子供のそばかすの原因と対策!先天性か後天性かで違うケア

お子さんの顔にそばかすが出来ると、親としては心配ですよね。

子供のそばかすの原因は、親からの遺伝が関係します。一方で大人のそばかすは紫外線を浴びることによってできるシミの類です。全く違うものなので、大人のそばかすと同じケアをしても効果はありません。

そこで今回は、子供のそばかすの原因と対策について詳しくご紹介していきます。

子供のそばかすが出来るのはなぜ?

子供のそばかすは、幼少期に発症し、思春期に目立つようになります。

そばかすの特徴として色白の人が発症することが多く、欧米の子供たちによく見られます。これは色白の人は紫外線に対する防御機能が強いので、そばかすが出来やすい傾向にあると考えられています。

そばかすの種類

そばかすの種類は先天性と後天性の大きく2つに分けることができます。それぞれの特徴を見ていきましょう。

先天性

先天性のそばかすは、幼少期に発症し思春期に最も濃くなります。思春期が過ぎる頃に自然と薄くなることもあります。

遺伝によるもので、色白の人に現れやすいです。

後天性

大人になってできる後天性のそばかすは遺伝とは関係なく、紫外線や日常生活の乱れが原因となります。きちんとケアをしないと放っておくと悪化し、色が濃くなっていきます。

そばかすの種類やシミとの違いは?

シミはニキビなどの炎症の痕や紫外線ダメージの蓄積、加齢などによって、メラニン色素が増えた状態をいいます。ホルモンバランスの乱れによってできる肝斑も、シミのひとつですね。

一方のそばかすは、正式には雀卵斑といいます。シミよりも小さく、鼻の周りと頬に出来きやすいという特長があります。紫外線を浴びるコトで濃くなり、加齢に伴い薄くなることもあります。

原因や特徴は異なりますが、どちらも紫外線の影響によるメラニン生成が関係しています。

子供にそばかすが出来る原因と対策

子供のそばかすは、思春期が過ぎた頃には薄くなり消えることがほとんどとは言っても、やはり早くどうにかしてあげたいもの。

先天性の子供のそばかすの原因別の対策をご紹介していきます。

遺伝

子供のそばかすの根本的な原因は、遺伝的要素が強いです。親兄弟などに共通していることも多いのではないでしょうか。

特に色白の子に多く見られ、そばかすができやすい体質が遺伝していると考えられています。

対策

遺伝を原因とするそばかすは自分でのケアは難しいです。

美容外科や皮膚科などのシミ取りレーザーは、年齢制限はないようですが、実際にやるかどうかは保護者と本人の希望だけではなく、医師の判断が大きいところでしょうね。

ちなみに20歳以降でしたら、シミ取りレーザーは自己責任でできるようになります。

肌に刺激を与えている

子供の皮膚は薄くとってもデリケートです。お風呂に入ったときや上がったときに、タオルでゴシゴシとこするのはNGです。

刺激を受けたことで、そばかすの原因となるメラニン色素が作られやすくなります。

対策

子供の身体を洗うときは、できるだけ刺激を与えないように優しく洗いましょう。洗うスポンジも刺激のないソフトタイプを選んでくださいね。

入浴後の拭き上げには、肌に優しい繊維のタオルを使うと安心です。

寝不足

夜遅くまでテレビを見たり遊んだり、夜更かしをする子も多いですね。寝不足だって、そばかすの原因になります。

寝不足はお肌のターンオーバーを妨げるので、メラニンが定着しやすくなります。

対策

子供の寝る時間をきちんと決めて、毎日きちんと寝る習慣をつけてあげることが大切です。親の都合に合わせて、夜更かしをさせないようにしましょう。

寝る前にテレビを見せたりゲームをさせたりすると、脳が興奮して眠れなくなります。寝る前の電子機器の使用はやめさせましょう。

偏った食生活

子供に多い好き嫌いもそばかすの原因となるので、注意が必要です。特にビタミンCやビタミンEが不足すると、メラニンが定着しやすくなります。

対策

子供が食べてくれるようメニューを工夫し、栄養バランスのとれた献立を考えましょう。大人と違って成長段階の子供は、摂った栄養が身長の伸びや肌の形成に繋がるので食事は大切です。

好き嫌いがあってどうしても栄養バランスが悪くなってしまう場合は、サプリメントの利用もおすすめです。

サプリメント

サプリメントは、不足しがちな栄養を手軽に補ってくれます。サプリに頼りっきりになるのではなく、あくまで足りない栄養の補助という役割で使っていきましょう。

ビタミンC

ビタミンCには酸化を防ぐ働きがあり、体内で発生した活性酸素によるダメージを抑制します。健やかな肌に欠かせないコラーゲンの合成を行うため、美肌作りには欠かせない成分です。

そばかすの原因であるメラニンの生成を抑える働きがあります。

ビタミンE

ビタミンEには酸化を防ぐ抗酸化作用があります。活性酸素による酸化から体を守り老化を防ぎます。

細胞の新陳代謝を促す作用があるのでそばかすを薄くしていきます。肌の炎症を抑える働きもそばかすのケアに重要です。

保湿不足

子供の肌は潤っているように見えますが、お風呂の後などは乾燥しがちです。この乾燥による刺激も、そばかすの原因になるメラニン色素が作られる原因になります。

対策

保湿不足で肌が乾くのは、子供だって大人と一緒です。冬の乾燥する時期は特に、しっかりと保湿してあげましょう。

夏場でもクーラーで部屋が乾燥していることもあるので、注意が必要です。

紫外線

そばかすは紫外線を浴びることで濃くなります。そばかすの原因となるメラニンも紫外線の影響を受けるので、できるだけ紫外線対策はきっちりと行いましょう。

日焼け対策

日焼け対策を日常化させることが大切です。外に出るときは、帽子をお忘れなく。

普段から日焼け止めクリームを使うようにします。クリームを塗るのを嫌がる子もいるかもしれませんが、そんな子にはスプレータイプの日焼け止めなどを使ってあげるのがおすすめ。

病院や美容外科でそばかすは消せるの?

皮膚科や美容外科などの病院では、そばかすを消す治療が行われています。塗り薬や飲み薬などの処方による治療や、即効性を求める方はレーザー治療を受けるという選択もあります。

そばかすが出来ないようにするための食べ物

ビタミンEには血行を良くする働きがあるので、そばかすを消すための栄養を届ける役割もあります。いくらやめんたいこ、モロヘイヤ、うなぎの蒲焼、かぼちゃ、はまちなどにビタミンEが多く踏まれています。

めんたいこやモロヘイヤにはビタミンCも多く含まれているので、さらに効果的です。

正しい洗顔方法を教える

子供が自らやる洗顔は、ただゴシゴシと洗って終わりがちです。ぬるま湯で優しくなでるように洗うということを教えてあげてください。

自分で正しい洗顔方法ができれば、肌の刺激も減りますよ。

子供のそばかす対策には紫外線と刺激を避けることが大事

子供のそばかすは悪化させないように、紫外線や摩擦などの肌への刺激を避けることが大切です。早寝や栄養バランスのとれた食生活など生活習慣を正して、そばかす対策に取り組んでいきましょうね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう