セラミド配合化粧品に保湿効果を期待してもいいのか確かめてみました!

抜群の保湿力を持つセラミド配合化粧品が今人気です。美肌のために保湿を重視する人はもちろん、乾燥肌、敏感肌の方にも選ばれている優秀コスメです。

しかしセラミドと言っても様々な種類があり、どのタイプのセラミドが配合されているかによって効果も違ってきます。肌の潤いをキープしてくれるのは知っていても、セラミドという成分についてはよく分からない人も多いと思います。

今回はセラミドについて詳しく調べて、本当にセラミド配合化粧品の保湿効果に期待できるのかを確かめていきます!

セラミドについて詳しく知る

セラミドは本来、肌表面の角質層に存在し、細胞間で水分や油分をためているスポンジのような役割を果たしています。セラミドの種類にどんなものがあるのか、見ていきましょう。

ヒト型セラミドとは

ヒト型セラミドとは、酵母を利用して人工的に作られたバイオセラミドです。人の角質層内部のセラミドとほとんど同じ構造を持っているので、浸透力や保湿力に優れています。

最近では人型セラミドの粒子をナノ化させ、さらに角質層のすみずみまで潤いを届けることに成功したヒト型ナノセラミドも注目されています。

セラミドの種類

化粧品に配合されるセラミドには、次の4種類があります。

天然セラミド

馬や豚など動物の脳やせき髄から抽出したものです。肌への浸透率と親和力が非常に優れているが、かなり高価です。

ヒト型セラミド

酵母を利用して生成します。人の皮膚内のセラミドとほぼ同じ化学構造で作られるので、刺激が少なく肌に優しいという特長があります。浸透率と親和力に優れています。

植物性セラミド

米ぬかや小麦胚芽などから抽出した植物由来のものです。

合成セラミド

石油原料から合成されたものです。安価なので多くの化粧品に使われているが、他のセラミドに比べたら効果は薄いとされます。

加齢

若い人の肌にはセラミドがたっぷりと含まれているので、みずみずしく潤っています。

しかしセラミドは、加齢に伴って減少していきます。年をとるにつれて潤いがなくなっていき、肌はかさつきます。

セラミドは乾燥に悩む人におすすめの成分

セラミドは乾燥肌におすすめの成分です。セラミドのどのような性質が肌のかさつきに良いのでしょうか。

乾燥

肌の乾燥に悩まされている人は、角質層の肌バリア機能が低下している可能性があります。肌バリア機能が低下すると角質層が乾いてスカスカの状態になるため、肌内部の水分が保持されず蒸発します。

角質層の乾燥は、シミやシワ、たるみなどの原因になるので注意したいですね。肌トラブルの原因になるバリア機能の低下を防ぐため、不足した角質層のセラミドを化粧品で補充してあげましょう。

保湿

乾燥肌の保湿ケアに欠かせないのがセラミドです。ここでセラミド化粧品を使うコツは、乾燥の深刻度でセラミド化粧品を選ぶということです。

乾燥がひどい場合には、高い保湿力が魅力のヒト型セラミドがおすすめです。価格は高いですが、しっかりと角質層に潤いを与えてくれますよ

かなりの乾燥肌に悩まされている方は、ヒト型セラミドに続く保湿力を誇る天然セラミドの原液タイプという選択もあります。

セラミド配合の化粧水やクリームがカギ

セラミド配合の化粧品はできるだけラインをそろえて使用し、続けられる価格のものを選ぶようにしましょう。

セラミド化粧品の保湿効果を確実に得るために、正しい使い方でケアを続けることが大切です。

セラミド配合化粧水

セラミド配合化粧水は配合量をチェックして多いものを選びましょう。ヒト型セラミドだと特に、高い保湿機能があります。

セラミド配合化粧品は、しっかりと浸透させることがポイントです。正しい付け方は、化粧水を肌に伸ばした後に、手のひらで頬を密着させるように包み込んで3秒ほどなじませます。目頭、鼻筋、口元も同じように手のひらで包こみ、その後おでこ、あごと続きます。

手のひらに肌が吸い付いてくるような感じになるとOKです。

セラミド配合クリーム

セラミド配合のクリームを選ぶときは、ヒアルロン酸やコラーゲンなどの保湿成分が一緒に配合しているものを選ぶとより潤いがアップします。化粧水と同ラインの購入が理想です。ただし使い続けることのできる価格であることが大切です。

セラミド配合クリームの正しい使い方は、適量を手に取りハンドプレスでしっかりとなじませていきます。特に目元や口元など乾燥しやすい部分は、重ね付けをして肌を守りましょう。

セラミド配合化粧品を選ぶ時に注意しておきたい事

セラミド配合化粧品は、保湿力に優れていますが、価格も高価なものが多いです。選ぶときに価格ばかりに気にとられていると、効果が高くない合成セラミドの化粧品だったということもあるので要注意です。

やはり乾燥でお悩みの方には、ヒト型セラミド配合で肌に優しく保湿力も高いものの方がおすすめです。ヒト型セラミドかどうかは成分表示を見たときに、セラミド1、セラミド2のようにセラミド+数字であるどうかをチェックしましょう。

食べ物でセラミドを摂取する

セラミドを多く含む食品は米、小麦、大豆、こんにゃくイモなどがあります。また黒豆、わかめ、そば、コーヒー、紅茶、黒胡椒などの黒色の食品にも多いです。

油やマーガリン、インスタント食品などに含まれるリノール酸はセラミドを減らしてしまうので、要注意です。

乾燥にお悩みの方には、ヒト型セラミド配合化粧品がおすすめ

セラミド配合の化粧品は、一般の化粧品よりも優れた保湿力があります。ヒト型セラミドでしたら、元々人の角質層に存在するセラミドと似た化学構造で作られているので、肌なじみも良いです。

ヒト型セラミド配合化粧品を選ぶときは、パッケージの成分表示をチェックして「セラミド+数字」のものを選ぶと分かりやすいです。高価ですが一般的な保湿剤よりも優れた保湿力があるので、乾燥肌に悩んでいる人は一度試してみてはいかがでしょうか?

合わせて読みたい記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう