泡パックで美白ケア!洗顔と一緒に肌のくすみを解消

肌のくすみまで取り去ることのできる、泡パック洗顔をご存知でしょうか。普段使っている洗顔料を泡立て、それをパックのように付けてケアする美容法です。

洗顔のついでにできる気軽さと、高い美白効果が人気になっています。泡パック洗顔は、シミの改善も促します。愛用中の洗顔料で行うので、新しいパック用コスメを購入する必要がないのも嬉しいですね!

今回は泡パック洗顔の方法や効果について、詳しくご紹介していきます。

泡パックの効果

泡パックの効果を高めるポイントは、やはり泡のたて方です。キメの細かい泡をたっぷりとたてると、効果もアップしますよ。

泡パックの力で、普通に洗顔するよりパワーアップする効果を見ていきましょう。

シミ

泡パックは細やかな泡の力で、しっかりと毛穴の汚れまで取り除くことができます。またゴシゴシと刺激を与えることもないので、摩擦によるシミを作ることもありません。

毛穴にたまった汚れを取り除き肌のターンオーバーを正常化させるので、シミの改善にも効果的です。

美白

肌をゴシゴシとこする洗顔は、肌に刺激を与えメラニンの生成を引き起こします。メラニンはシミやくすみの原因となるため、刺激のない泡パックを続けることで美白効果が得られます。

泡の吸引力で毛穴の汚れをすっきり取り去るので、透明感のある美肌を目指せます。

泡パックやり方

1.泡立てる

洗顔料を泡立てて、弾力のあるキメ細かい泡を作ります。泡立てネットを使うと、ふわふわの泡を手早く作ることができますよ。

2.顔に泡を乗せていく

最初に皮脂分泌量の多いTゾーンから、泡を乗せていきます。そのまま顔全体に泡を広げ、泡をポンピングするように優しく押します。このとき泡を潰さないように気をつけましょう。

3.時間をおいてからすすぐ

30秒から1分ほどそのまま放置した後、ぬるま湯で優しく泡を洗い流して完了です。このとき長時間泡を肌にのせすぎないようにしてください。肌の乾燥を引き起こす可能性があります。

泡パックは、手を洗って清潔な状態で始めます。このひと手間で泡のたち方が大きく違ってきます。

洗顔料フォームを使う場合は、チューブに記載されている量をネットに出して泡を作ります。空気を入れながら行うと、モチモチの弾力のある泡が出来ます。

洗顔石鹸を使う場合は、ネットで包むようにして泡立てます。空気を混ぜ込むのを意識して行うと、弾力のある泡が出来上がります。

泡パックのメリット・デメリット

泡パックには、メリットだけではなくデメリットもあります。

メリット

キメ細かな泡が毛穴の奥の皮脂や汚れにまで、しっかりと洗浄成分を浸透させます。また保湿効果のある洗顔料を使えば、しっとりと潤いのある肌質に仕上がります。

デメリット

洗顔料によっては刺激が強すぎて、肌に負担となることがあります。アルカリ性の洗顔石鹸などは洗浄力が強いので、長時間パックし続けないよう肌にのせる時間にくれぐれも注意しましょう。

洗顔料の選び方

泡パックに使う洗顔料は、肌の負担とならない刺激の少ない成分のものを選びましょう。強い洗浄力を持ったものは肌に刺激となり、乾燥や赤みを引き起こす恐れもあります。

タイプ別メリットとデメリット

洗顔フォームにも様々なタイプがあり、それぞれにメリットとデメリットがあります。それらを知った上で、自分の好みに合ったものを選びましょう。

クリームタイプ

メリット

肌への刺激は少なめです。セラミドやヒアルロン酸などの美容成分が配合されているものが多いので、潤いや美白にも効果的です。

デメリット

低刺激なものが多く、洗浄力もそこまで高くはないので、毛穴汚れ解消などの即効性は弱めです。

クレイ(泥)タイプ

メリット

クレイの強い吸着力によって、毛穴の奥の汚れまでキレイに落ちます。クレイの持つ美白効果も期待ができます。

デメリット

クレイは洗浄力が強いので皮脂を取り過ぎてしまい、洗顔後にツッパリを感じるものが多いです。

炭酸成分の泡洗顔タイプ

メリット

炭酸成分は洗浄力が強いので、しっかりと汚れを取り去ることができます。毛穴の汚れやくすみの改善に即効性があり、心強い効果が期待できます。

デメリット

高い洗浄力が刺激となることがあります。敏感肌の人などは、肌トラブルを引き起こす恐れもあるので要注意です。

洗顔時の注意点

洗顔はお手入れの基本です。肌をゴシゴシとこする洗顔は、一番やってはいけない洗顔です。肌にダメージを与えてしまうので、刺激のない正しい洗顔方法を実践しましょう。

熱過ぎず冷た過ぎないぬるま湯が適温

洗顔のときに使う水は、冷たすぎないぬるま湯を使います。39~42℃前後が理想で、少しぬるいかなと感じる温度がベストです。

水が冷たすぎると、毛穴が閉じてしまうので洗浄成分が残ってしまう恐れがあります。また熱すぎると皮脂をきれいに取り去ってしまい、乾燥を招きます。

年齢を重ねた肌にはアンチエイジング効果があるものを

30代、40代の方には、アンチエイジング効果のあるコスメがおすすめです。年齢を重ねると、くすみや乾燥、毛穴の開きなど様々な肌トラブルが出てきてしまいます。毎日使うコスメで対策をとりましょう。

肌のくすみが気になったら泡パックで美白ケア!

肌のくすみが気になる場合や美白ケアをしたい場合は、泡パックがぴったりです。キメ細かい泡の力で、毛穴の奥の汚れまでしっかりと取り去ります。

美白ケアを始める場合、これまで行ってきた洗顔方法を見直すことも大切です。もしゴシゴシと顔をこすっていたのなら、それが肌のくすみやシミの原因となっている可能性もあります。

まずは正しい洗顔をマスターして、それからシミ改善効果のある化粧品を使い、美白ケアを徹底しましょう。

合わせて読みたい記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう