花粉症の予防改善に役立つ菌の種類とそれらを含んだ商品を紹介

目のかゆみやくしゃみ、鼻水を引き起こす花粉症に毎年悩まされている方も多いと思います。

日本で初めて花粉症患者が出たのは、1960年の頃でした。それから50年余りたった今、日本人の3人に1人は花粉症患者であると言われています。もはや国民病といっても過言ではありません。

そんな厄介な花粉症の改善や予防に、乳酸菌などの菌類が役に立ちます。今回は花粉症の時期を少しでも快適に過ごせるよう、花粉症を改善する働きのある菌類の種類やそれらを含むおすすめの商品をご紹介していきます。

花粉症の原因とそのメカニズムとは?

花粉症とは、スギやヒノキなどの花粉を原因とするアレルギー症状です。体に入って来た花粉を異物とみなすと、体は抗体を作り出します。

そこに再び花粉が体内に入ってくると、鼻や目の粘膜の肥満細胞にある抗体と結びつきます。すると肥満細胞からヒスタミンが分泌され、花粉を体の外に出そうとくしゃみ、鼻水、涙などの症状を引き起こします。

つまり花粉症症状は体を異物から守るものであり、その症状はヒスタミンが引き起こします。

花粉症に効果が期待できる菌の種類は…

菌類には抗体が作られるのを抑え免疫細胞の働きを強めて、花粉症を改善させる効果が期待できるものがあります。

それらの菌類を見ていきましょう。

BB536

実験で花粉症患者44名にビフィズス菌BB536の粉末を飲んでもらったところ、症状が改善したと報告されています。

BB536を含んだ商品には、森永ビヒダスヨーグルなどがあります。

フェリカス菌

スギ花粉症患者20名に花粉を浴びさせ、その後フェリカス菌入り飲料を一定期間飲ませて同様の実験を行ったところ、飲んだ後はアレルギー症状が改善したと認められました。

フェリカス菌を含んだ商品には、伊藤園の朝のYooなどがあります。

ラブレ菌

ラブレ菌は京都のすぐき漬けという漬物から発見された乳酸菌です。塩分や酸に強く生きて腸まで届きます。免疫細胞を刺激し、免疫力アップが期待できます。

ラブレ菌を多く含んだ商品には、カゴメの植物性乳酸菌ラブレがあります。

KW乳酸菌

花粉症患者96名にKW乳酸菌の粉末を摂取させたところ、花粉症の症状が改善したという報告があります。

KW乳酸菌は、小岩井のプラズマ乳酸菌ヨーグルトに多く含まれています。

L-92乳酸菌

花粉症患者に一定期間L-92乳酸菌を摂取してもらったところ、アレルギーの原因となる免疫細胞の働きを抑える効果がありました。

L-92乳酸菌は、カルピス守る働く乳酸菌という飲料に多く含まれています。

乳酸菌シロタ株

乳酸菌シロタ株は、免疫細胞に刺激を与え活性化させます。胃酸に負けず腸まで届くよう研究開発されているので、腸内環境の改善効果が高いです。

乳酸菌シロタ株は、ヤクルトやジョア、ソフールに多く含まれています。

おすすめのヨーグルトと乳酸菌飲料

花粉症の改善や予防の効果が期待できる、おすすめのヨーグルトと乳酸菌飲料をご紹介します。

森永ビヒダスヨーグルト(BB536)

生きて腸まで届くビフィズス菌BB536を配合した、特定保健用食品ヨーグルトです。酸味を抑えたまろやかな味わいとなっています。

オハヨーのヨーグルト&飲むヨーグルト

オハヨーが発見したL-55乳酸菌が配合された商品です。L-55乳酸菌はアレルギーに強い乳酸菌で、花粉症にも良いと報告されています。

タカナシ乳業のおなかへGG!ヨーグルト

腸内の良い菌を増やして悪い菌を減らすLGG乳酸菌を配合した、特定保健食品です。LGG乳酸菌は生きたまま腸に届き、腸内環境を良好にします。

伊藤園の朝のYoo

朝のYooに含まれるフェリカス菌は他の乳酸菌に比べると小さく、腸内の狭いところまで行き届きます。

ビフィズス菌と乳酸菌が花粉症に効果的な理由

花粉症の症状改善には、免疫機能の正常化とアレルギー症状を抑える体質改善が必要だと言われています。

乳酸菌やビフィズス菌は腸内の善玉菌を増やし、腸内環境を正常化させる効果があります。免疫細胞のほとんどは腸に集中しているので、腸内環境が良い状態になると免疫力が高まります。

また乳酸菌には、抗体を増やさないようにするは働きがあります。摂取し続けるとヒスタミンが発生しづらくなるので、アレルギー症状が起きづらい体質に改善されます。

効果的にヨーグルトを食べる方法

花粉症の改善・予防に効果的なヨーグルトの食べ方を見ていきましょう。

食後に食べる

ヨーグルトの乳酸菌を、できるだけ多く腸まで届けることが重要です。胃酸が薄まる食後に食べましょう。

毎日続けて食べる

乳酸菌の花粉症改善・予防は、免疫力を上げてアレルギー症状が出づらくなるよう体質改善を行うものです。そのため長い期間、毎日食べ続けるようにします。

花粉症シーズン前から食べる

花粉が飛びはじめてアレルギー反応が出てからでは、遅いです。花粉症シーズンの前から食べ始めて、体質改善を進めておきましょう。

ヨーグルトを日課にして花粉症を予防改善しよう

ビフィズス菌と乳酸菌には免疫力を正常化し、アレルギー症状を抑える効果があります。花粉が飛び始める前から積極的にヨーグルトをとることで、花粉症対策ができます。

ただし花粉症に効果の高い乳酸菌の入ったヨーグルトを選ばなければなりません。また体質によっても効くかどうか違ってくるので、自分に合ったヨーグルトを探すことが大切です。

あなたもヨーグルトを日課にして、花粉症対策をはじめませんか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう