2016年の赤ちゃんの名づけトレンド【男の子・女の子】

赤ちゃんの名前は、パパやママからの初めての贈り物…まさしくその通りです。名前は一生ものなのでステキな名前をつけてあげたいですよね。赤ちゃんが大きくなったときに「あなたの名前の由来はね…」なんて優しく教えてあげたいものです。

ここでは、2016年の赤ちゃんの名づけトレンドについてまとめました!

近年の名前の傾向

一昔前は、女の子なら名前の最後に「子」や「代」がついたり、男の子なら「夫」や「介」がついたりなど、今ではあまり見かけなくなった時代を感じる名前が多かったです。さらに昔は、きょうだいの多い家庭がたくさんあったため、「長男だから一郎、次男だから二郎、三男だから三郎」など、記号のような感覚の名前も多かったです。

今では、オンリーワンを目指す名前や、たっぷりと意味を込めた名前が主流となっています。
また「愛(あい)」を「あ」、「優(ゆう)」を「ゆ」など、2番目の文字を発音せずに読ませることで、名付けのバリエーションも豊かになりました。

男の子の名前10選

・陽翔(はると)
・悠斗(ゆうと)
・大翔(ひろと)
・悠翔(ゆうと)
・颯太(そうた)
・湊斗(みなと)
・晴翔(はると)
・悠太(ゆうた)
・大和(やまと)
・陽太(ひなた/ようた)

こうしてみると、「悠」「翔」「太」という漢字が人気なのがわかります。

「悠」「翔」は、近年ではすっかり名付けランキングの上位の常連となりました。「悠」は「ゆったりとした」という意味があり、おおらかな男の子になりそうですよね。「翔」は、「高く飛び立つ」という意味があり、目的に向かって大きく羽ばたき、自由な男の子になりそうです。

「太」は昔から人気のある漢字で、「大きい、豊か」などの意味があります。元気で頼もしい男の子になってほしいというパパやママから支持があります。

女の子の名前10選

・葵(あおい)
・陽菜(ひな)
・陽葵(ひまり)
・莉子(りこ)
・芽生(めい)
・楓(かえで)
・結愛(ゆあ)
・さくら
・美結(みゆ)
・あかり

一昔前では見かけなかったような華やかな名前が好まれています。特に植物を連想させる「葵」「菜」「莉」「芽」「楓」などが大人気です。自然の美しさや可憐さを持つステキな女の子になってほしいという願いがよくわかります。

また、「結」「愛」「美」なども人気です。人と人を結びつける子、愛に溢れた子、美しい心をもった子など、女の子らしい名前ですよね。

ひらがなや国際的な名前も人気

芸能人やアーティスト、スポーツ選手など、国内にとどまらず世界をまたにかけて活躍する日本人が多くなりました。そんな職業に憧れる子どもをたくさんいますし、「うちの子も世界で活躍してほしい」と、親としても期待してしまいますよね。

そんな願いをこめて、世界でも発音しやすく覚えやすい名付けをする方がとても増えています。
例えば女の子なら「沙良(さら)」「絵麻(えま)」「花恋(かれん)」など、男の子なら「圭(けい)」「淳(じゅん)」「留衣(るい)」など、海外の方になじみのあるものが人気です。とてもオシャレで可愛い名前ばかりです!

また、女の子の場合は昔からひらがなの名前が人気です。これぞ日本人の名前といった感じです。このグローバル化した現代にあえて日本人らしさを残していくのもとてもいいです。「さくら」や「あかり」は特に人気で、丸い優しい字体に温かみがあってステキです。

名前の画数も気になる

名前の響きや意味も大切だけど「画数」も気になる…そんな方は意外と多いです。「ちゃんと親が願いを込めてつけたら画数なんて気にしなくてもいい」という方もいますが、子供の人生をより良いものにしてあげたいと思うのが親心です。

ここでは、画数が気になる方のために「姓名判断」の基本をご紹介します

姓名判断で占える五運

総運

人生における総合的な運気です。晩年の運気に強く影響すると言われています。

人運

「名字」と「名前」の両方に由来しており、一番重要なものです。仕事運や結婚運、家庭運など社会に出てからの様子を示しています。

外運

職場などでの対人関係や周りの環境などの運勢です。人間関係に深く関係します。

地運

「名前」に由来しています。その子自身を示しており、主に幼年期の運勢を表しています。

天運

「名字」に由来しています。運勢の土台的なものを示しています。女の子の場合は結婚すると名字が変わってしまうことがほとんどなので、あまり重要視されないこともあります。

名前を付けるスケジュールはどうすればいいの?

妊娠がわかり、この上ない喜びに溢れている方もたくさんいるでしょうが、日々赤ちゃんは成長していくので早めに何かと準備をしておく必要があります。赤ちゃんの洋服やオムツ、お世話用品など以外にも大切な「名前」をどうするかしっかり考えておきましょう。

妊娠中

性別が分からないとどんな名前をつけていいのかわからない…という方も多いです。最近のエコーはとても精度がよく、かなり鮮明に赤ちゃんの様子を見ることができますが、赤ちゃんの位置が微妙だったりすると性別が分かりにくく、結構な週数が過ぎないと性別がわからないことがあります。

なかなか性別がわからなかったり、早い段階から名前の準備をしておきたいという方は、男の子と女の子の2通りの名前を考えておくといいでしょう。もし、赤ちゃんの性別が女の子だった場合は、「あなたがもし男の子だったらこんな名前だったのよ」と、赤ちゃんが大きくなったときに教えてあげるといいですよ。

出産

出産までに名前が決められなかったり、「赤ちゃんの顔を見てから名前を決める!」と考えていたりする方もいるでしょう。また、産まれてきた日の状況や感情を由来させて名前を付けるのもステキですね。

お七夜

赤ちゃんの生後7日目に行うお七夜という「命名式」を行う風習があります。昔は環境や栄養状態がよくなかったので生後間もない赤ちゃんが亡くなってしまうことが多く、無事に7日間過ごせたら名付けのお祝いをしようということだったのです。

この日までには名付けは決定しておきたいところです!

出生届提出期限

出生届は生まれた日を含めて14日以内に提出しなければいけません。意外と時間がないのです!お産までにはある程度の候補の名前は考えておきたいところです。この期限に間に合うように名付けしてあげましょう。

チェックしておきたい名前のあれこれ

ステキな意味を持つ漢字を使って、色んな願いを込めて…愛情あふれる名前を付けてあげたいと思うのは当然ですよね。しかし、いざ役所に届け出る前にもう1度赤ちゃんの名前に不備がないかを確認してみてください。次のようなことを確認しておくと安心ですよ。

それって使ってもいい漢字?

「我が子なんだから自由に名前を付けたい!」…しかし、名付けには使える漢字と使えない漢字があるのです。オンリーワンの名前を付けてあげたいパパやママが、頑張って他にはないような漢字を探してたのに役所で「使えません」なんてはじかれてしまったという話しも聞きます。

そんなことがないように、事前に使える漢字かどうかをしっかり調べておきましょう。

名字とのバランスは大丈夫?

名字と名前はセットで赤ちゃんのものです。そのバランスがとれていて、初めて「いい名前」になるのです。名字は変えることができないので、うまく名前でバランスをとりましょう!

漢字の意味は大丈夫?

「亜」という漢字は「貴族のお墓」という意味があったり、「久」は病人や死体を支えている様子など、よく名前で見かける漢字ですが不吉な意味があったりします。付けたい名前や漢字があったら、まずはその漢字の意味をよく調べるようにしましょう。

合わせて読みたい記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう