30代の肌は加齢によって肌トラブルが急増

30代はお肌の曲がり角の年齢にあたります。

20代であればまだ10代とはそれほど変わらないものの、20代から30代は肌状態の変化が目に見えてわかっていまうという年齢なのです。

もう若いままではいられない。加齢による30代からの肌トラブルについてご紹介します。

30代女性によく見られる肌トラブル

加齢によって出てくる肌トラブルは様々あります。30代から気を付けたい肌トラブルとして代表的なのが以下5項目です。

毛穴のトラブル

加齢による肌のトラブルは毛穴のトラブルを引き起こします。20代までは毛穴など気にもならなかったのに、30代に入るとともに毛穴トラブルで悩む人は多い傾向にあるのです。毛穴トラブルと一言でいってもタイプ(原因)は3種類あります。

毛穴の詰まり

鼻の頭部分に多くみられるタイプの毛穴トラブルです。毛穴の中に角質がたまってしまうために、黒くぽつぽつとした毛穴の状態が目でみても明らかに分かります。

たるみ

頬に多くみられるタイプの毛穴トラブルです。加齢によるたるみが原因です。このタイプのトラブルは、たるみで皮膚が下に引っ張られるため毛穴の形が細長くなるのが特徴。ですので、皮膚をちょっと上にひっぱるなどすれば毛穴が目立たなくなる傾向にあります。

開き

鼻の周り(小鼻)に多くみられるタイプの毛穴トラブルです。原因は皮脂で、皮脂が過剰に出ることで毛穴が押し開かれることになります。脂性肌の人によくみられるタイプの毛穴トラブルとなります。

ハリと潤い

人間には、本来もっている成分により肌にハリと潤いが与えられます。しかし、加齢ととともにそれら成分が減少しハリと潤いが減少する傾向にあるのです。

中でも注目したいのはセラミドという成分。セラミドは細胞間脂質の約半分を占めており、肌の水分と脂分のバランスを保ってくれる(保湿効果)大切な成分なのです。しかもバリア機能があるので紫外線など外的刺激から肌を守ってくれます。

この大事なセラミドは加齢とともに減少してしまう傾向にあります。そのままにしておけば当然肌は乾燥、それとともにハリと潤いが欠落します。ハリと潤いがなくなれば「シワ・たるみ・ほうれい線」などといった肌トラブルに発展する恐れが出てきます。

口元のたるみやしわ

口元のトラブルには主に2種類あります。

ほうれい線

鼻下から口元に向かってできる深いしわのことです。

マリオネットライン

口元から顎にむかってできるシワのことで、マリオネット人形の口元のようなシワのことからこう呼ばれます。

原因は様々なですが、主に加齢による筋力の低下・紫外線など外的刺激・表情筋の衰えなどからくるたるみが原因となります。毛穴の開きが繋がってしわになることもあります。

目元の乾燥やしわ

顔の中でも目元は皮の最も薄い場所です。おまけに元々持っているバリア機能が非常に弱く乾燥しやすい状態であるため気を付けないとスグにしわになってしまう傾向にあります。

また、30歳辺りを皮切りに皮脂の分泌量は極端に減る傾向にあります。もともと目元は皮脂分泌も非常に少ないので、それもまた乾燥の原因につながります。乾燥はしわの原因になるので、まずは乾燥を防がないことにはどうにもなりません。

乾燥肌

加齢により皮脂分泌が少なくなることにより乾燥肌となります。他にも紫外線など外的刺激や空気の乾燥なども重なり乾燥肌となることもあります。

もともと乾燥肌であった人はどんどん悪化してしまう恐れがあるので気を付けましょう。

くすんで透明感がなくなった

日焼けなどを放置して黒ずみが定着してしまったり、紫外線など日々のダメージの積み重ねが肌を曇らせます。他にも皮脂が酸化することで肌が黄みを帯びていく「肌の糖化」という現象が加齢とともに現れ、若いころにはあったであろう肌の透明感をくすませます。

その時その人に合わせたスキンケアを

年齢・自分に合ったスキンケアが大切です。とくに乾燥肌・敏感肌の人は自分に合っていないと更なるトラブルを招く原因になるので気を付けましょう。

美容液で贅沢ケア

スキンケアというと化粧水に注目する人も多いですが、実は美容液こそ重要なアイテム。ちょっと贅沢に感じるかもしれませんが、美容液でしっかりケアしていきましょう。

中でも、

・セラミド
・コラーゲン
・ヒアルロン酸
などといった豊富な保湿成分が入った美容液がオススメです。

美容液の価格もピンキリではありますが、もしも価格の高いものを選んだとしてもケチるのはやめた方がいいでしょう。

せっかくの美容液も肌に浸透しなければ意味がありません。高かったからとケチってしまっては何の効果も得られないので、たっぷりしっかり使用して肌に潤いを与えてあげてください。

ちなみに、美肌効果があるとして有名な成分にハイドロキノンやレチノールというものがありますが、刺激がやや強めなので敏感肌・乾燥肌の人は使わない方がいいでしょう。

いつまでも同じではいられない

自分では何も変わっていないとは思っていても、体は着実に歳をとっていくものです。その事実をしっかり受け止めることは大切なこと。その時に適切なスキンケアを行わないと40代・50代になったときに後悔してしまうことになります。

30代は肌状態が目に見えて切り替わる時期でもありますので、しっかりとスキンケアに力を入れるようにしていきましょう。

合わせて読みたい記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう