おしりにできているニキビを発見!今すぐ解決するためにはどんなケアをすればいいの?

いつの間にか、知らないうちに出来てしまっているニキビ。
お風呂に入って自分のおしりを鏡で見たとき、ニキビができているのを発見したという経験はありませんか?

また、おしりにニキビ跡が残ってしまい、黒ずみに悩んでいる方はいませんか?

そもそも、なぜお尻にニキビができてしまうのか、綺麗なお尻でいるためにも、ニキビ跡や黒ずみ、ブツブツができる原因を知り、改善方法を一緒に学びましょう。

ニキビがお尻にできる原因

基本的に顔にできるニキビと、お尻にできるニキビに違いはありませんが、最近では部屋中に存在するカビが布団などにも付いており、それが肌に触れることでお尻ニキビが出来てしまうケースも増えています。

体重がかかるお尻は摩擦や、炎症の元

人はずっと立ちっぱなしで過ごすことはなく、座る動作を行います。座っているときはお尻に全体重がかかっているため、皮膚が強く圧迫されています。
この状態は角質が徐々に固くなり、毛穴が閉じることで皮脂が詰まりニキビの原因となります。

また、毎日お尻と触れる下着は少なからず擦れて、摩擦を与え肌に負担をかけています。
できるだけ、ゆったりとした下着を身に付けるようにしましょう。

お尻を刺激から守ればニキビ改善にも予防にもなる!

長時間の同じ体勢のまま座っていると、お尻が圧迫され角質化が進み、角栓が詰まりニキビができやすくなります。

少しでも角質化を防ぐためには、こまめに体勢を変えたりクッションを使用するなど、お尻への負担と摩擦を軽減することを意識しましょう。

お尻は非常に蒸れやすい

下着と密着しているお尻は蒸れやすいため、下着を選ぶときは、締め付けがなく通気性の良い天然素材のものがベストです。

天然素材は汗も吸収してくれるため、ニキビ予防に効果的です。

万が一お尻が蒸れたら、こまめに汗を拭いたり、下着をかえて清潔に保ちましょう。

お尻ニキビが出来た時に注意したいこと

下着の圧迫による蒸れや、長時間同じ体勢で座り、体重がかかることで血行不良となることを防ぎましょう。
蒸れを感じる前にこまめに下着を取り替えたりと、バイ菌を繁殖させないためにもお尻を清潔に保つことも大切です。

また、乾燥した肌は刺激を受けやすいため、顔と同じようにお尻にも保湿ケアを行いましょう。

お風呂に入ったときはボディソープ、シャンプーやリンスのすすぎ残しに気を付けてください。
肌にこれらの成分が残ると、毛穴に蓋をしてにきびの原因となります。できれば、洗う順番をシャンプー、リンス、顔、体とし、すすぎ残しがないように洗うことが大切です。

お尻ニキビを予防する「食生活の見直し」と「ホルモン」

ニキビ対策のためには、バランスの良い食事を心がけましょう。

ニキビは皮脂量が多いと毛穴が詰まり出来やすくなるため、動物性のタンパク質は皮脂の元になる脂質が多いので、食べ過ぎない事が大切です。
代わりに、ほうれん草などに含まれるビタミン類を、多く摂るように意識しましょう。

お尻ニキビの跡を残さないためには・・・

お尻にニキビを発見したら、服で隠れるからすぐに治さなくても平気と思わず、すぐに対処しましょう。
放っておいてしまうと、頑固なニキビ跡の原因となってしまいます。

ニキビを発見した後に、潰してしまう人がいますが、絶対にやめてください。
まず汚れた素手で触ると、指についている雑菌が入る可能性が高まること、また雑菌の死骸が固まり、ニキビが潰瘍化して硬くなったり黒ずみが発生する恐れがあります。

ニキビケアをする前には、必ず手を洗って清潔に保ちましょう。

お尻ニキビには「乾燥させないケア」が大事

皮膚が薄いお尻はバリア機能も低くく、保湿しなければ乾燥や刺激により、ニキビができやすい状態になります。

保湿クリームやで保湿効果のあるボディソープを使用するなどお尻に潤いを保つように心がけましょう。

おしりの保湿アイテムを選ぶポイント

お尻がべたつかないように油分が多いものではなく、サラッとしたテクスチャーを選びましょう。
油分が多いと蒸れやすく、毛穴に詰まりやすいため皮脂もたまりやすくなり、ニキビの原因を作り出します。

化粧水のような浸透力のある保湿クリームがおすすめです。

ニキビ以外のお尻の肌トラブル対処法

ニキビ以外に考えられるものは、粉瘤です。
垢や脂が詰まり、赤く腫れるのでニキビと間違えやすいですが、いつも同じ場所にでき、大きく腫れて痛みや熱があるときは粉瘤の可能性が高いです。

またおできというデキモノも考えられます。
毛穴の奥に菌が入って化膿したもので、赤く腫れて熱っぽく痛いのが特徴です。

おできは1週間くらいで治りますが、粉瘤は病院での治療が必要です。
自己判断せずに、ニキビだと思ってもなかなかなおらなかった場合は、すぐに病院へ行きましょう。

お尻ニキビの予防と改善

お尻ニキビを発見したら放っておかず、ニキビの原因となるお尻への体重負担や下着の摩擦、蒸れを改善し、保湿を心がけて清潔に保つようにしてください。

そして、なかなか治らないときは自己判断せずに病院で診断してもらいましょう。ニキビと思っていたものが、おできや粉瘤といった別の肌トラブルの可能性があります。

お尻ニキビは悪化させてしまうと、頑固なニキビ跡となるため、早めの対処が肝心です。
お尻は隠せるからといって後回しにするのではなく、気付いたときにケアすることを心がけてください。

合わせて読みたい記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう