お酒を飲むと立たなくなる原因とそうなった時の対処方法

年齢に関係なく、飲みすぎると肝心な時に役に立たないという声を聞いたことがありませんか?普段は問題ないのにお酒が入ると途端に使い物にならなくなる、少しの飲酒なら問題ないけれど飲みすぎるとすぐ萎えてしまうなど悩みは人それぞれです。

そんなお酒と勃起の関係性について解説します。改善方法についても紹介しますので大切な時は参考にしてくださいね。

お酒を飲んだ後で勃たなくなるのはなぜ?

お酒を飲みすぎた当日だけでなく、毎日飲んでいると習慣的にも影響を及ぼす場合があります。普段からお酒好きな方は立ちにくくなる可能性があるので注意が必要です。

また、お酒の種類はほとんど関係なく、アルコールの摂取量が関係してきます。それではお酒を飲んで勃たなくなるメカニズムを見ていきましょう。

脳の働きが鈍くなる

お酒を飲みすぎると楽しかったりふわふわ気持ち良い感じになりますよね。この状態は中枢神経が麻痺している状態です。中枢神経は勃起を促す神経も含まれている他、性欲や興奮が減少する恐れがあります。よって勃起しにくくなってしますのです。

性欲より眠気の方が勝ってしまう

お酒を飲むと普段とは違う部分も見えてきます。例えば笑い上戸になったり、ずっとハイテンションだったり、泣き上戸になったり、逆にすぐ眠くなってしまったり。

性欲は、睡眠欲に勝てませんので、お酒が入ると眠くなりがちという人は注意しましょう。

肝機能障害でバイアグラも飲めなくなる場合も

お酒を毎日飲んでいる人が注意したいのが肝機能です。肝臓の機能に障害を持ってしまうとED治療薬(バイアグラ、シアリスなど)を服用することができなくなります。

薬の代謝も肝臓が行うので、代謝が長引くと血中薬物濃度が高くなるというリスクから服用ができなくなります。軽度の肝機能障害であれば問題ないようですが、若いうちからお酒の飲みすぎには注意しましょう。

栄養素が足りなくなってしまう

アルコールの影響により不足する栄養素はビタミンやミネラルなど複数に渡りますが、この栄養素は精子を作る栄養素と非常に似ています。

そのため普段からお酒を飲んでいる人は精子量が減ってしまい、性欲が湧かなくなるということもあるのです。

肝臓機能低下はテストステロンの減少を引き起こす

テストステロンというのは男性ホルモンの一種で、精巣で大半のテストステロンが作られています。このホルモンは男性の活力の源とも言われ、男らしさや生殖機能、性欲の亢進などに影響を与えています。

テストステロンが減少することによって、性欲の減弱や勃起しにくくなるなどの問題につながります。

お酒を飲むと経たない場合はどう対処する?

記憶がなくなるほど飲みすぎたわけじゃないのに、やっぱり勃たない!そんな方も中にはいます。個人差があり、前述したように体内で分解できるアルコール量によって異なります。

逆に、アルコールが早く分解されれば良いのです。それでは、改善方法を見てみましょう。

まずは酒量やタバコを抑える

ほろ酔い状態であればおそらく問題はありませんが、大切な時はビール1杯程度に抑えるようにしましょう。いくら飲んでも変わらないという方も3杯程度にしておくのがオススメです。

また、お酒の席でタバコを吸う方も注意が必要です。タバコはアルコールと同じく栄養素を消費してしまったり、ニコチンが血流を悪くさせることで勃たなくなる可能性もあります。

ワインを飲むなら赤ワインに変更

ワイン好きの方に朗報です。赤ワインにはED薬と同じ役割を持つレスベラトロールというポリフェノールが含まれています。ED改善にも効果が期待できる成分なので、普段ワインを飲むという方は赤ワインをオススメします。

アルコールの分解を助けてくれる食事に

お酒が好きな方は、1杯に抑えるというのは辛いですよね。それならばアルコールの分解を助けてくれる栄養素を積極的に摂るようにしましょう。はっきり言って、居酒屋でバランスよく食事をしていれば補える栄養素です。普段お酒を飲む時に食事をしないという方は、少しでも食べるように心がけましょう。

アルコールを分解してくれるサプリを飲む

アルコールの分解を手助けしてくれるサプリメントを飲むのも一つの手です。二日酔いを防ぐ目的で販売されているものなどがオススメです。お酒が原因で勃たないかも…という状態になる前に服用しておきましょう。

ヘパリーゼやウコン、オルニチンやクルクミン、Lシステインが配合されたハイチオールCなどがアルコールとアセトアルデヒドの代謝を促進する効果が期待できますよ。

女性に見えない所で自分で立たせる

性欲の減少や脳の動きが鈍くなっていることでイチャイチャしているだけではうまく勃たないというときも、直接刺激を与えることで勃つことはあります。

女性に見えないように刺激をするという方法もありますが、やはりお酒が入っていると中折れしてしまう可能性もあるので気を付けましょう。

お酒の適量はどの程度?

お酒を飲みすぎると勃たなくなるからと言って、お酒が悪者というわけではありませんし、適量摂取するのであれば逆に体に良いこともあります。

もちろん個人差はありますが、厚生労働省によると1日平均20gほどと言われており、ビールなら500ml、日本酒なら1合、ワインなら180mlほどが適量と言われています。

お酒を飲んでいる時のバイアグラは要注意

ED治療薬とお酒を併用する際には注意が必要です。ED治療薬の種類によっては、血管を拡張させたり、お酒と併用することで効果が減少するものもあります。また、薬の効果で血管が拡張し、酔いやすくなったり脳貧血を引き起こす危険性もあります。

お酒はEDの原因になってしまうのか

前述したようにアルコールを毎日摂取することで肝機能障害やテストステロンの減少といったEDに繋がる現象も起こり得ます。

また、飲みすぎた後に勃たなかったという経験がプレッシャーになり、自信を失い、EDに繋がるという可能性はあります。

コンビニで売られている精力剤はどう

製品にもよりますが、有効成分が少なかったり含有量が低いわりに値段が高いといったものが多いです。

しかし効果があるかどうかはこちらも個人差があります。毎日飲むにはコスパも悪いですが、たまにお守り代わりで頼るのであれば良いのかもしれません。

立たない事が続くと

お酒を飲みすぎて勃たないことが続くと、今日も勃たないかもしれない…と不安になって普段から勃たない体質(ED)になる可能性もあります。また、勃ったとしても途中で中折れしたり射精まで至らないなどの問題も出てきます。

お酒がセックスにプラスの効果を発揮する事も

ここまでお酒が悪者のように記載していましたが、適量の飲酒が健康だけでなくセックスにも良い影響があります。

勃ちにくくなる=射精しにくくなるため、もともと早漏気味の人はお酒を飲むことで早漏を抑制することができるかもしれません。また、緊張しすぎて勃たないという人はお酒を飲むことで緊張感が和らぐこともありますよ。

お酒と上手に付き合ってセックスも楽しく

お酒を飲むと勃たないけれど、飲みすぎに注意すればむしろ良いこともあるということがわかりました。これからパートナーと飲みに行くときは、適量飲酒にする・アルコールの分解を助ける食事をする・休肝日を作るなど、将来も見据えて対応する必要がありますね。

お酒を飲むこと自体は悪いことではありませんが、飲み過ぎは勃起だけでなく体の健康も蝕んでしまいます。お酒とうまく付き合って楽しく過ごしましょう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう