気になる口元のシワは改善できる?予防法や原因から見たケアについて

口元の小じわやほうれい線など、年齢を重ねるとともにしわが気になってきますね。今は少し気になるという程度でも、ケアを怠ると深いしわになり、見た目も老けてしまいます。

今回は、見た目の年齢に大きく影響する口元のしわの原因や、改善方法や予防法をご紹介します。浅いしわならよくなる可能性はありますから、諦めずに今日からケアを始めましょう!

口元のしわの原因は?

口元にできるしわは、表情じわや乾燥からくるしわなどの種類によって原因が異なります。笑った後にしわが残っている場合は表情じわと言えるでしょう。

気づくとしている表情の癖

口元に限らず、額や眉間などにしわができるような表情の癖がある人は、表情じわができているかもしれません。笑った後のしわも同じで、長年の癖からしわがどんどん深くなり、消えないしわとなっているのです。

紫外線

しわの原因となる1つめは、紫外線の影響で肌が炎症することにより肌表面が乾燥してしまうこと、2つめは紫外線が肌内部のコラーゲンやエラスチンに影響し、保湿機能を低下させることです。

乾燥

肌の乾燥は水分量や油分の低下ですが、その際に肌は角質細胞を増やします。暑くなった角質細胞により、肌のキメが粗くなりしわが出来てしまいます。乾燥からくるしわも、悪化すると肌の奥まで到達する深いしわになることがあります。

口元のしわの改善法

それでは、原因から見てしわを改善していきましょう。口元に限らずしわの改善には継続的なケアが必要となります。改善法は普段の生活習慣に取り入れることで、しわ予防にもなりますよ。

鏡を見て表情の癖を直す

自分の表情で癖になっているものがあるか確認しましょう。自分で中々改善が難しい場合は、家族や友人に癖を教えてもらい、表情の癖が出ていたら注意してもらうのもの良いですね。

また、姿勢が悪いと顔の皮膚がたるむ原因にもなりますので、正しい姿勢を心がけましょう。

紫外線対策をする

曇りの日でも紫外線は出ていますので、朝の洗顔後には、スキンケアの最後に日焼け止めを塗る習慣をつけましょう。夏場は日傘などを併用すればさらに紫外線対策を行うことができます。

部屋を加湿して乾燥を避ける

皮膚が薄い口元は乾燥によるしわができやすいため、普段使う部屋の湿度にも気をつけましょう。加湿器がある場合は使用し、ない場合は濡らしたタオルを干すなど部屋が乾燥しないように注意してくださいね。

口元のしわを改善する筋肉トレーニング

表情筋を適度に鍛えると血行が良くなり、栄養素がしっかり行き届くなどしわの改善にもつながります。また、たるんでいた肌のリフトアップ効果もあるのでほうれい線予防にも。

全身を動かすストレッチではないので、時間を見つけて気軽に取り入れることができますよ。

舌回しトレーニング

1,唇を閉じて舌を歯の表面に沿うように1周させる
2,左回りに10回、右回りに10回を1日に3セット行う

口元周辺のストレッチ

1,上下の唇を内側に丸め、薄く口を開き8秒キープする
2,口角に指をかけ真横に引っ張り、8秒キープする
3,少しずつ戻す

トレーニングする際の注意点

トレーニングをするときには、回数を守って行いましょう。回数が少ないと効果がなかったり、やりすぎることで筋肉が疲れてしまう可能性もあります。

また、口角を伸ばすトレーニングは、いきなり引っ張らないで少しずつ横に引くようにしましょう。

口元のしわは食べ物で予防

ハリのある肌に必要なのはバランスの良い食事です。食生活を整えるだけでも、肌質が良くなる人もいるくらい食事は大切なもの。特に肌に良いと言われているビタミンCは、コラーゲンの生成を助けてくれる他、抗酸化作用もあり、過剰な皮脂分泌も抑えてくれます。

コラーゲンを摂取するときには合わせてビタミンCを摂るように心がけましょう。次はビタミンC以外にも摂り入れたい栄養素を紹介します。

摂りいれたい栄養素

化粧品などにも使われているレチノールはビタミンAの一種で、肌の新陳代謝を促進する働きを持ちます。また、肌トラブルを防ぎ代謝を促進してくれるビタミンB2や、髪や肌の健康を維持する働きを持つビタミンB6なども積極的に取り入れたい栄養素です。

他にもミネラル(亜鉛や銅、ヨウ素)などは健康な肌を作るためにも必要なミネラルです。バランスの良い食事内容で体の中から綺麗な肌を作りましょう!

正しいケアを行ってしわの目立たない若々しい肌へ

紫外線や乾燥などによって肌も歳をとり、しわができやすくなったり出来たしわが深くなっていきます。小じわに気が付いたらすぐにでもケアに取り掛かるようにしましょう。

また、しわがなくても日頃から紫外線のケアや表情筋のトレーニング、バランスの良い食事などを心がけることで、将来若々しい肌を保つことができるかもしれません。未来の自分のためにも今から正しいケアを続けるようにしましょう!

合わせて読みたい記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう