ニキビ肌のクレンジング方法!しっかり落として毛穴スッキリ

女性は毎日するスキンケアですが、どんなお肌の状態でも同じようにスキンケアをしていませんか?今の洗顔方法が、肌荒れやニキビの原因になっているかもしれません。

もしもスキンケアが肌荒れの原因になっているとしたら、スキンケアを見直すだけで美肌に一歩近づくことができますね。正しいスキンケアで、スッキリ毛穴を目指しましょう。

大人ニキビを早く治すにはクレンジングが重要

ニキビを予防・改善するには正しいクレンジングをすることが大切です。大人の女性なら誰もが行うメイク落としですが、このやり方を間違えるとニキビができてしまうことも…!

さらに今あるニキビやニキビ痕が悪化してしまうこともあります。ただメイクが落ちれば良いわけではない、正しいクレンジング方法をお伝えします!

正しいクレンジングを覚えよう

それでは、正しいクレンジング方法を紹介します。クレンジング剤は商品の裏側に書いてある適量(パール1粒大など)の半分を手のひらにとります。

Tゾーンにクレンジング剤をのせ、指の腹で優しくメイクと馴染ませます。その後残りのクレンジング剤(半量)を頬などに馴染ませます。

最後に目元や口元など、皮膚の薄い箇所に優しく馴染ませます。顔全体にクレンジング剤が行き渡ったら、ぬるま湯で洗い流していきます。熱すぎたり、冷たい水は汚れが落ちにくいのでNG。あくまでも、顔にのせたメイクを落とすという感覚です。

ニキビがある肌のクレンジング方法

ニキビがある場合はクレンジングにも気を使ってしまいますよね。しかし、肌を傷つけないように気をつけるだけで、上記の正しいクレンジング方法を行えばOKです。

ニキビやニキビの原因の毛穴汚れを落とすために、洗浄力の高いものを選ぶと、肌荒れの原因にもなりかねません。肌に負担が少ないミルクタイプやジェルタイプなどのクレンジング剤を選ぶのもオススメですよ。

クレンジング後のスキンケアも丁寧に

クレンジングでメイクを落とし、洗顔で汚れを落とした後は、しっかり保湿することが大切です。クレンジングで油分が過剰に奪われ、乾燥してしまっていることもあるので、化粧水はたっぷり顔全体に浸透させましょう。

また、クリームや乳液はベタベタするほどつけなくてもOK。肌の水分が逃げないように蓋をするためなので、薄く全体に塗りましょう。

自分に合ったクレンジング剤はどう選ぶ?

人によって肌質が違うように、クレンジング剤も自分に合ったものを使うことが大切です。しかし、どのようにして選べば良いか悩む方も多いのではないでしょうか。

ニキビ肌でお悩みの方は、ニキビがあっても使えるものや低刺激性であるものを選ぶようにしましょう。毛穴の汚れをしっかり落とすために、クレンジング力のあるものを選んでしまうと皮脂まで落とされて乾燥肌になってしまうことも。

乾燥するとまた皮脂が過剰分泌し、悪循環に陥ってしまいます。肌に優しいクレンジング剤を選んでくださいね。

クレンジングの種類と特徴

肌に優しいもの、といってもクレンジング剤は種類も様々です。種類によって特徴も変わってきますので、ポイントメイクと頬などは違うクレンジングを使うのもOK。

普段はオイルタイプ、旅行の時はシートタイプなど特徴によって使い分けてみてくださいね。

ウォーター

ウォータータイプはオイルフリーなど油分が少ないものが多いので、マツエクなどをしている人にも使うことができます。また、皮脂が過剰分泌していてオイルフリーが良い場合などに使えます。

ただしウォータータイプはコットンに含ませて拭き取るので、肌を擦ってニキビなどを傷つけてしまう可能性もあります。

シート

シートタイプは旅行や疲れて帰ってきた時などにささっと使うことができるアイテムです。コンビニでも手軽に購入できるので、出先でとても便利ですよね。

クレンジングシートに関してはクレンジング力は製品によって異なると言えますが、擦って落とすため肌にはかなり負担がかかります。出来れば緊急時のアイテムとしてうまく使うようにしましょう。

ミルク

滑らかなテクスチャで比較的肌負担も少ないのがミルクタイプのクレンジングです。乾燥肌の方でも使いやすいですが、洗浄力はそこまで高くありません。

濃いアイメイクなどにはポイントメイク落としを使用して、肌荒れなどがきになる箇所にはミルククレンジングを使用するなど併用するのがオススメです。

オイル

オイルタイプのクレンジング剤は洗浄力が高いため、皮脂を取り過ぎてしまいがち。乾燥肌の方は注意が必要です。オイルタイプを使用している場合は、洗顔後の保湿を入念に行うようにしましょう。

オイルクレンジングでオススメなのが、ベビーオイルクレンジングです。ベビーオイルは赤ちゃんでも使えること・肌の保湿ができることから、皮脂を取り除くことはありません。

使い方は簡単で、前述した正しいクレンジング方法を行った後ティッシュオフしてから洗顔するだけ。顔の乾燥が気になる方にオススメです。

クリーム

油分が含まれているため洗い上がりがしっとり感じるクリームタイプは、手のひらで温めてから、前述した正しいクレンジング方法を取るようにしてください。

クリームタイプは肌に残りやすく、拭き取りor洗い流しの後にしっかり洗顔料で落とす必要があります。肌に残ってしまうとニキビの原因になりかねませんので、注意が必要です。

ジェル

ジェルタイプのクレンジングは肌馴染みが良く、摩擦による刺激が少ないことからニキビで悩む方にもオススメです。

ジェルタイプを使用する際には、クリームタイプと同じでジェルを手で温めてから使用するようにしてください。温めてから使用することでジェルの油分が表面に現れてメイクと馴染んで浮かせて落とすことができる仕組みです。

肌を温めながら洗浄する、ホットクレンジングジェルなどもありW洗顔不要のものも販売されているので肌への刺激を抑えたい方にはオススメですよ。

正しいクレンジングで肌トラブルとサヨナラしよう!

クレンジング剤は様々な種類がありますが、どれが自分に合っているのか全てを試すことはできません。自分の肌質やメイクに合わせて洗浄力の強いものか、低刺激のものか、選ぶようにしましょう。

ニキビなどの肌トラブルが気になる方は、ジェルタイプやミルクタイプなどの低刺激の製品がオススメです。スッキリ毛穴を目指して、正しいクレンジングを行いましょう!

合わせて読みたい記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう