いつもの寝方がしわの原因だった!しわを作らない正しい寝方とは?

朝起きたら、顔にくっきりと寝じわがついていることがあります。これがなかなか取れないので、困った経験がある方も多いのではないでしょうか。

寝る姿勢を間違えると、枕などの跡が顔に残ってしまいます。このように間違った寝方は、一時的な寝じわを作るだけではなく、顔のしわを増やす原因にもなります。寝方を改善しないと、将来しわだらけとなるかもしれません。

今回はしわのできやすい寝方から、しわを作らない正しい寝方まで調べ、しわ予防について考えていきます。

しわができやすい寝方は?

しわのできやすい寝方には、うつ伏せ寝と横向き寝があります。

うつ伏せ寝は、顔全体にかなりの負荷がかかってしまい、皮膚や骨格に良くありません。また胸にも負担が大きいため、たえず息苦しく質の良い睡眠をとるのは難しいです。

横向きに寝ると、下になった側に負荷がかかります。頬が潰れてしわがよった状態になり、これが長時間になると肌に跡がついてしまいます。

横向きで寝ている女性は多い

しわやゆがみの原因となる横向きの寝方ですが、日本人女性に1番多い寝方のようです。なんと日本人女性の6割以上が、横向きで寝ているというデータも!

しわが増える他にも、肩が痛くなるという症状が起こることもあるので注意が必要です。

寝方だけじゃない、しわの原因はほかにもある

しわが増える原因は、寝方だけではありません。

加齢に伴い、肌の真皮層のコラーゲンが減少していくことで肌は弾力不足となり、しわができやすくなります。肌の乾燥によっても角質層でダメージを受け、小さなしわができやすくなるので要注意です。

また紫外線も、しわをつくる大きな原因となります。紫外線は、皮膚の奥深くにある真皮層にあるコラーゲンを破壊してしまいます。深いしわにつながるので、紫外線対策をしっかりとしておきましょう。

食生活の乱れや、飲酒、タバコなどでも肌は影響をうけ、しわの原因となります。

しわを作りたくないなら「仰向け」で寝る

しわを作らない寝方は、仰向けが1番です。

天井をむいて寝る仰向けの姿勢は、顔全体に重みや負荷がかかることがありません。また枕と顔が接することもないので、摩擦が起きず肌を傷めることもないです。

しかし人は一晩で20~30回の寝がえりをうつと言われており、一晩中同じ仰向けのまま寝続けるのは難しいです。それでも寝入りや途中眠りが浅くなったときなどに、仰向けで寝ることを意識するだけでも、だいぶ違ってきますよ。

もし、横向きでしか寝れないなら「猫背」が原因かも

仰向けで寝ることができず、どうしても横を向いてしか寝れないという方もいます。横を向いてしか寝れない原因は、猫背だと言われています。

横向きに寝ると体が丸まり、猫背の姿勢をキープできます。猫背の方には楽ですが、それを続けるとますます猫背が悪化することもあるので要注意です。

うつ伏せや横向き寝にはこんな欠点も

うつ伏せ寝と横向き寝を続けると、しわができる以外にも次のような欠点があります。

横向き寝は、下側になっている顔や体の部分に負荷がかかり続けます。顔のゆがみや体のゆがみを引き起こす原因となります。また肩が内側に入りこむことで肩甲骨の動きが悪くなり、肩こりがおこりやすくなります。

うつ伏せ寝は、呼吸をするため顔だけ横をむくことが多いです。この体勢が続くと、顎関節症につながる恐れがあります。またこの体勢は、首の痛みや肩こりの原因にもなります。首に負荷をかけ続けると、背骨がゆがんでしまいます。

体のことを考えると、うつ伏せ寝は最も避けるべき寝方だと言えます。

仰向けに寝るための歪み改善法

仰向けに寝れない場合、体がゆがんでしまっていることが考えられます。体のゆがみを矯正するには、ストレッチがおすすめです。簡単にできるゆがみ矯正ストレッチをご紹介していきます。

  • 1.うつぶせに寝て、手は顔の横に置く。
  • 2.そのまま上半身を反らせて起こす。
  • 3.そのまま手で支えて10秒キープし、ゆっくりと戻し元の姿勢に戻り10秒キープ。これを1セットとして3セット行う。
  • 4.そこから再び上半身を反らせいく。
  • 5.右の後ろを振り返って5秒キープして正面に戻。左も同じように行う。
  • 6.これを3セット繰り返す。
  • お手軽ストレッチなので、簡単にできて良いですね。痛みを感じない程度に行うのが、ポイントです。

    しわができてしまったときの対処法

    しわができてしまった場合の対処法として、しわ取りマッサージがおすすめです。クリームをつけて、しわを伸ばすように優しくマッサージします。顔にむくみがある場合、同時に解消できるのですっきりした印象になれますよ。

    しわの対処法として、抗酸化作用のある食べ物をとるのもおすすめです。バナナやカボチャ、キャベツなどが、抗酸化作用の高い食べ物です。しわの原因となる活性酸素の働きを抑制して、若々しいしわの少ない肌をキープできます。

    また肌のハリに関係するコラーゲンを摂ることもおすすめです。

    仰向け寝を意識して、しわのないキレイな肌へ

    顔に負担をかけず、しわを作りづらい寝方は仰向け寝が最適です。横向き寝やうつ伏せ寝は、しわができやすくなるだけではなく、体に痛みが出ることもあります。

    しかし猫背の方や体がゆがんでしまっている方には難しいもの。そんな方は、体のゆがみを無くすストレッチを続けるだけで、正しい仰向けの姿勢で寝れるようになります。

    あなたも自分の寝方を見直して、しわのないキレイな肌を目指しませんか?

    合わせて読みたい記事

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう