あごニキビの原因とケア方法!もう悩まない有効な対策は?

あごニキビは、治りにくい上に繰り返しやすいという困った特徴があります。大人になってできるあごニキビは、思春期にできていたものとは全くタイプが異なります。大人ニキビには、大人ニキビ用のケアが必要です。

口周りは顔の中でも汗をかきづらくカサつきがちな部分なので、べたつきがちなTゾーンのニキビとはケア方法が異なります。

今回はなかなか治りづらいあごニキビにお悩みの方のために、きれいに治すためのケア方法をご紹介します。

顎ニキビの治し方

あごニキビには、体の内側と外側の両面から対策を行います。それぞれ詳しく見ていきましょう。

体の内側のケア

ホルモンバランスの影響によるターンオーバーの乱れは、ニキビの治りを悪くします。生活習慣をしっかりと見直して、体の内側のケアを行うことが大切です。

あごニキビに大切な成分

あごニキビに欠かせない成分は、ビタミン類です。ニキビ予防に効果的なビタミン類を、普段の食事に摂り入れていきましょう。

ビタミンB群は皮脂を抑える働きがあり、ニキビに良いと言われています。しかしあごは元々かさつきやすい部分なので、摂り過ぎには注意してください。

ホルモン治療が効果的な理由!

ニキビの根本的原因は、ホルモンバランスの乱れです。市販薬やサプリ、漢方にもホルモンバランスを整えるものがあります。

体の外側のケア

ニキビを悪化させないために、外側のケアは慎重に行いましょう。あごニキビの原因になる、毛穴の詰まりを解消することが大切です。

スキンケア

メイクの落とし残しは、あごニキビの原因になります。クレンジングできちんと落としてから、優しく洗顔しましょう。洗顔後の保湿もお忘れなく。

口周り・顎ニキビのスキンケア化粧品の選び方

あごや口周りの肌は、一見ふつうに見えても内側は水分が少ないインナードライ肌の傾向が高いです。

インナードライ肌は、ターンオーバーが正常に行われないことが多いです。角質がたまり毛穴を塞いでしまうので、あごニキビができやすくなります。

あごニキビのケアには、皮脂バランスを整えるお手入れがおすすめです。インナードライ肌の改善には、皮脂を取り過ぎないこと、内部まで潤いを届けることが大切です。

あごニキビには、低刺激で高い保湿力・浸透力のあるスキンケア化粧品がおすすめです。

顎(あご)ニキビが出来る原因

そもそもあごにニキビができる原因は何なのでしょうか。あごニキビができる原因を見ていきましょう。

ホルモンバランスの乱れ

あごニキビには、ホルモンバランスの乱れが大きく関係してきます。女性は元々ホルモンバランスの変化により、肌の状態が変化していきます。

女性ホルモンのエストロゲンが優位になると潤いのある美肌が作られ、プロゲステロンが優位になると皮脂分泌が活発になり肌荒れしやすくなります。

冷えやストレス、睡眠不足などでホルモンバランスが乱れると、プロゲステロンの影響で肌荒れなどの症状が出ます。また皮脂の過剰分泌やターンオーバーの乱れ、肌のバリア機能の低下などが起こり、あごニキビに代表される大人ニキビの原因となります。

思春期

思春期にもあごニキビはできますが、これは成長ホルモンによるものです。大人になってできるニキビとは、原因が異なります。

体を作るために多く分泌される成長ホルモンが、皮脂腺を刺激して皮脂の過剰分泌が起こり、ニキビが広がります。

その他のあごニキビの原因

ホルモンバランスの影響以外にも、あごニキビの原因となるものがあります。ひとつずつ見ていきましょう。

胃腸を整えて内側からキレイに

胃腸の疲れは、あごニキビの原因になります。胃の消化機能が低下すると、栄養の吸収がスムーズに行われません。するとニキビ予防効果のある、ビタミンBの吸収に影響がでます。

また体内では腸内細菌によってビタミンB群が生産されますが、胃腸の疲れによりそれも滞ります。

肌への刺激

ニキビに刺激を与えるのは厳禁です。しかしあごは手が触れたり髪の毛が触れたりしやすく、刺激を受けて悪化しやすいです。

ストレスによって皮脂が過剰に分泌される

ストレスを受けると、男性ホルモンのアンドロゲンが多く分泌されるようになります。アンドロゲンは皮脂分泌を促し、肌の角質を厚く固くする働きがあるので、あごニキビができやすくなります。

生活習慣

生活習慣の乱れは、大人ニキビを引き起こします。日常生活を規則正しく送って、あごニキビを治しましょう。

便秘や体の冷え

便秘が続くと有害物質や毒素が排出されず、血液を通して肌まで運ばれニキビの原因になります。冷えによる血行不良でも代謝が悪くなり、ニキビができやすくなります。

過度なダイエットや偏食

過度なダイエットや偏食によって、栄養不足になってしまいます。必要な栄養が足りないと、肌荒れや皮脂分泌の乱れが起こり、ニキビへとつながります。

間違ったスキンケア

肌を清潔にしようと、何度も洗顔を繰り返すのは良くありません。ニキビを触ってしまい刺激になるため、悪化してしまいます。

男女で違う顎ニキビの原因

ニキビの原因として、汗や紫外線、食生活、乾燥、ストレスなどは男女共通のものです。他にも男女で違う原因もあります。

男性の原因

男性は男性ホルモンの影響が大きいため、皮脂分泌が多く毛穴につまりやすいです。他にも毎日行うシェービングが刺激となり、あごニキビの原因になります。

女性の原因

生理前のプロゲステロンが増える時期は、皮脂分泌が増えるため毛穴につまりニキビができやすくなります。他には、メイクの洗い残しもあごニキビに悪影響です。

あごニキビケアには十分な保湿と共に生活改善を

大人のあごニキビは、成長ホルモンによる思春期ニキビとは異なり、様々な原因が複合的に影響して出来ています。特にホルモンバランスの乱れの影響が大きいので、規則正しい生活を心がけましょう。

あごは一見普通に見えても、内側は乾燥していることが多い場所です。保湿化粧品に気を使い、肌の奥までしっかりと潤いを届ける保湿対策が必要です。

外からだけではなく内からのケアも続けて、しつこいあごニキビを改善しましょう。

合わせて読みたい記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう