敏感肌や乾燥談の肌トラブルがある人は低刺激のオールインワンゲルを使って!

刺激をうけると赤みやかゆみの出る敏感肌の人や、肌がカサつく乾燥肌の人は、化粧品を選ぶのも大変ですよね。肌に優しい低刺激のものでなければならず、自分に合った化粧品を探すのも一苦労です。

それでも、肌への潤いや栄養成分はしっかりと取り入れたいという思いは、譲れませんよね。

肌の弱い人も良い化粧品に巡り合えれば、毎日のスキンケアで肌の状態が改善することもあります。

今回は肌トラブルがある人の、化粧品を選ぶポイントをご紹介します。

肌が弱い人のために使える無添加化粧品

普通の人なら問題のない成分でも、肌の弱い人だと肌荒れを起こしたりすることがあります。肌トラブルを抱えていると、肌のバリア機能が弱まっていて、ちょっとした刺激でも炎症を起こしてしまいます。

そんな肌トラブルを抱える人には、無添加化粧品がおすすめです。

肌が弱い人が避けたい成分

一般的な化粧品には、肌の弱い人が避けたい成分が配合されていることが多いです。

例えばパラベンなどの防腐剤や石油系合成界面活性剤、鉱物油、アルコール、着色料、香料などです。これらのような化学物質ができるだけ配合されていない無添加化粧品がおすすめです。

化粧品は使用期限を守りましょう

化粧品は一度開封すると、どんどん酸化していき劣化します。また手で触れた部分から、雑菌が繁殖している可能性もあります。

そのような化粧品を肌につけてしまうと、肌荒れにつながることもあるので、化粧品は使用期限を守りましょう。

無添加化粧品は防腐剤無添加のものもあるので、特に注意が必要です。

無添加だから刺激がないとは限らない?

注意が必要なのは、無添加化粧品だから刺激がないとは限らないということです。何が無添加なのかは、それぞれに違いがあるからです。

自分が何の成分に弱いのかを把握して、その成分が無添加であるものを選ばないと意味がありません。

デリケートな肌だから無添加の定義を知る

実は無添加化粧品は、法律などできちんと定義が決められているわけではありません。各化粧品会社が独自の基準で、「無添加化粧品」と名乗っているだけで、とても曖昧なものです。

何が無添加なのかをしっかりと確認して、安全性があると納得できる無添加化粧品を選ぶ必要があります。

無添加化粧品を選ぶ時の注意

無添加化粧品を選ぶときの注意として、成分がしっかり表示されているものを選びましょう。

デリケートな肌の人は、自分に合わない成分や不要な成分を把握していると思います。アルコールだったり、着色料・香料などだったり、人によって異なるでしょうが、その成分が無添加かどうかをしっかりと確認しましょう。

やさしいだけでは肌に効かない可能性も

無添加化粧品は、植物由来の成分をつかっていることが多いせいもあり、肌に優しい・安全というイメージが強いです。

しかし肌に優しいということを売りにした化粧品の中には、たいした効果もない可能性もあるのでご注意ください。

オールインワンゲルがおすすめ

敏感肌や乾燥肌など肌トラブルをもつ人には、オールインワン化粧品をおすすめします。これ1つで化粧水や美容液、乳液などの複数の効果を併せ持ちます。

その中でもオールインワンゲルは、優れた浸透力や使いやすさが人気の化粧品です。

保湿も実感できるオールインワンゲル

オールインワンゲルには様々なタイプが販売されていて、乾燥肌用のオールインワンゲルもあります。

肌の弱い人は、保湿効果の高いヒアルロン酸やセラミドなどが配合されているものを選びましょう。しっかりと潤いを実感できるはずです。

スキンケアが簡単オールイワンゲルの口コミ

毎日のスキンケアが簡単にできるオールインワンゲルは、とても魅力的ですよね。しかし本当に敏感肌や乾燥肌でも大丈夫なのかは、心配なところです。

実際にオールインワンゲルを使用した、肌が弱い人の口コミをチェックしてみます。

オールインワンは不安でしたが、使ってみたらしっかりと潤って乾燥もしなくなりました。私は敏感肌なので、これまでの基礎化粧品はピリピリと刺激を感じることが多かったんですが、オールインワンゲルはそんなことはありませんでした。(20代女性/敏感肌)

基本敏感肌ですが、季節の変わり目などには乾燥肌にもなります。オールインワンゲルに対してはそんなに手抜きして効果はどうなの?って思っていましたが、問題なかったです。それどころか絶好調で、乾燥することもなくなりました。(30代女性/敏感肌・乾燥肌)

オールインワンゲルは、忙しいときも何本もペタペタ塗らなくていいのが助かりますね。シンプルケアで簡単な上に、使用感も満足です。保湿効果が高くて潤いが違います。かさつきも改善されました!(20代女性/敏感肌・乾燥肌)

実際にオールインワンゲルを使ってみて、敏感肌や乾燥肌でも刺激を感じなかったという口コミは多く見られました。お手入れが簡単な上に、しっかりと保湿効果も感じられるのは嬉しいですよね。

肌質には個人差があるので一概には言えませんが、実際に肌の弱い人にも良い効果があったということは期待できそうです!

乾燥肌や敏感肌にはどんな成分がいいの?

乾燥肌や敏感肌には、塗ってもヒリヒリしない低刺激の成分や、しっかりと保湿してくれる成分がいいですね。

肌バリア機能が低下した肌をしっかり保湿する、セラミドやヒアルロン酸などの保湿成分がおすすめです。日常的に肌に潤いをキープさせておくことが大事です。

あとはビタミンCなどの抗酸化成分もいいですね。活性酸素を除去するだけではなく、肌のターンオーバーを助けたり美白効果もあ、り美肌に欠かせない成分です。

無添加オールインワンゲルで刺激を減らそう

肌の弱い人は、お手入れのときに肌に触ることさえ刺激となります。つまり化粧水、美容液、乳液…と何種類もの化粧品を重ねて使うことは、かなりの肌への負担です。

オールインワンゲルだったら、最小限のワンステップですむので肌への摩擦も少なくすみます。

自分に合わない成分が配合されていない、無添加オールインワンゲルを選べば、さらに肌に優しいケアができます。

ケアは毎日おこなうものなので、刺激が少ないものが1番です。

肌荒れがひどい場合は病院も

肌荒れの症状が悪化して、乾燥やかゆみや赤みがひどくなったときは、皮膚科の受診も検討したほうがいいですね。

そのときは使っている化粧品を説明できるよう、メモっていくか持参すると診察の役にたちますよ。

肌トラブルのある人は低刺激の無添加オールインワンを試してみては?

敏感肌や乾燥肌などの人は、肌に刺激を与えない化粧品を選ぶ必要があります。無添加オールインワンゲルだったら1回のケアですみ重ね付けする必要もないので、肌への負担も少なくておすすめです!

セラミドやヒアルロン酸などの高保湿成分が配合のものを選ぶと、潤いもたっぷりと与えることができます。肌のカサつきまでカバーしてくれるのは嬉しいですね!

肌の弱い人は無添加オールインワンゲルを使って、毎日の簡単スキンケアでぷるぷる美肌を手に入れましょう。

合わせて読みたい記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう