目立つ毛穴とニキビ跡には何が効果的?改善方法と予防策を身に付けよう

自分の肌を鏡で見たとき、想像以上に毛穴が開いていて、ビックリした経験はありませんか?

毛穴の開きに気付いたときは、本当にショックが大きいです。メイクをしていても目立ってしまうため、隠すこともできず、悩んでいる方がたくさんいらっしゃいます。

毛穴の悩み1つで、素っぴんになる自信も無くしてしまいます。本当に厄介な毛穴の開きを、なんとか改善したいと思っている方は、ぜひ参考にしてください。

なぜ毛穴が目立つの?原因は?

今、目に見えている私たちの肌は角質層と呼ばれる部分で、その角質層には通常であれば、潤いやバリア機能が備わっています。しかし、毛穴が目立っている状態というのは、潤いやバリア機能が破壊されている状態です。

角質層のバリア機能が破壊されると、セラミドなどの保湿成分が不足し、肌の乾燥、それに伴って起きる脂質の過剰分泌、ターンオーバーの異常、敏感肌などを引き起こし、角質層の潤いが失われます。

角質層の潤いが失われると、毛穴周辺の皮膚がヨレヨレになり、毛穴が開いていき、最終的には目立つようになります。

また、もともと遺伝で毛穴が大きいタイプや、コラーゲン減少によるたるみが原因で、毛穴が目立っているケースもあります。

気をつけたい、毛穴を開かせてしまうNG行動

普段の何気ない行動が、毛穴を目立せている可能性があります。

例えば、洗顔のし過ぎです。ゴシゴシ擦ったり、熱いお湯で洗顔していませんか?また、ピーリングなどの角質ケアのしすぎや、あぶらとり紙を頻繁に使用している方は、肌の保護膜を無理矢理剥がし、肌を傷つけているだけですから、今すぐにやめましょう。

そして、人に見られたくないため、毛穴を無理やりメイクで隠してしまうのは、毛穴を詰まらせ、角栓や黒ずみを増やし、さらに毛穴が目立つようになります。

また、化粧水をたっぷり付ければ、毛穴が引き締められると勘違いしている方がいますが、実はスキンケアのし過ぎで肌を傷つけ、毛穴が広がってしまうケースもあります。

毛穴開きを目立たせなくする方法

毛穴の目立ちを改善するには、毛穴が開いている原因によって、正しい洗顔を行うことから始めましょう。間違った洗顔方法やスキンケアが、毛穴を目立たせているので、適した洗顔を行うことが大切です。

例えば、皮脂が原因の毛穴の目立ちであれば、皮脂を除去し、毛穴にニキビができないように、ニキビ化粧水を使用してケアを行いましょう。

もしニキビ跡も気になるなら

ニキビ跡も原因によって治療法が異なります。

赤みなどの色素沈着を起こしているニキビ跡であれば、肌表面の古い角質を取り除くことで、肌の再生をサポートするケミカルピーリングを試してみましょう。

また、クレーターの改善であれば、FGFと言われる細胞増殖因子の注射をすることで、皮膚細胞を増やす方法もあります。

さらに、患部以外の皮膚をニキビ跡に移植する培養表皮移植という方法もあり、へこんでしまった肌を元のようにふっくらさせることができます。

毛穴開きやニキビ跡を予防するには生活習慣の見直しから

毛穴の開きを予防し、これ以上悪化させないためには、肌環境を整えて保つことが大切です。まずは、肌の代謝や免疫力を上げ、健康的な肌環境を整えるために6時間以上の睡眠をとりましょう。

そして、甘いものや油っこいものは皮脂の分泌を増やし、毛穴を開かせる原因になりますので、偏った食事ではなくタンパク質やビタミン類を含んだ、バランスの良い食事を心がけましょう。

忘れてはいけない紫外線対策

紫外線による刺激は、美肌に欠かせないコラーゲンの減少や、毛穴の開きとニキビの原因となる乾燥を引き起こします。

紫外線は季節や天気に関係なく降り注いでいるため、毎日対策を行うことが望ましいです。外に出るときは、日焼け止めを塗る、日傘や帽子を被るように意識しましょう。

毛穴開きの改善には洗顔料選びが重要

毛穴の開きは適した洗顔料で、正しい洗顔を行えば改善することができます。洗顔料選びのポイントは「優しく・しっかり」汚れを落とせるかどうかで判断しましょう。

汚れの吸着力に優れたクレイや、タンパク質分解酵素配合の洗顔料を選ぶことで、ゴシゴシ洗わなくても肌を清潔に保つことができるため、肌を傷つける恐れもなく洗顔することができます。

正しい洗顔法もマスターしよう

肌のケアを行うときに、つい洗顔料に注目しがちですが、実は、保湿成分配合の洗顔料などを選んで使うより、洗い方を意識するほうが効果的です。

正しい洗顔を行わなければ、肌を傷つけ毛穴の開きやニキビの原因となる乾燥や皮脂の過剰分泌等を招いてしまうので、正しい洗顔方法を身に付けましょう。

美肌を目指すために必要なこと

毛穴の開きやニキビは、今すぐにでも改善し予防したいものです。すべすべの美肌になるためにも、まずは今までの生活習慣の見直しを行うことから始めましょう。

改善と予防に努めても全く改善しない場合は、最終手段として美容クリニックを受診しましょう。自己判断してしまうと悪化させる恐れがありますので、プロの力を借りて治療することも大切です。

合わせて読みたい記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう