妊活してたら飲酒はダメ?夫婦共にお酒好きならどう乗り切ればいい?

妊活するとなるとどのようなことに注意すべきなのかいろいろ知りたいという女性は多いと思います。飲酒と妊娠には関係があると言われているので、お酒が好きで良く飲んでいる方には辛いことかもしれませんね。

好きなお酒を妊娠する前から我慢するのはストレスがたまる!と思うかもしれませんが、妊娠を希望するのであればお酒は控えるべきです。

妊娠は妻がするものだから・・・とお酒を気にせず飲んでいる男性も多いかもしれませんが、妊活するのであれば、女性だけでなく男性も一緒にお酒を控えるべき理由があるのです。

今回はそんな妊活中の飲酒について知っておきたいことや注意点を説明します。

妊娠していたら絶対飲まないこと!可能性がある妊活中は?

お酒を飲むことが習慣になっていたとしても、お酒によって冷えやホルモンバランスの乱れを起こすので、妊娠にしくい体質になると言われています。そのため、妊娠を希望していて妊活するのであれば飲酒を控えるべきです。

めでたく妊娠したのであればお酒は控えるのではなく一切飲んではいけません。お腹に赤ちゃんがいることが分かったのであれば、今まで通りの生活を続けるわけにはいかなくなるのです。

妊婦さんがお酒を飲むと赤ちゃんにまで伝わり、赤ちゃんもお酒を飲んだ状態になってしまい影響を受ける危険があります。あれもだめ・・・これもだめ・・・と神経質になりすぎる必要はありませんが、お酒は絶対にNGです。

胎児への影響を考えるとアルコールは厳禁

妊娠中にアルコールを飲むと、生まれてくる赤ちゃんが「胎児性アルコール症候群」いうという障害が出る可能性があります。胎児性アルコール障害というのは、赤ちゃんが低体重・顔面を中心とする奇形や脳障害を引き起こすことを言います。

先天性の障害なので治ることはありません。学習、行動、発達などいろいろな部分に障害を引き起こしてしまうので、妊娠中にアルコールを飲むのは厳禁であると言われているのです。

お酒が好きでも妊娠したら飲酒は一切禁止するよるようにしましょう。

飲酒の習慣があると妊娠率が低下する恐れがある

日ごろのストレスや仕事の疲れを解消するために、女性でもお酒を飲むのが習慣という人もいると思います。1日の終わりには毎日飲むという人もいるかもしれませんね。

しかし、飲酒の習慣があると妊娠率が低下する恐れがあると言われています。人工授精をした女性で全くお酒を飲まない女性の妊娠率は90%だったのに対し、週に3回ほどお酒を飲む女性の妊娠率は50%だったという結果が実際にデータとして出ているようです。

妊娠にマイナスな影響があることはわかっているので、大量の飲酒は控えるべきと言えるでしょう。

活性酸素が大量発生し卵子の質を低下させる

お酒を飲むと活性酵素がいつもよりもたくさん出ると言われています。

活性酵素というのは、細菌やウイルスをやっつける働きをしてくれるので、悪いものではありません。ですが、飲酒によってたくさん活性酵素が出ると、健康な細胞までやっつけようとしてしまうのです。

そうなると、体が多量に出る活性酵素の酸化を防ごうとするのですが、そのことによってバランスが乱れてしまうことになります。これを「酸化ストレス」というのですが、酸化ストレスは卵子に影響を及ぼして質を低下させてしまうので、結果的に妊娠にしくい体になってしまうのです。

体を冷やすお酒は妊活中には良くない影響が

もともと体の冷えは万病のもととも言われていて、体が冷えると体調を崩しやすくなったり不調の元になってしまいます。冷えは女性ホルモンバランスにも影響するので、体の冷えは不妊に繋がると言われています。

つまり、冷えを解消すれば妊娠しやすい身体をつくることが出来るということです。お酒には体を冷やす効果があるものがあります。ビールや焼酎、ウイスキーなどは体の冷えに繋がります。

妊活するのであれば、体の冷えにも繋がるお酒の摂取は控えることをおすすめします。

男性もお酒をほどほどにしないと妊活に影響する

妊活は女性がするもので男性は特に何も意識していないということも少なくないですが、奥さんが妊活しているのであれば、パートナーである男性もお酒をある程度控えるべきと言えます。

たしなむ程度であればリラックス効果があるので、絶対にやめなければならない!とあまり気負う必要はありませんが、多く飲み過ぎると妊活に影響がおこってしまうようになります。

付き合いでお酒をたしなむ程度であればよいですが、深酒は避けるようにしてください。男性が深酒することでどのような影響がおこることがあるのか見ていきましょう。

妊活中は男性もアルコールを大量に飲むことは避ける

女性が妊活しているときは男性もアルコールの量を控えた方が良いと言われています。お酒の摂取は性ホルモンに大きく影響するので、飲み過ぎると男性ホルモンの生成や精子の発育を抑えると言われています。

適度に飲む程度であれば気分転換する効果をもたらしてくれるので、問題はありません。ですが、たくさん飲み過ぎると正常な精子を作ることに支障が出るとされています。

妊活中は女性と一緒で、男性もアルコールを大量に飲むことは避けるようにしましょう。

飲酒で精子の悪化は見られないが男性機能の低下を引き起こす可能性が

お酒を飲むことで精子に異常が出るというこはないですが、お酒を大量に飲むことで男性機能が低下すると言われています。

お酒をたくさん飲むと、末梢神経が正しく機能しなくなって勃起神経へ指令が行きにくくなるのです。それが、飲酒とが男性機能の低下に繋がっています。精子の量が減少するという報告もあるようです。

それだけじゃなく、お酒を飲んだことによって五感の働きも鈍るので、性的興奮なども感じることが出来なくなってしまいます。適度であれば問題ないですが、お酒を大量に摂取するのは控えるようにしましょう。

妻が飲酒を我慢しているのに自分だけ飲むのは妻のストレスに

普段はお酒を飲むことが楽しみでも、妊活をするのであれば女性はお酒を控えた方が良いとお話ししました。お酒が好きで我慢しているのに、その横で気にせずに飲酒されるとどう思いますか?当然良い気分にはなりませんよね。

完全に辞めろとは言いませんが、気にせずに飲むのは奥さんのストレスになってしまいます。そのため、夫婦で妊活をするのであれば、出来るだけ旦那さんもお酒を我慢するようにしましょう。

仕事帰りに飲んで帰るというのも頻繁には行わず、たまに行うぐらいにしてください。

ストレスになるのも悪影響!妊活中はどうやってお酒とつきあう?

普段からお酒をあまり飲まない人は良いですが、習慣的にお酒を飲む人からすると妊娠する前の妊活中からお酒をやめなければならないというのは辛いですよね。

妊娠を希望するのであれば、確かにお酒を控えた方が良いのですが、あまり我慢し過ぎるとストレスがたまって悪影響になってしまいかねません。

ストレスも妊活の大敵になりますので、うまくお酒と付き合っていく方法を見つけるのが1番です。妊活が苦痛にならないように、うまくストレス解消法を見つけ楽しく妊活しましょう。

夫に協力してもらいお酒を控える時期を乗り切る

毎日お酒を楽しみにしていた人からするとお酒をやめるというのは辛いことですよね。ストレスは妊活の大敵ですが、お酒は妊娠の確率を下げてしまうことになります。

お酒を控えるのが辛い場合は、旦那さんの協力が必要不可欠であると言えるでしょう。

外で仕事をして旦那さんもいろいろなストレスを抱えています。2人とも子供が欲しいのであれば協力することが大切ですが、あまりプレッシャーをかけ過ぎるのは良くありません。

夫が早く家に帰りたくなるような家庭作りを心がけて、押し付けるのではなく自然に協力してもらえるように持っていくことが大切ですよ。

今回も妊活失敗?残念だけどその日は飲酒OKの日!

妊活したからと言ってすぐにうまくいくとは限らないですよね。うまくいかないと「また失敗してしまった・・・」と落ち込むでしょう。そんなときは、控えていた飲酒を解禁してみませんか?飲み過ぎは良くないですが、休憩してストレス発散することも大切です。

いろんなことを我慢し過ぎるとストレスが溜まってしまうので、そういうときぐらい好きなことをして解放してあげましょう。日ごろ我慢していたお酒を少しだけ飲むことで少しは気がまぎれるかもしれません。

妊娠すればお酒は絶対ダメ!それまではほどほどに楽しむ

前途したように、妊娠中の飲酒は、胎児性アルコール症候群の子供を生む可能性を高めるので、妊娠したのであればお酒は絶対に禁止です。

お酒がとても好き!という方にとっては辛いことかもしれませんが、妊娠したらお酒は一切やめるようにしてください。ただ、お酒が好きなのであれば、妊娠するまではほどほどに楽しむのはOKです。

お酒の飲み過ぎは妊娠する確率を低下させてしまうので良くありませんが、週に1回ほどほどほどにたしなむ程度であれば良いでしょう。日本酒などは体を温める効果があるので、出来るだけ体を温める効果のあるお酒を飲むようにすることをおすすめします。

妊活中から徐々にお酒を減らしていく努力を

妊娠しやすい体を作るためには、生活習慣の見直しが必要不可欠になります。お酒を飲むことが好きな人は、徐々にで良いので飲む量や回数を減らしていくようにしましょう。妊娠する確率を低下させ、ホルモンバランスを乱す体を冷やす作用があるお酒は妊活中から控えるべきです。

お酒好きだと急に全く飲まないというのは辛いでしょうし、それがストレスにもなってしまう可能性があるので、量や飲むお酒の種類、そして回数を調節して少しずつ減らす努力をしてみてください。

飲酒だけでなく生活習慣を見なすことも重要

妊活するとなると飲酒を控えるというのは良いことですが、飲酒を控えるだけでなくこの際日ごろの生活習慣も見直してみるようにしましょう。

毎日夜更かししていたり、バラバラの時間に好きものだけを食べていたりしませんか?そういった生活習慣の改善も妊活には欠かせないポイントです。飲酒意外にも改善出来る部分はないか?ぜひ1度この機会に見直してみてください。

少し改善するだけで妊娠しやすい体質になれる可能性があります。生活習慣で改善しやすい部分について紹介しますので参考にしてみてくださいね。

禁酒、禁煙、この際だから妻も夫も努力して

妊活は1人でするよりも、夫婦2人で協力して行った方が良いですよね。

妊娠するには飲酒は良くないといいましたが、タバコも当然良くありません。喫煙は、女性ホルモンを低下させて卵巣の機能を低下させます。男性の場合精子の数を減少させると言われています。

ですから、この際妊活するのであれば夫婦で協力して禁酒だけでなく禁煙も行うようにしましょう。

簡単なことではないと思いますが、妊娠しやすくするため、生まれてくる赤ちゃんのため、そして自分たちの体のためになります。

規則正しい生活、十分な睡眠、バランスの良い食事を心がける

妊活するのであれば規則正しい生活を行うことがとても大切です。夜更かしするとホルモンバランスが乱れてしまいますので、早寝早起きをして規則正しい生活リズムを身に着けるようにしてください。

食事も栄養バランスの良いものを食べるようにしましょう。タンパク質、ホルモン力をアップさせるひじきなどの黒い食材はおすすめです。

朝ごはんは食べないという人も多いですが、これから活動する!といいう前に朝ごはんは特に大切です。時間がないときや食欲がないときは軽くでも良いので出来るだけ食べるようにしてください。

規則正しい生活、十分な睡眠、バランスの良い食事を心がけるようにすれば、妊娠するのに大切な基礎体温も安定するようになりますし、月経周期も整いやすくなります。

忙しい日々の中で規則正しい生活を送るのは難しいということもあるかもしれませんが、妊活するときは出来るだけ心がけるようにしてください。

ストレスを上手に発散する、時には自分を甘やかすことも必要

多くのストレスを抱えていると言われている現代人にとって、ストレスフリーの生活を送るというのは難しいことかもしれません。ですが、ストレスは妊活にも心や体にも良くない影響をもたらします。

妊活するのであればストレスをためない生活を送るようにしましょう。

あまり神経質になりすぎると疲れてしまいますので、時には自分自身を甘やかしてご褒美をあげることも大切です。買い物をする、友達とおしゃべりするなど、自分自身のストレス解消法を見つけるようにしましょう。

まとめ

今回は、妊活中の飲酒について、気を付けたいことを紹介しました。

妊娠を希望するのであればお酒は控えるようにした方が良いですが、妊活は1人でするものではなく夫婦2人でするものです。女性1人だけの問題ではありません。

妊活中、女性はナーバスになりやすいです。うまくいかないと妊活自体が苦痛になってしまうようになるので、女性だけでなく男性も出来るだけ一緒に禁酒したりして協力するようにしましょう。

うまくいかないときでも夫婦で話し合って行うことが大切です。そして、いつの日か可愛い赤ちゃんがきてくれることを願っています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう