グルコサミンやコンドロイチンに効果はあるの?

TVのCMなどでも膝の痛み・関節痛に!と良く聞くグルコサミンやコンドロイチンですが、実際には効果があるのでしょうか。

グルコサミンやコンドロイチンはもともと変形性膝関節症などの膝の痛みなどに効果があると言われている成分ですが、変形性膝関節症とは膝の軟骨がすり減ることで痛みが生じている状態です。

減ってしまった軟骨をサプリメントで元に戻すことができるのでしょうか?それとも何らかの形で痛みを取り除くのでしょうか?今回は、そんなグルコサミンやコンドロイチンの期待できる効果について解説します。

グルコサミンとコンドロイチンの違い

そもそもグルコサミンとコンドロイチンとはどのような成分なのか、成分名を聞いたことがある方も詳しくは知らないということも。まず、グルコサミンとコンドロイチンの成分や二つの違いについて説明します。

グルコサミン

グルコサミンは軟骨を構成している基礎となる成分です。エビやカニなどの甲殻類から得られる成分で、アミノ糖の一種であり、軟骨の生成・修復・強化を促す働きがあります。

コンドロイチン

コンドロイチンは実はグルコサミンから作られているムコ多糖類の一種です。軟骨に水分と栄養を運ぶ役割を持ち、弾力性を維持する効能があります。サメの軟骨やうなぎなどに含まれている成分です。

両方摂るのが理想

コンドロイチンがグルコサミンから作られるのであれば、グルコサミンだけ摂取すれば良いのでは?と思う方もいらっしゃるかもしれません。

しかし2つの働きを見てみると、グルコサミンが軟骨の修復や再生をし、コンドロイチンが軟骨に栄養を与え破壊されるのを抑制するといったように両方の成分が存在していることでうまく関節や軟骨の動きが成り立つのです。

よって、グルコサミンだけではなく、コンドロイチンを同時に摂取することで効率が良く両方の成分量が増して軟骨の健康保持に役立つと期待されているのです。

グルコサミンやコンドロイチンが関節痛に効くと言われているけど

グルコサミンとコンドロイチンの特徴について説明しましたが、関節の痛みに効くと言われている理由がわかりましたでしょうか。そこで今回の最大の疑問ですが、両方の成分は果たして関節の痛みの原因(軟骨のすり減り)にピンポイントで効くのでしょうか?

グルコサミン・コンドロイチンには、市販されているサプリメントと医薬品がありますが、実際コンドロイチンが医療現場で使用されているのは直接患部に使える注射薬のみ。

それもそのはず、成分の効能としては健康維持に役立つものばかりですが、経口摂取では体内で分解されてしまいます。医学的に見ても、グルコサミンやコンドロイチンの経口投与は意味がないという医師が多いようです。

しかし、効果があったという実験結果もあることから、「完全に効果がない」とは証明されていないのです。

塗るグルコサミンの効果は?

経口投与で体内で分解されてしまうのであれば、痛い膝に直接塗るグルコサミンはどうでしょうか?痛みの原因は軟骨で体内にありますが、実はグルコサミンは肌から浸透しないので、効果はないと言えるでしょう。

ただし塗るグルコサミンに配合されている温感成分が患部を温め、痛みを和らげることはできるようですね。

軟骨に届かないと効果なし?

前述したように、グルコサミンやコンドロイチンは経口摂取では体内で分解されてしまいます。もしも分解されずに血液中に流れていったとしても、実は軟骨には血管が通っていないので、血液から栄養が届くということは考えられません。

ただし軟骨部位に届けば効果は期待できることから、医療現場では注射薬としてコンドロイチンが使用されているのですね。

グルコサミンやコンドロイチンは再合成されない?

誰もが一度は耳にしたことがあるグルコサミンとコンドロイチンですが、効果が期待できない理由としては、体内に入って分解された後、再び体の中で再合成されることは考えにくいと言われているからです。

また、前に問いましたがやはり科学的に考えて、グルコサミンとコンドロイチンを摂取しても確実に患部に届くとは限らないのです。

他にも海外の研究では、変形性膝関節症ハイリスクである肥満の中年女性に、2.5年間グルコサミン摂取させたところ、発症の予防は証明されなかったなど、グルコサミンの効果がないという研究結果も発表されています。

研究結果は別としても、中には効果を感じたという患者もいるのが現実です。医師の中にはプラセボ効果で痛みを感じなくなる人もいるという声もあるほどで、全く効果がないと言い切ることはできないのかもしれません。

論文や学会の歯票に騙されないで

学会で紹介された・発表されたというキャッチコピーを耳にすることも多いですが、実は日本では誰が学会と名乗っても罰せられることはありません。

人数が少なくても、企業でも、学会を作ることはできますし、そこで論文を発表すればキャッチコピーとして使うこともできますよね。

サプリメントの効果は?

医薬品よりも効果が薄いとされるサプリメントですから、これまでの説明を読んでいただければわかるように、効果は期待しない方が良い…といえるでしょう。サプリメントの中にはグルコサミン含有量がとても少ない商品も多く存在しているのが現実です。

なぜそのようなことが起きてしまうかというと、サプリメントは健康食品であり医薬品ではないため内容量と表示が異なっていても注意されるだけで罰せられることはないのです。

太っている人は体重を落として

変形性膝関節症の方、予防したいという方はまず体重を落としましょう。太っている人は体重を減少させることで膝への負担が少なくなり、さらに膝の筋力をあげることによって膝を支える筋力がつき痛みを和らげたり痛みにくい膝を作ることができます。

ウォーキングやストレッチなどで、膝に負担をかけないよう全身適度な運動をすることで血行がよくなり関節や軟骨などの栄養状態もよくなります。膝が痛いと運動不足になりがちですが、無理なく行うようにしましょう。

自分で判断せず医師に相談しよう

グルコサミンやコンドロイチンの効果については、結局あまり効果が期待できないという回答になります。痛みに悩んでいるのであれば、市販されているサプリメントなどに頼らず、医師に相談するようにしましょう。

直接医師に相談することで安心できますし、保険診療なので経済的でもあります。グルコサミンやコンドロイチンを進めているCMやネット情報は商品を売るための情報ですので、信頼できる医師を見つけ相談することをお勧めします。

合わせて読みたい記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう