ニキビの原因は便秘だった?!二つの関係性を解説

便秘は肌トラブルと深い関わりを持っていることをご存知でしょうか?ニキビに悩んでいる方は、肌表面ばかり慎重にケアをしているかもしれませんが、便秘が原因になっている可能性もあるのです。

逆を返せば、便秘が解消されれば、今悩んでいる肌トラブルともさよならできるということですよね。一見全く関係ないように思える問題ですが、実は大いに関係があります。今回は、そんなニキビと便秘の関係性について解説します。

あなたの便秘はどのタイプ?

便秘といっても実は4種類があり、自分の便秘の種類によって改善方法も異なってきます。自分の便がどのようなものか、一度チェックしてみて下さいね。

弛緩性(しかんせい)便秘

大腸の蠕動運動が低下しておこる便秘。水分が腸に吸収され、硬い便になる。

痙攣性(けいれんせい)便秘

ストレスなど精神的な影響で自律神経が乱れ、大腸の動きにムラが出ておこる便秘。便秘と下痢を繰り返く、小さい便が出る。

直腸性便秘

便が肛門の手前にきているのに便意がないことによりおこる便秘。

器質性便秘

大腸ガンなど病気が原因でおこる便秘。激しい腹痛、嘔吐を伴うこともある。

どのくらい出ないと便秘なの?

排便は個人差があるので、毎日排便があっても少ししか出なかったり残便感があるのは便秘だとも言われますし、体質的に2日に1回しか出ないけれど毎回スッキリ排便できるという方は便秘ではないのかもしれません。

便秘の定義は決まっていないため、毎日出ていないから心配しなければいけないというわけではないのです。

便秘とニキビにはどのような関係が?

排便が行われないと、腸に溜まっている便から毒素や老廃物などが行き場を失い血液中から全身に流れていきます。すると体の不調を引き起こし、自律神経の乱れからニキビができやすくなってしまいます。

また、排便できないことから血液中に巡った老廃物や毒素は毛穴から放出され、肌荒れの原因となってしまいます。腸内環境が悪くなるとさらに便秘になりやすくなり、ニキビが悪化してしまうこともあるのです。

便秘はニキビのほかにもさまざまな悪影響を与えます

前述したように、腸に溜まった便は有害物質を生成し、血液とともに全身を巡ります。すると血流が悪くなる、血液が汚れるなどから疲労感が出る他、最悪の場合血管が詰まる恐れも。

また、血流が悪くなると白血球ほ動きも鈍くなり免疫力の低下、腸の機能が低下することから食欲不振や消化能力の低下などがおこる可能性もあるのです。

便秘を改善してニキビを予防しよう

ニキビの原因が便秘であるとわかったところで、すぐに便秘を解消したいですよね!しかし便秘は癖づいてしまうとなかなかすぐには改善ができません。生活習慣を変えて、ゆっくり腸内環境を整えていきましょう。

バランスの摂れた食事を

腸内環境を整えるためにも、バランスの良い食生活を心がけることが必要です。また、一番大切なのは水分を取ること。便があっても水分がなければ硬くなって出づらくなってしまいます。

食べ物は便秘解消に向いている食材を積極的にとりましょう。ただし、便秘に良いと言われている食物繊維には水溶性と不溶性があるので、自分の便秘タイプによって食材を変えましょう。

昆布やこんにゃくなどは水溶性食物繊維で、便を柔らかくして排便しやすくしてくれるほか、善玉菌を増やして元気にして腸内環境を整えてくれます。いもやきのこなどの不溶性食物繊維は腸内で水分を吸収し、便のカサを増やして蠕動運動を活発にしてくれます。

適度な運動も便秘予防に効果あり

健康な体を作るために欠かせない、適度な運動は自律神経を整え、直接腸を動かしてくれます。腹筋を鍛えることで排便する筋力も付きますし、ストレスを解消することで便秘だけでなくニキビにも効果的です。

ウォーキングや自転車をこぐだけなどでもOKです。例えば、普段エスカレーターを使うならば階段にしてみるなど、無理せず毎日少しずつ体を動かすことが大切です。

入浴中のマッサージもおすすめ

実は、腸は内臓の中で外側から直接触ることができる唯一の臓器なんだとか。お風呂で温まっている時や、隙間時間など気がついた時にお腹をマッサージしてみましょう。

おへその周りを3本指で「の」の字を描くようにマッサージします。10回以上は行いましょう。硬くなっているところやボコボコしているなど便が溜まっていそうな箇所がわかったら、硬さがなくなるまでピンポイントでほぐします。便が動いているイメージを持って行うようにしましょう。

便秘解消のためにお薬を使用してもいい?

便秘に悩んでいる人は多いですが、できればマッサージもいらず自然な形で排便できることがベストです。薬を使うことでスッキリ排便できるというメリットはありますが、薬によっては癖になってしまったり(薬の力がないと排便できなくなってしまう)腹痛などの副作用を伴う場合もあります。

また、歳をとって筋力が低下するとどうしても便秘になりがちで、薬に頼らなければならなくなってしまう時期がきます。若いうちから薬でないと排便できない体質になると、将来どうしようもなくなってしまうので、できれば薬に頼らないのが良いですね。

サプリの力を借りて便秘を改善

乳酸菌、オリゴ糖、食物繊維などの薬剤ではなく栄養素が含まれたサプリメントに頼るというのも一つの手です。いくらバランスの良い食生活をしていても、必要な栄養素を全て取れているかというとそうではありません。

サプリであれば、子供や妊婦などでも服用することができるものもあります(必ず確認してからにしましょう。)サプリが腸内環境を整える手助けになれば良いですね。

便秘を解消して肌トラブルともさよならしよう

今回は便秘が肌トラブルになる原因について解説しました。ニキビと便秘にお悩みの方は、自分の便秘タイプがどれか当てはまりましたか?まずは腸内環境を整えることから、はじめてみてください。

身体中の毒素や老廃物を排出できる排便は、一番手軽で健康的なデトックス方法です。自然にお通じが来るように生活習慣を整えて、大人ニキビに悩むことのない生活にしましょう!

合わせて読みたい記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう