必死で働くより心を変える?お金が貯まらない人の思考2つ

みなさんは貯金がどれくらいありますか?心に余裕があるくらいの額でしょうか、それとも毎月給料日前にはカツカツでしょうか?

いつもいつもお金に困っている方、贅沢はしていないのに、いつもお金が無いと嘆いている方。

それならもっと働けば良いと思う方もいらっしゃいますが、そのやり方に将来性はあるでしょうか?まずは心のあり方を変えていくほうが良いかもしれません。

お金が貯まらない人の思考2つとその改善方法をまとめました。

1.お金を投資しないで浪費している

お金の使い道はさまざまですが、お金の管理をするために家計簿をつけるなら、出費が浪費であったのか、投資に繋がっているのか、ご自身のお金の使い道を知る事が大事です。

あなたのお金の使い道は、何かになって返って来ますか?たくさんのお金を連れて、また自分のもとに返って来てくれるでしょうか?

たいして行きたくもない飲み会に行く、そこまで空腹でないのにふら〜っとコンビニに立ち寄る、そこまで欲しいか分からないのに、自分にご褒美などをあげる。などです。

これは完全に浪費ですね。これに気づいたあなたは、今からお金を投資することに変えて行きましょう。少しずつお金の勉強をするために本を買う、自分の為ではなく大切な人達へ、気持ち程度のプレゼントを配る、勉強会に参加する、好きだった趣味を始める、のも投資です。

お金を浪費した後の気持ちは、いつも虚しさがつきまとう事を実感するでしょう。ぜひ投資にお金をかけてください。

2.心配やグチなど悪い口癖が多い

お金が無いとばかり言っている方は、やはりお金が無いです。口にしている現実を引き寄せています。

引き寄せの法則などの類いの本が出回っているのでもうご存知だとは思いますが、口癖を変えなければ現実は変わりません。

ですが、急にやめるのは難しかったら、『私は「今」だけ!お金がない。けれども大丈夫』と口癖を言い換えてポジティブにしましょう。

今お金がなくて心配なら、お金を手にいれたところで、次は手に入れたお金がなくならないか心配なのです。ですのでその思考を変えましょう。

仕事量を増やす事が解決策ではありません

いかがでしたでしょうか?お金に対する考え方は少し変わっていたでしょうか?お金がなくなっていくのだからまた働く、仕事を増やす、という思考をまず変えて行った方が近道だと思います。

同じ思考パターンから抜け出して、心に余裕ができるくらいの貯金をいつも持っておけるようにしましょう。ぜひ参考にしてみてください。

合わせて読みたい記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう