辛さがクセになる「マルちゃん やみつき屋 汁なし担々麺」1月23日に新発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

濃い味でやみつきになるラーメン「マルちゃん やみつき屋 汁なし担々麺」が、1月23日に新発売します。旨みと酸味のあるスープに、花椒とラー油の刺激のある辛さが特徴の”汁の無い”カップ麺です。コシのある角麺がスープによく合いまさに、やみつきになる美味しさです。

お好みで、卵黄を加えるとマイルドになり、違った味わいが楽しめます。内容量は144g(めん100g)、希望小売価格は205円(税抜)、コンビニやスーパー、小売店などで販売です。

汁なし担々麺のしびれる辛さがたまらない!

「マルちゃん やみつき屋 汁なし担々麺」は、旨みのあるチキンと黒酢のコクのある酸味に、ラー油と花椒油(かしょうゆ、華北山椒から作る香辛料で四川料理などによく使用される)のピリっとした、しびれるような刺激的な辛さの中にも、華やかな風味の感じられるスープに仕上げています。

2016年2月に発売した商品よりもさらに辛さをUPしていて、辛党にはたまらない一杯です。

汁なしスープにベストマッチな麺と具材

刺激的な辛さと酸味のスープに合わせる麺は、コシが強くて硬めの角麺を使っていて、食べ応えと程よい満足感があり、スープの味にもよくマッチします。具材には、味付ひき肉とねぎ・キャベツを入れ、コクがあってジューシーな味わいをプラスしています。ぜひとも麺とスープ、具材をよく絡めて絶妙なハーモニーを味わってみてください。

卵黄を入れるとまろやかな味に変身

「マルちゃん やみつき屋 汁なし担々麺」は、そのまま食べると、しびれるような刺激的な辛さと酸味を楽しむことが出来ますが、お好みで生卵の”卵黄”をのせて混ぜると、とろっとした食感と、まろやかさが出ます。

味の変化を楽しみたいという時や、辛さを抑えたいという人は試してみてはいかがでしょうか?半熟卵や煮卵なんかを乗せてもおいしくいただけそうです。この食べ方もやみつきになりそうですね。

一度食べるとやみつきになるラーメンとは?

「やみつき屋」シリーズは、「やみつきになるラーメン」をコンセプトに、「味濃いめ」にこだわって商品を開発しています。2016年8月には「やみつき屋 台湾まぜそば」、2016年6月には「やみつき屋 辛味噌キムチ」などを販売し、ラーメン好きをやみつきにしてきました。今後もどんな”やみつきラーメン”が登場するのか楽しみですね。

辛さを味わうもよし!卵黄を入れてもよし!

1月23日に新発売の「マルちゃん やみつき屋 汁なし担々麺」は、「味濃いめ」で「やみつきになるラーメン」をコンセプトに作られました。

チキンの旨みと黒酢の酸味のあるスープは、ラー油と花椒油のしびれるようなピリっとした、刺激的な辛さが特徴です。具材の、味付ひき肉や、コシの強めの硬い角麺とも相性抜群です。

お好みで、卵黄をのせればマイルドな味も楽しめます。内容量144g(めん100g)、希望小売価格205円(税抜)です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

ten − 9 =