四季物語「鴨だし醤油らーめん」「しょうが味玉子とじうどん」が1月16日より新発売

2017年1月16日にマルチャンから、四季物語「鴨だし醤油らーめん」と「しょうが味玉子とじうどん」が冬限定で発売されます。7年目を迎えた四季物語シリーズは、日本の四季をカップ麺で味わってもらおうと考え作られました。

冬の旬食材、鴨を使った「鴨だし醤油らーめん」は、醤油と鴨ダシのスープに、麺は太麺を使用し、生姜を使った「しょうが味玉子とじうどん」はかつおを昆布のダシに生姜を利かせたスープ、どちらも旬の旨みが感じられます。

旨みが詰まった「鴨だし醤油らーめん」

マルチャン四季物語「鴨だし醤油らーめん」は、冬が旬の鴨ダシをベースにしたスープに、コクのある醤油、しいたけの旨みを加えて、上品ななかにもコクや旨み、濃厚さを感じられる仕上がりになっています。

一味唐辛子のピリっとした辛みも、全体にシャープさをプラスしてくれています。濃厚な味の食べ物が恋しくなる、寒い冬の季節にぴったりな”旬の旨みがぎゅっと詰まった”一品です。

麺や具材にも美味しい工夫があります

「鴨だし醤油らーめん」は、鴨ダシの醤油スープがよく絡むように、麺は太麺を使っています。めんの重量は55gと標準的ですが、食べごたえを感じられそうです。また、かやくには、ラーメン定番のなると・ねぎの他に「鶏だんご」が入っているのが特徴です。鶏だんごからもダシが出て食べている途中も、どんどんおいしさが増しそうですね。

ダシが決め手「しょうが味玉子とじうどん」

「しょうが味玉子とじうどん」は、昆布とかつおでダシを取ったつゆに、生姜を入れてとろみのついたスープに仕上げています。ふわふわの卵・味付鶏挽肉・ねぎ・かに風味のかまぼこの具材が入り、麺はコシのあるうどんを使っています。

うどんに、おつゆと具材が辛み、つるっと口当たり良く食べられます。ダシ文化の日本ならではの、冬を感じられるおつゆは、最後まで飲み干したくなる一杯です。

季節感を感じられるパッケージも注目

マルチャン四季物語「鴨だし醤油らーめん」「しょうが味玉子とじうどん」は、日本の四季をイメージした器にもこだわりが見られます。「鴨だし醤油らーめん」は白い椿、「しょうが味玉子とじうどん」は赤い椿をデザインし雪の結晶を降らすことで、より冬っぽさが出ています。食べる前に器もじっくり見て楽しんでみてください。

カップ麺で季節を舌で感じましょう

マルチャン四季物語「鴨だし醤油らーめん」と「しょうが味玉子とじうどん」は、2017年1月16日に全国のコンビニやスーパー、小売店などで、冬の季節限定で新発売されます。

上品な鴨ダシと濃厚な醤油スープが特徴の「鴨だし醤油らーめん」と昆布・かつおの旨みと生姜の利いた「しょうが味玉子とじうどん」は、どちらも内容量71g(麺55g)、希望小売価格180円(税抜き)です。

合わせて読みたい記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう