戻します。これを5回繰り返します。

この機会を逃さずに、エイジングケア、始めましょう!

いかがでしたか?何度も言いますが、エイジングケアの基本は保湿です。保湿がしっかり行われているかどうかで肌年齢が決まります。

そして、美容液は、肌悩みに合わせたものをきちんと使用し続けることが大切です。
さあ、さっそく鏡を見て、ご自分のエイジングサインをチェックしましょう。そして、ご自分に合う美容成分を見つけましょう。

時間はどんどん過ぎていきます。この機会を逃さずに、どうぞ、5年後も10年後も若々しいあなたでいてください。

合わせて読みたい記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう