美肌やダイエットにもおすすめの栄養豊富な米ぬかを使った美容法

日本では古くから天然の洗剤や糠漬けなど生活の中で幅広く使われてきた「米ぬか」。

精米する際に除かれる部分なのですが、実は栄養が満点で、美肌やダイエットといった美容に嬉しい効果が詰まっているのです。

確かに昔から、秋田県や新潟県といった米どころには「肌のきれいな美人が多い」と言われていますよね。しかし米ぬかはどこで手に入るのか、どう活用すればいいのか知らない方も多いと思います。

そこで今回は、米ぬかを購入できる場所や、米ぬかを最大限に活用した美容法についてお話ししていきます。

米ぬか美容エッセンス

見た目年齢をぐっと引き上げてしまう目元・口元の小じわに

↓↓WEB限定8,400円3,980円(送料無料)でお得にお試し
⇒スキンケアはしっかりしてるのに肌のハリを実感できないあなたに

米ぬかの知られざるパワー

米ぬかには、美肌にとっても効果的な成分が豊富に含まれています。まずは米ぬかの基本知識をお話しします。

そもそも米ぬかって?

米ぬかとは、玄米を精米したときに出る外皮や胚のことで、使用用途としては主に米ぬか油、糠漬けが一般的です。

米ぬかの重さは玄米の10%ほどですが、米ぬかには玄米の栄養素が溶け込んでいるので栄養価はとても高く、〝美容成分の宝庫〟と言われほどなのです。

肌が喜ぶ!米ぬかエキスに含まれる美容成分

フェルラ酸

玄米特有のポリフェノール成分です。紫外線を吸収したり、メラニンの育成を抑えたりするので美白効果が期待でき、また老化の原因となる酸化を防ぐ働きがあります。

化粧品や食品、医薬品の原材料として使われています。

ビタミンB群

米ぬかにはビタミンB1とB6、ビタミンEが豊富に含まれています。

ビタミンB1は新陳代謝をアップさせるので、肌のターンオーバーを促進させ、ビタミンB6は肌荒れや皮脂バランスを整えます。

ビタミンEは強い抗酸化作用があるのでアンチエイジングに最適です。

セラミド

空気の汚れや雑菌といった外部の刺激から肌を守り、水分を保つために欠かせない脂質成分です。またメラニンを含んだ角質を除去する効果があるので、くすみを取り除いて透明感のある肌に導いてくれます。セラミドは加齢に伴って減少します。

米ぬかはどこで手に入る?

スーパーでも置いてあるところはありますが、販売しているところは少なく、また少量のわりにやや値段は高めです。

おススメなのが、お米屋さんや精米所で手に入れること。中には無料でもらえることもありますし、有料でも1キロあたり100円~200円とお手頃価格です。

買うときに注意したいのが、精米して2、3日以内の新鮮な米ぬかを選ぶこと。米ぬかは生モノなので、長期保存ができません。1週間以上たつと酸化してしまうので、できるだけお店の人に聞いて新鮮なものを買うようにしましょう。

体の外からうるおいを補給

美肌への第一歩。まずは外から米ぬかパワーを注入しましょう。

毎日のお手入れに米ぬか洗顔

スプーン1、2杯ほどの米ぬかを手に取って、水またはお湯を少量混ぜてペースト状にします。ペースト状になったものを優しく肌の上でくるくると円を描くようにマッサージしたあと洗い流します。

米ぬかがスクラブのように肌をキレイにしてくれるのですが、中にはヒリヒリする人もいるようです。その場合直接肌に乗せるのはやめましょう。代わりに、薄手の木綿布に米ぬかをスプーン3、4杯入れ、木綿布をお湯含ませて、顔に優しく押し当ててみましょう。

米ぬかパックで週のスペシャルケアを

準備するものは、米ぬかと小麦粉、お湯または水だけ。とてもリーズナブルなケアなのに、肌がしっとりするんです。

米ぬかと小麦粉を3:1の割合になるように混ぜたら、お湯か水を少量加え、だまにならないようにペースト状になるまで混ぜます。できたものを肌にまんべんなく伸ばしたら、5分から10分放置。時間が経ったら蒸しタオルを乗せて優しくぬぐい取り、ぬるま湯でしっかり洗い流します。

小麦粉には毛穴の汚れを吸引・除去する働きがあるので、美白効果が期待できます。またより保湿効果を高めたい人はハチミツを、ピーリングしたい人はヨーグルトを混ぜるのもお勧めです。毎日やると、逆に肌に負担をかけてしまうので、週に1、2回程度のペースで行いましょう。

米ぬか入浴剤で全身ボディケア

全身の肌がツルツルになる方法です。準備するものは、米ぬかと使い捨てのお茶パックまたはガーゼハンカチ。1カップの米ぬかを袋に入れて縛ったら、浴槽に袋を浮かべて優しく手で揉むだけ。ガーゼハンカチを使う場合は、輪ゴムで縛って米ぬか自体がこぼれ出ないようにしましょう。

米ぬかを袋に入れず直接湯船に入れてしまうと、浴槽が米ぬかだらけになって掃除が大変ですし、排水溝が詰まってしまうので、間違っても直接米ぬかを浴槽に入れないようにしましょう。

天然成分でも油断禁物。パッチテストは必ずやろう

天然成分とはいえ、人によっては肌が赤くなったりヒリヒリ痛んだりすることもあります。米ぬかをゲットしてすぐ顔全体にパックしたら、顔が真っ赤になってしまった…なんてことのないよう、使用する前には必ずパッチテストを行いましょう。

パッチテストの行い方は、夜お風呂上りに、二の腕の内側に米ぬかを塗り、24時間様子を見るだけ。塗った部分に赤みや腫れ、かゆみが出ていたら使用はストップしましょう。

米ぬかは無農薬のものを選ぶ

米ぬか美容を試すときは、必ず無農薬のものを選ぶようにしましょう。というのも、米ぬか部分はお米の外皮なので農薬が一番残る部分だからです。

店頭で無農薬のものがあるかどうか聞くのもいいですし、ネットで無農薬のものを探すとたくさん出てきますよ。

米ぬかを食べて体の内側からキレイに!

米ぬかはビタミンやアミノ酸だけでなく食物繊維も豊富。外側からだけでなく、食べて身体の内側からもキレイになりましょう。

豊富な食物繊維で便秘を改善

米ぬかには便秘を改善する食物繊維が100g当たり約8mgと、他の食べ物と比べてもかなり豊富に含まれています。

米ぬかの食物繊維は水分を吸収すると数倍から十数倍にも体積が増える不溶性食物繊維。便の量を増やし、腸を刺激して蠕動(ぜんどう)運動を活発にするので、お通じがすっきりするのです。

体の参加を防ぐフィチン酸もたっぷり

フィチン酸はビタミンBの仲間で、穀類や豆類に徳に多く含まれています。

フィチン酸には強い抗酸化作用があるので、老化の原因である体内の活性酸素を取り除き、細胞の酸化を防ぐ作用があります。また解毒作用があるので、知らず知らずのうちに取り込んでいる添加物などを体外に排出します。

このほか、最近の研究ではがん細胞の増殖を抑える効果があると言われています。

混ぜるだけの米ぬかレシピ

ここではズボラさんにもおススメの米ぬかを混ぜるだけ、簡単レシピをご紹介します。

基本の米ぬかの煎り方

米ぬかは行ってから料理に使うことが多いので、ここでは炒り方をご紹介します。

1、米ぬかをプライパンに入れ、木べらを使って常にかき混ぜながら中火にかけます。
2、約2分ほど煎り、米ぬかの香ばしい香りがしてきたら火を止めます。

ヘルシーな米ぬかヨーグルト

〈材料〉

無糖ヨーグルト
炒った米糠
メープルシロップ 

※いずれも適量ですが、米ぬかは、はじめは少なめにして好みの味になるまで調節し、メイプルシロップは多めがお勧めです。

〈作り方〉

1、お皿にヨーグルトを入れ、炒った米糠をパラパラふりかけます。
2、その上からメイプルシロップをたっぷりとかけて出来上がりです。

しっとり!米ぬかパウンドケーキ

〈材料〉

米ぬか 50g
卵 1個
砂糖 30g
サラダ油またはマーガリン 20g、
ベーキングパウダー 5g
豆乳または牛乳 50㏄

〈作り方〉

1、サラダ油と砂糖を混ぜ、卵を入れて混ぜます。
2、粉類を入れて混ぜたら、牛乳または豆乳を入れてかき混ぜます。
3、型に流してオーブンに入れ、180度で20〜25分焼き上げます。

お弁当や朝ご飯にも。米ぬか玉子焼き

〈材料〉

卵 2個
砂糖 大さじ1
煎った米ぬか 大さじ1
水 大さじ1
白だし 小さじ1
サラダ油 適量

〈作り方〉

1、材料をすべてボールに入れて混ぜます。
2、フライパンを十分熱し、サラダ油をひきます。
3、1を3回くらいに分け、丸めながら焼きます。

まとめ

これまで米ぬかの美容法についてお話ししてきましたがいかがでしたでしょうか?

米ぬかと聞くと、漬物の糠床をイメージする方が多いかもしれませんが、昔から米ぬかを使った美容法はお金も手間もかからないので、よく実践されていたんですよ。

最近ではまた脚光を浴びてきた米ぬかパワーを、ぜひ一度試してみてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう