毛穴やたるみのエイジングケアには美容液がおすすめ

いつまでも若々しくありたいという気持ちは、ほとんどの女性に共通しています。しかし加齢を止めることはできず、肌老化も年々進みます。

年をとるごとに現れる、乾燥、くすみ、たるみ、シミ、シワなどの様々なエイジングサインにお悩みの方は、エイジングケア化粧品を試してみませんか?

たくさんの美容成分を凝縮した美容液なら、肌トラブルに見舞われがちなお肌をしっかりと保湿し、肌を健やかに保ってくれます。今回はエイジングケア化粧品についてご紹介していきます。

30代から気になる顔のお悩み

30代に入るとエイジングサインが現れ始め、それまで20代の頃にはなかった肌のトラブルに悩まされ始めます。30代の方が気になる顔の悩みには、どのようなものがあるのでしょう。

たるみ

30代の肌の悩みに、顔のたるみがあります。たるみは実際の年齢よりも老けて見られる原因となる、厄介なエイジングサインです。

顔のたるみは、真皮層のコラーゲンの減少や、加齢による表情筋の衰え、紫外線によるダメーなどが原因で起こります。顔がたるむと毛穴のたるみも進み、毛穴の汚れや黒ずみが目立つようになります。

たるみ対策におすすめの化粧品は、肌のハリをアップさせるビタミンC誘導体やレチノールなどが配合されているものが良いです。

表情筋エクササイズで脱たるみ

たるみ対策には、表情筋エクササイズが効果的です。やり方もとっても簡単で、「あいうえお」を1文字ずつはっきりと発音していくだけです。

これを毎日続けるとリフトアップされ、頬のたるみが改善していきます。口をしっかりと動かすのがポイントです。

乾燥

30代に入ったとたん、肌がかさつきがちになったという話をよく聞きます。確かに30代の肌は若い頃に比べると乾燥するんです。

乾燥が気になる方は、肌に水分を補い潤いを保ってくれる保湿成分配合の化粧品を使いましょう。セラミドやヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチン、スフィンゴなどの美容成分が配合されているものだと、高い保湿効果があっておすすめですよ。

乾燥している状態の肌はデリケートなので、香料などの不要な添加物は無配合のものを選びましょう。

年齢を重ねると肌が乾く理由

肌の水分量は誕生をピークに年をとるごとに減少していきます。さらに肌本来の油分も、20代後半から減少していくことが分かっています。

つまり30代、40代と年を重ねるごとに水分と油分が減少していくため、肌は乾いていきます。

エイジングケア化粧品を使ってお肌の若返り

肌のたるみや乾燥が気になる30代の女性には、エイジングケア化粧品の中でも栄養がたっぷりと凝縮されている美容液がおすすめです。肌ケアの基本である保湿成分が入っているものが良いですね。

エイジングケアのための美容液の選び方ですが、美容液は商品によって効果がそれぞれに違います。自分の悩むエイジングサインが何なのかをしっかりと考えて、それに特化した美容液を選ぶようにします。

毎日仕事や家事などに忙しく過ごしていて、お手入れの時間を十分にとれないという女性には、オールインワン型の美容液もあります。なんと美容液1本で、化粧水や乳液までの一連の肌ケアができます。

エイジングケア化粧品の代表格である美容液を使えば、肌の若返りも期待できます!

化粧水だけではちょっと厳しい

エイジングケアには十分な保湿ケアが大切ですが、化粧水だけでしっかりと潤いを与えるのは難しいです。美容液前のお手入れにエイジングケア化粧水をとりいれるなら、効果は高まります。

エイジング化粧水の選び方は美容液と同じように、自分の肌の悩みに特化した化粧水を選ぶことです。

エイジングケア化粧水の付け方は、最初に手に取って優しく顔になじませます。手のひらが肌に吸い付くまでなじんだらOKと簡単ですね!

どっちが効果的かというと美容液がおすすめ

化粧水と美容液のどちらが効果的かというと、やはりたっぷりの栄養が凝縮されている美容液の方が効果は高いです。美容液の高い効果はスキンケアコスメの中で断トツです。

値段はお高めですが、ぜひ取り入れたいエイジング化粧品です。

エイジングケア化粧品の選び方

エイジングケア化粧品の購入を考えたときに、自分の肌の悩みに特化した化粧品を選ぶこと以外にも、気を付けるべきことがあります。

肌に合うかどうか

エイジングケア化粧品を選ぶとき、自分の肌に合うかも大切なポイントです。

エイジングケア化粧品は一般的な化粧品より高価だからこそ、購入してから肌が荒れたなどの失敗は避けたいですよね。トライアルセットやサンプルを利用して、使って問題ないかチェックしてから購入するようにしましょう。

40代の肌には肌の機能をサポートしてくれるものを選ぶ

40代はホルモンバランスが乱れやすいので、肌にも影響があり様々なトラブルが起きやすくなります。

40代の肌には、保湿やエイジングサインに特化した効果をもつもの、さらに肌機能をサポートしてくれる効果があるものを選びましょう。

成分もしっかりチェック

エイジングケア化粧品を選ぶときは、成分をしっかりとチェックすることもお忘れなく。アンチエイジングに効果のあるプラセンタやアスタキサンチン、セラミドなどが人気です。

毛穴開きや毛穴のたるみを改善する有効成分は、ビタミンC誘導体やナイアシン、レチノールなどの成分となります。

エイジングケア化粧品を上手に使っていつまでも若々しく

顔のたるみや毛穴の開きなど、何かしらのエイジングサインに気付いたら、エイジングケア化粧品への切り替えを検討しましょう。30代の肌には、保湿とエイジングサインに特化した化粧品がおすすめです。

一方40代は美肌ホルモンと称されるエストロゲンが減少する頃です。シワやシミ、乾燥、たるみなどのあらゆる肌トラブルが起きやすくなります。

保湿と自分の肌トラブルに合った化粧品を選ぶのは30代と変わりませんが、さらにセラミドやレチノール、プラセンタなどの美容効果の高い成分が配合されているものがおすすめです。

毎日のスキンケアを贅沢に楽しみながら、若々しく美しい肌を取り戻しましょう。

合わせて読みたい記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう