潰してはいけないニキビの特徴!絶対に触らずキレイに治そう

顔に出来たニキビは目立って恥ずかしいので、どうにかしたいものですよね。

自己流の処置として、潰して治りを早くするという方法があります。確かにニキビを潰せばポツンとした膨らみがなくなり、手っ取り早く治りそうですね。

しかしニキビを潰すと、悪化して跡が残るという話も耳にします。一体どちらが正しいのでしょう?

今回は潰して治してもいいニキビとダメなニキビの違いを知り、その方法についてご紹介していきます。

あなたのニキビはどんな状態?

ニキビは進行具合によって種類が分けられます。

まず皮脂や角質が毛穴に詰まってできた吹き出物を、白ニキビといいます。ニキビの初期段階です。この白ニキビが進行すると、皮脂が酸化して毛穴が黒く見える黒ニキビになります。

赤ニキビは赤く腫れあがった状態の吹き出物です。毛穴の中の皮脂や汚れをエサにして、アクネ菌が増殖し炎症を起こした状態です。痛みを感じることもあります。

そして赤ニキビが悪化すると、膿をもって黄色く見える黄ニキビになります。

白ニキビと黄ニキビは間違えやすいので要注意

白ニキビと黄ニキビはよく似ており、間違えやすいです。

初期段階の白ニキビとは違い、黄ニキビは進行の進んだ危険なニキビです。黄色の膿が見えるのが特徴なので、間違えないように注意しましょう。

ニキビは潰すと治りが早くなる?

ニキビを潰すと早く治るというのはニキビ全般に言える話ではありません。潰して早く治すことができるのは、白ニキビと黒ニキビだけなんです。

赤ニキビや黄ニキビまで症状が悪化している場合は、絶対に潰してはいけません。膿と一緒に血が混じることもあり、ニキビ跡が残ってしまうことが多いです。また膿を出しきれない場合が多く、余計に悪化してしまうので注意しましょう。

潰してもいいのは白ニキビ

白ニキビと黒ニキビは、毛穴の中で炎症が起こっていないニキビです。毛穴が皮脂や古い角栓で詰まっているだけなので、潰せばこの詰まりを取り除くことができます。

上手に潰せればニキビのふくらみもなくなり、赤ニキビへの進行も阻止できます。

もしニキビを潰してしまったら?

ニキビを潰すときに上手に潰せば問題ないのですが、もし上手に潰すことができなかった場合には問題が出てきます。

うまく潰せずに皮膚を傷つけてしまうと、アクネ菌など細菌が繁殖してしまいニキビが悪化してしまいます。患部が炎症し、ニキビ跡として残る可能性も高くなります。

またニキビを潰して跡ができた場合、肌がダメージを受けています。その部分だけターンオーバーが正常に機能しなくなることもあります。そうなるといつまでも跡が残ってしまいます。

ニキビの正しい潰し方

ニキビを潰そうと、手で押し出す方法は絶対にやめましょう。手の雑菌により、炎症を起こす可能性があります。

ニキビを潰すには、コメドプッシャーと呼ばれる専用の器具を準備します。コメドプッシャーを使うことで、最小限の刺激で潰すことができます。

まず消毒した針で、白ニキビの中心に少しだけ穴をあけます。その後コメドプッシャーでニキビの芯を押し出します。最後に消毒したガーゼで、一度だけ消毒しておきます。

・潰すタイミングは?

ニキビを潰すタイミングは、毛穴内部が炎症を起こしていない初期の段階です。白ニキビ、黒ニキビの段階に行うようにします。

赤ニキビ、黄ニキビまで悪化している場合は、肌トラブルが引き起こされるので止めておきましょう。

問題点はある?

自分でニキビを潰す場合、膿をだしきれないことがあります。膿が残っていると、その後患部で炎症が広がり悪化してしまいます。

また力の入れ具合などが悪く上手く潰せなかった場合、ニキビ跡となりいつまでも残ってしまう恐れもあります。

まずはニキビを作らないことが大事

ニキビは、まず作らないことを一番に考えます。

ニキビを作らないためには、洗顔が大切です。ニキビの元となる雑菌を繁殖させないように、いつも肌を清潔に保っておきましょう。洗顔は1日朝と夜の2回行い、清潔なタオルで拭き取るようにします。

洗顔後は、すぐに保湿をします。ニキビを作らないためには、乾燥対策が重要です。肌に潤いを与えて、肌バリア機能を高めましょう。

しっかりと睡眠時間をとって規則正しい生活を心がけることも、ニキビケアには大切です。

ニキビは潰す前に皮膚科に相談

ニキビを潰したことで悪化した場合は、皮膚科受診をおすすめします。その前に自己判断でニキビを潰す前に、皮膚科で診てもらった方が良いですね。膿が溜まってしまった赤ニキビや黄ニキビに対しても、適切な処置をしてくれます。

皮膚科でもニキビを潰す「面皰圧出」という治療が行われています。保険が適用される一般的な治療です。安全性もその後のケアもしっかりしているので、自分で行うより安心して行うことができるのではないでしょうか。

ニキビを潰すのにはリスクも!治すケアを心がけましょう

毛穴の内部で炎症が起きていない白ニキビや黒ニキビは、潰して治すことができます。しかし正しく潰さないとニキビが悪化し、跡が残ってしまうリスクもあります。

赤ニキビや黄ニキビのように症状が悪化しているものは、絶対に自分で潰さないようにしましょう。触るだけでも悪化するので、刺激を与えないように気をつけてください。

このような化膿した状態になるまで放置せず、初期段階のうちにニキビを治すと良いですね。規則正しい生活を心がけ、洗顔をして患部を清潔に保つだけで改善することもあります。

合わせて読みたい記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう