脂肪燃焼を促して痩せる!食べ合わせダイエットの方法とは?

効率的に楽に痩せる方法はないかと、日々お探しの女性も多いと思います。そんな方には効率的に脂肪燃焼効果をアップさせる、食べ合わせダイエットがおすすめです。

食べ合わせを意識して、脂肪の燃えやすい体を作りましょう。体の脂肪を効率的に落としたい方は、ぜひチェックしてくださいね。

体脂肪を燃焼させるには?

体脂肪を燃焼させるには、エネルギー消費を促して体内に蓄積された脂肪を消費する必要があります。

体脂肪は血糖値が低くなるとエネルギーとして使われ出すので、血糖値が上昇しづらい食品を食べると効率よく燃焼させることができます。

脂肪を燃焼させる食べ物

脂肪を燃焼させる食べ物をご紹介していきます。

トウガラシ

トウガラシには、辛み成分のカプサイシンが含まれています。カプサイシンには脂肪を分解する働きがあり、運動前に摂る事で脂肪燃焼効果を高めます。

ショウガ

ショウガには血流をアップして脂肪燃焼を促進する働きがあります。

チョコレート

チョコレートの原材料のカカオ豆は、血管を広げ代謝をアップさせる作用があります。運動前に食べることで、脂肪燃焼効果を高めます。

クルミ

クルミに含まれるα-リノレン酸は、悪玉コレステロールを減少させ血流を良くします。代謝が上がるので脂肪の燃焼効果も高まります。

グレープフルーツ

グレープフルーツの香り成分ヌートカトンには、脂肪燃焼を促す効果があります。またリモネンには血行促進効果があり脂肪燃焼を高めます。

海藻類

海藻類に含まれるフコキサンチンには、脂肪をエネルギーとして燃焼させる働きがあります。またDPAとEPAは脂肪分解酵素リパーゼの分泌を促して、脂肪燃焼を促進させます。

イワシ、サケ、マグロ

サケに含まれるアスタキサンチンは、脂肪代謝をアップさせる働きがあります。またイワシやマグロに多く含まれるDPAとEPAは、脂肪燃焼を促します。

メロン

メロンはビタミンB群やミネラルが豊富なので、脂質や糖質の燃焼を促します。

ブロッコリー

カルシウムと繊維質を豊富に含み、体重の減少につながります。ブロッコリーを食べると脂肪燃焼しやすくなります。

コーヒー、緑茶

カフェインには脂肪燃焼を促進させる働きがあります。運動前に摂取することで、脂肪の燃焼効果が高まります。

脂肪を燃焼させる太らない食事方法

次に脂肪を燃焼させやすい、太りづらい食事方法を見ていきましょう。

炭水化物の太らない摂り方

炭水化物をとると急激に血糖値が上がり、脂肪が蓄積されやすくなります。食事の初めに炭水化物をとると太ってしまうので避けましょう。

太らないための食べる順番とは?

食事はサラダやスープからとり始めると、体脂肪の合成が緩やかになります。次に肉や魚、そして最後にご飯やパンなどの炭水化物を食べましょう。

食事は1日3回食べる

空腹を感じると、体は脂肪を貯め込もうとします。1日3回の食事を欠かさないようにして、栄養バランスを意識した食事をしっかりとりましょう。

夜の遅い時間は食べない

夜遅くに食べたものはエネルギーとして使われづらいので、脂肪として蓄えられやすくなります。寝る3時間前までには、食事を終わらせましょう。

食べ合わせダイエットとは

必要な栄養を補い基礎代謝を高めることで、脂肪燃焼を促すダイエットです。食事量を制限するものではないので、ストレスが溜まりづらいダイエット法です。

食べ合わせダイエットのポイント

食べ合わせダイエットは、酵素、油、代謝を利用して脂肪燃焼を促します。

ポイント1:酵素

酵素は、食べ物の消化を助けます。食べた物を分解・吸収して身体のエネルギーとして使います。

ポイント2:油

オメガ3脂肪酸などの良質な脂は代謝を促し、体脂肪が落ちやすくなります。

ポイント3:代謝

代謝を促す食べ物を利用して、消化を促進し脂肪燃焼を高めます。

太らない食べ合わせダイエットの方法!

食べ合わせダイエットは、太りづらくするために体に必要なものをプラスしていくダイエット法です。

食事量を減らしたり特定の食材を控えたりという食事制限ダイエットとは異なります。ストレスがたまりづらいので、失敗も少ないというメリットがあります。

食べ合わせダイエットの具体例

食べ合わせダイエットの具体例を見ていきましょう。

焼肉+食前にキムチ

焼肉の前にキムチを食べると、代謝がアップして脂肪燃焼効果を高めることができます。

ラーメン+食前に野菜ジュース

ラーメンの前に野菜ジュースを飲んでおくと、血糖値の上昇を抑える効果があります。

お寿司+食前にガリ&汁物

ガリ(ショウガ)や温かい汁物で、代謝をアップさせます。またお寿司は赤みや青魚のものを選ぶと、DHAとEPAの働きで脂肪燃焼効果が高まります。

カレー+食前にサラダ+食前に野菜や果物のジュース

食前のサラダは消化を促し、野菜ジュースは血糖値の上昇を抑える効果があります。カレーを食べても太りづらくなります。

ポテトチップス+青のり+プルーンが入った温かい紅茶

青のりが脂肪吸収を抑え、プルーンの入った紅茶で代謝アップが期待できます。ポテトチップスを食べても太りづらくなります。

ケーキ+抹茶豆乳

抹茶豆乳にはミネラルが豊富で、糖の吸収を穏やかにします。また血糖値が急に上昇するのを防ぐ効果もあります。

チョコクッキー+ココア

ココアを飲むと体が温まり代謝アップが期待できるので、チョコクッキーを食べても太りづらくなります。

せんべい+ごま・のり・一味唐辛子+抹茶

ごま、のり、一味唐辛子には代謝を上げる作用があり、抹茶には繊維やミネラルが豊富で糖の吸収を抑えます。

豚しゃぶ+ゴマ油

ゴマ油には体を温めて代謝をアップさせる作用があります。豚しゃぶを食べても、太りづらくなります。

深夜食+食べる前に果物

夜食の前に果物を食べると血糖値が急に上昇するのを防ぎ、脂肪の蓄積を防ぎます。

冷えた弁当+温かいお味噌汁

冷えたものを食べると代謝が悪くなります。そこで温かいお味噌汁をプラスすると、代謝を上げることができます。

ピザ+オリーブオイルをかける

ピザにオリーブオイルをかけると、オリーブオイルが悪玉コレステロールを減らして脂肪の蓄積を防ぎます。

サラダ+エゴマ油をかける

エゴマ油には、脂肪を体内に蓄積しづらくする働きがあります。

天ぷら+お酢をかける

お酢には酸化した油を中和する作用があり、代謝が低下するのを防ぎます。

揚げ物+レモン

レモンもお酢同様、酸化した油を中和する作用があり、代謝が悪くなるのを防ぎます。

お好み焼き+紅しょうが

ショウガには体を温めて代謝をアップさせる作用があるので、お好み焼きを食べても太りづらくなります。

グラタン+サラダ・温かいスープ

食前にサラダを食べることで消化を促し、暖かいスープで代謝をアップすることができます。

お酒を飲むなら体を冷やさないものを選ぶ

お酒を飲む場合は焼酎のお湯割りや熱燗などを選んで、体を温め代謝を促すようにしましょう。

症状別に効く食べ合わせ

次に体の症状別に、効果的な食べ合わせをご紹介します。

疲れている時におすすめ!卵ともやし

卵のビタミンB1ともやしのペプチドには、疲労回復効果があります。

コリの解消に効く!タマネギとタコ

タマネギの血液サラサラ効果とタコに含まれるタウリンの血液を下げる効果により、コリの解消が期待できます。

ムクミ解消に効く!卵と納豆

卵の体内の老廃物を排出する効果と、納豆のナトリウムを排出させる効果により、むくみ解消効果が期待できます。

脂肪燃焼に効く!食べ合わせコーヒーとナッツ

ナッツがコーヒーの脂肪分解酵素の力を強めるので、脂肪燃焼効果が高まります。

肥満防止に効く!食べ合わせ梅干しと焼酎

糖や脂肪分の少ない焼酎に、脂肪を吸収する作用のある梅干しをプラスすることで、肥満予防が期待できます。

健康な体を作るためにバランス良く食べることも大切

食べ合わせも大切ですが、健康な体を作るためにはバランスよく食べていくことも大切です。

その際、ビタミンB1、B2、B3が不可欠となります。

糖質の代謝・・・ビタミンB1が必要

糖質(炭水化物)をエネルギーに変えるのに、ビタミンB1はなくてはならない栄養素です。ビタミンB1は、うなぎや豚ももに多く含まれます。

脂質の代謝・・・ビタミンB2が必要

脂質をエネルギーにかえるのにビタミンB2が必要になります。ビタミンB2はレバーやうなぎに多く含まれます。

たんぱく質の代謝・・・ビタミンB6が必要

たんぱく質をエネルギーに変えるのに、ビタミンB6が必要になります。ビタミンB6はレバーやまぐろ、かつおに多く含まれます。

生活習慣を整えることも大切

ダイエットは食事に気を付けることだけではなく、生活習慣を整えることも大切です。適度な運動や睡眠などにも気を配るようにしましょう。

食べ合わせダイエットで賢くきれいに痩せる!

食事方法や食べ合わせを工夫すれば、脂肪燃焼を促すことができます。これまでの食事制限ダイエットとは違い、食べるのを我慢することもないのでストレスがたまりづらく継続もしやすいです。

あなたも食べ合わせダイエットを試して、賢くきれいに痩せませんか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう