赤ニキビを悪化させずに治したい!赤ニキビの予防と対策法

痛みやかゆみを伴うことの多い赤ニキビは、赤く目立ってしまうため気になります。厄介な赤ニキビをきれいに治すには、どんな対策が有効なのでしょうか。

今回は赤ニキビの予防策と、出来てしまった場合の対策をご紹介します。

赤ニキビの症状は?

赤ニキビは炎症が起こっているので、痛みやかゆみを伴うことがあります。炎症が起きて4~5日経ったものは、炎症が落ち着いて痛みやかゆみはなくなります。

赤ニキビの原因は?

赤ニキビは毛穴の内部に溜まった皮脂をエサに、アクネ菌が増殖して炎症を起こすことでできます。アクネ菌は普段から肌に存在していますが、皮脂の過剰分泌により増殖すると言われています。

赤ニキビを予防しよう

赤ニキビは出来る前に、予防して作らないことが一番です。赤ニキビを予防する対策をご紹介します。

スキンケアで対策

ニキビの予防は肌を清潔に保つことが有効なので、スキンケアを徹底しましょう。

朝晩の1日2回、正しい洗顔を心がけます。毛穴の中の汚れや皮脂まで洗い流そうとゴシゴシと洗うのはNGです。優しい力で洗い上げて十分にすすぎをしたら、清潔なタオルで優しく押さえるように水分を拭き取ります。

赤ニキビにいいスキンケア用品

洗顔後はすぐに、化粧水や乳液で潤いをチャージします。

赤ニキビに良いスキンケア用品は、ビタミンCが配合されているものがおすすめです。ビタミンCには、皮脂を抑える役割と炎症を抑える役割があります。炎症を起こした赤ニキビのケアに、まさに打ってつけの成分です。

ビタミンCには美白効果もあるため、メラニンの色素沈着を防いでニキビ跡も予防します。

また肌のターンオーバーを促すため、高保湿のスキンケア用品もおすすめです。乾燥対策をしっかりと行いましょう。

生活習慣の改善で対策

赤ニキビの予防には、肌のターンオーバーを正常化させることが重要です。肌のターンオーバーは、生活習慣の悪化ですぐに乱れてしまいます。生活習慣を改善して、ニキビのできづらい美肌をキープしましょう。

質の良い睡眠は、美肌の素です。夜更かしを止めて、早寝早起きを心がけてください。また栄養バランスのとれた食事を、1日3食とりましょう。適度に体を動かす習慣をつけることも、代謝がアップして美肌効果が高まります。

赤ニキビを治すには

最後に赤ニキビを治す方法をご紹介しておきます。ニキビの進行具合に合った対策を選ぶようにしてください。

赤ニキビの原因のひとつが、アクネ菌の増殖です。薬を使ってアクネ菌を抑えることが、赤ニキビの治療に有効です。

皮膚科などを受診した場合は、塗り薬や抗生物質が処方されます。ドラッグストアで購入できる市販薬もあります。自分のニキビの症状に合ったものを使うようにしましょう。

面皰圧出

皮膚科で行う赤ニキビの処置に、面皰圧出があります。ニキビ内に溜まっている膿や皮脂を押し出す治療です。

コメドプッシャーなどを使えば自分でもできますが、消毒が甘いと雑菌が増殖するリスクもあります。できるだけ病院で行うことをおすすめします。

その他の治療法

病院のニキビ治療には面皰圧出以外に、ケミカルピーリングや注射治療、イオン導入、レーザー治療、フォトフェイシャル治療などがあります。

医師の診察を受けて、ご自身のニキビの状態や肌質に合わせて選びましょう。

こんな行為でニキビが悪化する

化粧の厚塗りはニキビに刺激となり、さらに毛穴をふさいでしまいます。ニキビができているときは、薄いナチュラルメイクを心がけましょう。

また洗顔中のすすぎ残しも、ニキビを悪化させる原因となります。ぬるま湯で丁寧に洗い流していきましょう。

ニキビに刺激は厳禁です。気になってつい触りたくなりますが、刺激になるのでご注意ください。

炎症を起こしている赤ニキビは皮膚科受診が安心

赤ニキビは炎症を起こしている状態なので、これ以上悪化させないことが大切です。刺激を与えないように気を配りましょう。赤ニキビは跡が残ることもあるので、皮膚科を受診した方が安心かもしれません。

一番の対策は、やはり赤ニキビを作らないことです。ニキビ予防をしっかりと続けて、ニキビのない健康な素肌をキープしましょう。

合わせて読みたい記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう