しわに見えるのは実は毛穴?!毛穴のたるみの原因と改善方法

30代や40代、年齢とともに気になる毛穴…。それって毛穴がたるんでいるのかもしれません。毛穴の問題は年齢を問わず気になりますが、広がった毛穴は汚れが詰まりやすかったり、お手入れをしても全然良くならないなんてことも。

今回は、そんな気になる毛穴のたるみの原因や改善方法を紹介します。たるみに悩んでいる方、毛穴が目立つけれどたるんでいるのかわからないという方もチェックしてみてください。

毛穴たるみとは?

毛穴が縦長に広がっていて、楕円形になっていればそれは毛穴がたるんでいる可能性があります。チェックの仕方は指で頬を引っ張って、皮膚を持ち上げましょう。その時に毛穴が目立たなくなれば、毛穴のたるみといえるでしょう。

たるんだ毛穴が悪化すると小じわのように見えることもあり、老けて見えることが多くなります。また、肌に凹凸ができてメイクのりも悪くなり、メイクでも隠すのが難しい状態です。

毛穴たるみと毛穴開きの違いは?

毛穴のたるみは細長く目立っているのに対して、毛穴の開きの場合は丸く開いています。毛穴が開くのは特に鼻周辺が目立ちやすいのに比べ、頬の毛穴がたるみやすいと言われています。

毛穴たるみの原因

毛穴のたるみの原因は主に乾燥・加齢からくるものが多く、肌内部が老化することで皮脂分泌量が低下し、肌の潤いやハリが失われどんどん肌がたるんでしまいます。

肌のハリや弾力を保つ役割をしているコラーゲンは肌内部で生成されていますが、年齢を重ねるにつれコラーゲンは減少していき、肌はハリを失います。コラーゲンが減少することで肌内部の水分を保持するヒアルロン酸も減少し、さらに肌が乾燥してしまい、毛穴のたるみがどんどん悪化していくのです。

加齢だけでなく、紫外線の影響も受けて肌質は変化していくので、肌への刺激も毛穴のたるみの原因と言えるでしょう。

汚れをしっかり落として毛穴たるみを改善

たるんだ毛穴を改善させるには、肌を刺激することはNGです。汚れをしっかり落とす必要はありますが、たっぷりの泡を使った正しい洗顔をして、毛穴の汚れを綺麗にしましょう。

毛穴の汚れを取るために、指やピンセットで無理に汚れを取ったり、1日に何度も洗顔をすると乾燥が悪化してしまいます。洗顔は朝晩の2回、乾燥しないよう保湿も必ず行いましょう。

クレンジング後は保湿を忘れずに

クレンジング、洗顔の後は余分な皮脂が除かれ、肌がバリア機能を失っている状態です。洗顔後はなるべく早めに保湿をしましょう。化粧水→美容液→乳液orクリームの順で、しっかり肌に水分を入れることが大切です。

化粧品で毛穴たるみを改善

毛穴のたるみを改善させるには、保湿成分の生成を促すビタミンC誘導体や、コラーゲンの生成を促すレチノール、保湿成分のセラミドなどが配合された基礎化粧品を選びましょう。

これらを使うことで毛穴のたるみだけでなく、肌乾燥やシワ、たるみなどを予防することもできます。さらにサプリメントやドリンクなどでコラーゲンペプチドが配合されたものを摂取すればより効果的です。

メイクで毛穴たるみをカバー

毛穴のたるみは毛穴を目立たせないようにする必要があります。見えないようにとファンデーションを厚塗りするのはNG。崩れにくくするためにも、薄めに塗りメイク直しをこまめにするのがベストです。

粒子が細かいフェイスパウダーを最後にしようすることで、肌や毛穴の凹凸がわかりにくく、肌をなめらかに見せる効果も期待できますよ。

地道なケアで予防・改善に取り組もう

毛穴のたるみは年齢とともに目立ってくるもの。今悩んでいる人もそうでない人も、紫外線ケアや必要な栄養素を取り入れるなど予防、改善に取り組んでみてください。

毎日地道にケアを続けることが改善への近道です。正しい洗顔と保湿でたるみ知らずな肌を作りましょう!

合わせて読みたい記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう