ドライフルーツは美肌に効果あり!栄養や健康にもおすすめ

ドライフルーツ栄養素は、生のフルーツを乾燥させることで、ギュッと濃く凝縮されています。ドライフルーツはまさに、自然が生んだサプリメントです。

今回はドライフルーツの効果を詳しくご紹介します。

ドライフルーツの効果

生のフルーツはビタミンやミネラル、そして酵素が多く含まれ、健康や美容に良い効果をもたらします。生のフルーツを乾燥させたドライフルーツには、さらに優れた効果が現れるんです。

生のフルーツの水分を蒸発させても、ほとんどの栄養素は壊れることなく小さく凝縮されます。同じ体積で比較すると、ドライフルーツは生のフルーツの3~10倍の栄養素を含んでいると言われるほどです。

つまりドライフルーツは生のフルーツより、少ない量でより大きな美容・健康効果を得ることができます。

ドライフルーツに含まれる成分にはこんな効果が

ドライフルーツに含まれる成分は、カリウムや鉄、マグネシウム、カルシウム、亜鉛、銅、リンなどのミネラル類です。体の機能維持に欠かせないミネラル類も凝縮されるので、効率よく摂取できます。

また食物繊維も豊富で、ドライフルーツの食物繊維は水溶性と不溶性がバランス良く含まれています。不溶性食物繊維は便秘解消や整腸作用があり、水溶性食物繊維は血糖値を抑える作用があります。

そして最後に抗酸化物質も豊富です。アンチエイジング効果が高く、老化を防ぎます。

抗酸化作用

ドライフルーツにすると、普段は捨てる皮や種まで食べることができます。実はフルーツは、この皮や種にたくさんの栄養を蓄えているんです。

ポリフェノールなどの抗酸化物質もここに多く含まれているので、効率よく栄養を摂取できるのは嬉しいですね。

目的別ドライフルーツの選び方

ドライブルーツは元々甘いフルーツを凝縮しているので、糖度はさらに高くなります。バナナの100gあたりのカロリーを見ると、生が86kcalなのに対してドライバナナは287kcalとかなりアップしています。砂糖未使用のものを選ぶとダイエットにも良いです。

それでは、目的別ドライフルーツの選び方をご紹介していきます!

ダイエット

ダイエットの大敵、便秘解消効果のある食物繊維が豊富に含まれているものを選びましょう。ドライフルーツの独特の弾力はしっかりと噛む必要があり、満腹感を得やすく腹持ちも良いので、間食にもぴったりです。

ダイエットにおすすめのドライフルーツ

バナナ

ドライバナナにすることで食物繊維が7倍になると言われています。

アプリコット

糖質が少なく、エネルギー代謝を促すビタミンBも多く含みます。

美肌

美肌には、肌のターンオーバーを促しデトックス効果のあるビタミンAが豊富なものを選びます。ビタミンEを含んだものはシワやシミを予防し、美肌に整えてくれますよ。肌荒れ予防にはビタミンCがおすすめ。

黄色いフルーツには美肌に効くものが多いそうですよ。

美肌におすすめのドライフルーツ

マンゴー

美肌に良いビタミンA、C、Eを全て含んだ優秀な美肌効果のあるドライフルーツです。

ドライブルーベリー

ビタミンAを含みます

キウイ、レモン、柿

ビタミンCを含みます。

冷え性

ドライフルーツは、生のフルーツの水分を飛ばしているため冷えを防止し、体を温める作用があります。

冷え性におすすめのドライフルーツ

アンズ
体を温める効果があります。冷え性で血液の循環がよくない人も、アンズの作用で改善していきます。

アンチエイジング

アンチエイジングは、抗酸化物質が豊富に含まれているものを選びましょう。老化を遅らせてくれます。

アンチエイジングにおすすめのドライフルーツ

クランベリー、アプリコット

ポリフェノールの一種の天然色素、アントシアンを豊富に含みます。アントシアンは強力な抗酸化作用をもち、むくみや肌荒れを予防して体の中から若々しく保つことができます。

貧血

貧血には、鉄分を多く含むドライフルーツを選びましょう。一緒にビタミンCをとると、鉄分の吸収を助けてくれます。

貧血におすすめのドライフルーツ

プルーン

鉄分を多く含みます。

マンゴー

造血ビタミンと称されるビタミンBの一種である葉酸を多く含みます。

疲労回復

疲労回復には、クエン酸の含まれたドライフルーツを選びます。ビタミンCもリラックス効果をもたらすのでおすすめですよ。

疲労回復におすすめのドライフルーツ

グレープフルーツ、レモン

クエン酸とビタミンCを共に含みます。

眼精疲労

眼精疲労には、アントシアニンが含まれているドライフルーツがおすすめです。アントシアニンは眼精疲労を和らげ、視力を改善する効果が期待できます。

眼精疲労におすすめのドライフルーツ

ブルーベリー、プルーン

アントシアニンを豊富に含みます。

ドライフルーツのお手軽アレンジレシピ

そのまま食べても美味しいドライフルーツですが、ちょっとアレンジを加えるだけでさらに美味しくなります。食生活に取り入れるには、飽きがこないよう一工夫することが大切です!

お手軽にできるものは、ドライフルーツを刻んでシリアルやヨーグルトに入れるというアレンジです。とっても簡単なのに、いつもの味がグンと美味しくなります!

紅茶の茶葉に加えてお湯を注ぐ、フルーツティーもおすすめ。紅茶に栄養素が溶け込んで美味しく飲めますよ。

ドライフルーツはいつ食べればいいの?

生のフルーツは、酵素を効果的にとりいれるために、午前中か食前にとるのがいいとされています。しかしドライフルーツには、ほとんど酵素は残っていません。

ドライフルーツで美肌を目指す方は、いつ食べても大丈夫です。

ダイエットを併せて行う方は、ドライフルーツは満腹感を得ることから、食前がおすすめです。しっかり噛む事で空腹が抑えられ、過食防止につながります。

ドライフルーツの食べ過ぎはよくない

ドライフルーツが栄養満点だからと言って、食べ過ぎは良くありません。カロリーが高いので太ってしまいます。

1日の摂取量としては、だいたい片手ですくって1杯分程度に抑えておきましょう。

ドライフルーツを美味しく食べて美肌を手に入れましょう

栄養満点のドライフルーツは、美肌を目指す人にぴったりです。

美肌にはビタミンAやビタミンC、ビタミンEが含まれるドライフルーツがおすすめです。特にドライマンゴーはこの3種のビタミンが全て含まれ、優秀な美肌食品です。

ドライフルーツを買うときは、保存料や砂糖が使われていないものを選びましょう。カロリーが高いので、食べ過ぎにも注意してくださいね。

ドライフルーツを美味しく食べて、シミやシワのない美肌を目指しましょう。

合わせて読みたい記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう