仕事がつまらなすぎる人が対処すべき5つの方法

最近仕事がつまらない、今日も行きたくない。もう辞めたい。だからと言って、次に良い場所が見つかるとは限らないし…もう何もしたくない!

という方にやるべき5つの方法をまとめました。ご覧下さい。

1.なぜおもしろくないのかしっかりと分析する

なぜあなたは会社が楽しく無いのでしょうか?ご自身では何が不満なのでしょうか?

仕事内容が苦手、職場にいる人が苦手、期待、上司が怖い、職場の人間関係になじめない、仕事量が多い、条件が不満、やりがいを感じない。など、仕事がつまらない理由を分析してみましょう。

2.一度がむしゃらに仕事をしてみる

ひと昔前の方なら仕事の選択肢も少なかったので、つまらない、嫌だと言いながらも一生懸命仕事をしている間に、その中から面白みが見つかったりします。

続けていると人脈が増えたりご自身のポジションも上がり、自分のペースで仕事をしやすくなることが多いです。

まだ辞めようか続けようか迷っているのなら、とにかくがむしゃらに目の前の仕事をこなしていくと、何か新しいアイデアが浮かんだり、気づかなかった解決策が見つかるかもしれません。

3.どうやったら面白くできるのか考える

ほんとうに辞める前に、どうすれば仕事が面白くなるのか考えてみましょう。仕事の楽しさを知ってやりがいを感じ始めたり、居心地が良くなったりします。

もっともっと仕事を面白くするために自分で提案してみたり、自分が楽しく仕事をするために何ができるのか、アイデアを絞り出してみましょう。

4.社内での自分の価値を考えてみる

仕事がつまらない理由は主に「やりがいがない」「仕事がうまくいかない」が多いと思います。

あなたは気づいてないかもしれませんが、あなたの長所や価値をちゃんと認めてくれている先輩や上司もいると思います。周りの人に聞いてみましょう。

5.プロに聞いてみる

気持ち的に本当に辛いなら、プロの心理カウンセラーの方に聞いてみましょう。上司や先輩、同僚に聞いても、同じ目線でのアドバイスだけで迷ってしまうかもしれません。

プロの方に、本当の問題点を探してもらいましょう。あなたが本当に望んでいる事は「会社を辞めたい」のではないのかもしれません。

それでも嫌で無理なら去りましょう

いかがでしたでしょうか。なぜつまらないのか、ちゃんと知る事が大切です。なぜかというと、会社を辞める事が解決策ではないかもしれないからです。

合わせて読みたい記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう