モテる男性が無意識に行っている女性に好感をもたれる行動3つ

女性は女性扱いされたいもの

性格がサバサバした女性も、見た目がボーイッシュな女性も、心の底では女性扱いされることを望んでいます。

モテる男性は、無意識のうちにそれを理解した上での行動をとっているものです。その行動は誰にでもできるものですが、それをしない男性はとても多いのです。

女性経験は関係ない

「女性経験がないから女性扱いが下手なんだ」と思い込まれがちですが、その考え方は捨てましょう。

女性慣れしていなくても、女性に好感もたれる行動はとれます。キザなことをするわけではありません。ちょっとした心がけでできることです。

では、どんな行動をとればいいのか?見ていきましょう。

①他の女性の容姿を褒めるような話題は出さない

少し考えれば分かることだと思いますが、女性に対し、「○○ちゃん可愛いよね」なんて話をするのはやめましょう。

言った側は特に何も考えていなくても、言われた女性からすれば、「女として見られていないんだろうな」と感じるものです。また、女性からすれば、どう反応するのが正解なのか難しい話題でもあります。つまり、「無神経で面倒くさい男」と認定されかねないということです。

そのような話題は男同士でとどめておきましょう。

②ソファと椅子がある席ではソファ側を勧める

飲食店に行ったときのことです。座りやすいほうを勧められることは、女性にとってはとても嬉しいことです。

私はもともとそんなことは気にしていませんでしたが、あるとき、モテる男性は当たり前にそれをしていることに気づきました。そして、私自身いちいち喜びを感じていたのです。

女性側がそれを強く求めているということではありません。ただ、それをしてもらえると「女性扱いされている」という印象を受け、つい相手に好感をもってしまうのです。

③荷物を持ってあげる

これは、彼女のバッグを持ってあげるということではありません。そこまでする必要はありません。

一緒に買い物に行ったりしたときに、その荷物を持ってあげるということです。重たいものや大きなものを当たり前のように持ってくれると、女性はとても嬉しく感じます。その心遣いが嬉しいのです。

ちょっとした行動で女性からの印象はガラリと変わる

いかがだったでしょうか?どれも大それた行動ではなかったと思います。

このようなちょっとした行動をとられることで、今までなんとも思っていなかった男性に好感を持つようになる、ということは本当によくある話なのです。

「どうせ俺はモテないんだ…」と卑下する前に、これまでの話を参考に、少し行動してみてください。ちょっとした心がけ一つで、女性から見たあなたの印象が変わっていきますよ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう