紫外線が老化の原因だった!しわを作らない紫外線対策とUVケア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

私たちは生まれてからずっと、紫外線を浴びながら生活をしています。実はこの紫外線こそが、肌を老化させる原因でした。

紫外線を長年浴び続けることで私たちの肌はダメージを受け、しわやシミ、たるみなどが目立つようになります。これを光老化といい、若々しい肌をキープするには紫外線対策がマストです。

今回はしわやシミなど、光老化を食い止める紫外線対策とUVケアの方法をご紹介します。

紫外線の種類とその特徴

紫外線にはUV-A、UV-B、UV-Cがあります。

UV-Aは光老化を起こす原因とされ、しわやシミ、たるみなどを引き起こします。特徴として雲を通り抜けることができ、雨や曇りなどの天候に関係なく地表に降り注いでいます。浴びると活性酸素を発生させ、老化を勧めます。

UV-Bは肌表面のメラニン色素を活性化させ、日焼けを起こします。届くのは肌の表皮までですが、有害性が強く、しわ、シミ、乾燥などの他にも皮膚がんなど皮膚の病気とも深い関わりがあります。

UV-Cは、最も人間の肌に危険で有害性が強いとされています。今のところ、私たちの生活圏まで届いていないと言われています。しわを作り老化を進める紫外線の種類は、UV-AとUV-Bです。

しわの最大の原因は「紫外線」

しわの最大の原因は紫外線だと言われています。特にUV-Aの影響を強く受けます。

UV-Aは、真皮層まで達します。真皮層には肌のハリや弾力に関係するコラーゲン繊維やエラスチン繊維が張りめぐらされています。UV-Aは、この2つの繊維を破壊する作用があります。

肌の奥深くのコラーゲンが壊れることで、肌は弾力やハリを失い、しわができやすくなります。

ほかにもさまざまな肌ダメージを与えます

紫外線が肌に与えるダメージには、しわやシミ、たるみ以外にも、肌の免疫力の低下や乾燥、活性酸素の発生などがあります。

さらにUV-Bは肌の免疫力を弱める作用があり、皮膚がんや白内障などの病気を引き起こす恐れもあります。

しわ予防には紫外線対策が必須

しわ予防には、とにかく紫外線を浴びないことが重要です。

UV-Bは夏の晴天時に最も気を付けなければなりませんが、UV-Aは1年中天候に関係なく地表に降り注いでいます。つまり日差しの強い夏場だけではなく、1年を通しての紫外線対策が必要です。

UV-Aをカットするために、日焼け止めクリームを習慣づけるようにしましょう。また外出時は傘や帽子で紫外線を防ぐとさらに安心です。

紫外線対策をするのは夏だけじゃない

紫外線は夏に強く、冬に弱まります。これは紫外線がオゾン層などを通過する距離に関係があります。しかしUV-Bに比べてUV-Aは、変化が少なく冬でも多く地表に降り注いでいます。

しわなどの老化現象のカギを握るUV-A波の紫外線対策は、1年中続けることがポイントとなります。

もし、日焼けをしてしまったらどうする?

もし日焼けをしてしまったら、日焼け直後の晩からアフターケアをしっかりと行いましょう。日焼けは、軽い火傷と同じだと考えられています。まずは水をかけるなどして、患部を冷やします。

その後、化粧水と乳液でしっかりと保湿ケアを行います。日焼け後の肌は水分不足となるので、いつもよりたっぷりと化粧水をつけていきます。もしヒリヒリとほてりがある場合は、軟膏を塗りましょう。

日焼け後は水分を多く取り、できるだけ早めに就寝して体を休めてください。

肌に合った日焼け止めの選び方

肌に合った日焼け止めクリームを選ぶには、紫外線を防ぐ効果の高さを表すSPFを使い分けます。

SPFが高いほど紫外線予防効果は高くなりますが、肌への負担は大きくなります。そこでレジャーや長時間の外出はSPFの高いもの、通勤や日常生活ではSPFの低いもの、と使い分けるようにしましょう。

また日焼け止めクリームの成分をチェックします。肌に負担になる添加物はないか、保湿効果のある成分は入っているかなどを確認しておきましょう。

日焼け止めの正しい塗り方

日焼け止めの正しい塗り方は、まずは額、鼻、あご、右頬、左頬の5カ所に乗せていきます。それから肌の内側から外側に向かって、優しく塗り広げます。

日焼け止めをしっかり塗っても、汗や皮脂でだんだん落ちてきます。2~3時間おきに小まめに塗り直すようにしましょう。

毎日使うスキンケアにもUVカット製品を取り入れる

日焼け止めクリームの他に、毎日使うスキンケアにもUVカット製品を取り入れるともっと安心ですね。紫外線が肌老化を進めると知った以上、徹底的に紫外線対策をしていきたいものです。

最近は化粧下地やファンデーションなどのコスメだけではなく、化粧水や乳液にも紫外線予防できるものがあります。購入の際は、きちんと具体的なSPFの数値が表示してある製品選ぶようにしましょう。

正しい紫外線対策でしわを防ぐ

紫外線による光老化を防ぐには、徹底的な紫外線カットが重要です。老化を早める原因となるUV-Aは夏場の晴天時だけではなく、年間を通して天候に関係なく地表に降り注いでいます。

紫外線は、しわの天敵です。若々しい美肌をキープするために、これからしっかりと光老化対策を始めませんか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

16 + 7 =