鼻の穴が広がった?キレイな鼻を作るために普段の習慣を見直そう

以前は気にならなかったのに、最近なんだか鼻の穴が広がった感じがする…と気になっている皆さん。鼻の穴は普段の生活習慣によって、広がることがあるんです。

加齢による顔のたるみや、鼻が詰まった状態での放置など、原因は様々ですが、鼻の穴は確かに広がります。女性にとって鼻の穴が大きくなるなんて、大問題です!

しかしその原因となる習慣をしっかりと見直し、さらに鼻を鍛えることで小さくもなるんです。鼻の穴が広がる原因を知り、キレイな鼻にするための方法をご紹介していきます。

鼻の穴が広くなってしまう原因

加齢による顔のたるみや、鼻が詰まった状態での放置の他に、一体どのような原因で鼻の穴が広がってしまうのでしょうか?まずは詳しくひとつずつチェックしていきましょう。

鼻の穴を塞いでしまう行動

鼻の穴を塞いでしまう行動は、鼻の形が崩れる恐れがあるので、できるだけ避けたいものです。実際に鏡を見ても分かるように、鼻に物を入れたままでいると小鼻は大きく開いたままになっています。

指で強くほじる

指で強く鼻をほじるのも、よくある鼻の穴を塞いでしまう行動のひとつです。どうしても必要に迫られた場合は、指ではなく綿棒を使ってササッとすませると良いですね。

このとき鼻の奥まで綿棒が入らないように注意してください。

ティッシュを詰めたまま放置

花粉症や風邪で鼻水が止まらない場合などに、ティッシュを鼻に詰めてからマスクをつけるという鼻水対策があるようです。

また鼻血が出やすい体質の方も、鼻にティッシュを詰めることがよくありますよね。長時間そのままでいると、鼻の穴が広がってしまいます。

軟骨が発達・変形してしまう

強い刺激によって鼻の大部分を占める軟骨が、発達して大きくなったり変形したりすることがあります。軟骨は刺激に影響を受けやすく、これも鼻の穴が広がる原因となります。

ツンとしたキレイな鼻を手に入れるために、鼻をつまむエクササイズが効果的なのは有名ですね。団子鼻など鼻にコンプレックスを持つ方は、実践したことがあるのではないでしょうか。

軟骨が刺激され鼻が大きくならないよう、くれぐれも力を入れ過ぎないようにしましょう。他にも鼻の角栓とりのために、鼻をぎゅっと絞ることも避けた方が良いです。

鼻の皮膚が肉厚になってしまう

鼻の皮膚が肉厚になることも、鼻の穴が大きくなる原因です。人は太ると体や顔に脂肪がつきますが、鼻も例外ではありません。顔の目立つ位置なのでちょっと肉厚になっただけで、印象は変わってしまうので注意が必要ですね。

また強い刺激を受け続けても、皮膚は厚く堅くなっていきます。これは鼻も同様です。鼻をつまむエクササイズなど、頻繁にやりすぎないようにしましょう。

鼻の穴を小さくする方法

それでは鼻の穴を小さくする方法を見ていきましょう。小鼻縮小手術という美容整形があるようですが、整形までしなくても普段の生活で何点か気を付けたり、簡単なケアを行うだけで、鼻の穴は小さくなります。

鼻で呼吸する

ヨガの片鼻呼吸法をご存じでしょうか?片方の鼻を小鼻の上に指を置いて閉じ、もう一方の鼻の穴のみで呼吸をします。これを左右順番に繰り返すだけなので、簡単ですね。

この呼吸法によって、鼻がすっきりとしてきます。なにより鼻呼吸を意識することが大切なんです。口呼吸だといつも口が半開きになるため、顔の下部の筋肉がたるんでしまいます。

顔のたるみは鼻の穴拡大の原因となってしまいます。口呼吸は美容の大敵でもあるので、これを機に鼻呼吸に切り替えると良いですね。

鼻の筋肉を緊張させて鼻の穴を小さく

最初はちょっと難しいのですが、常に鼻の筋肉を緊張させて、意識的に鼻の穴が小さくなるよう力を入れるのも効果的です。

これは鼻の穴を小さくするだけではなく、団子鼻の解消にもおすすめのトレーニングです。

鼻に冷たい水をかけていく冷水法

鼻に冷たい水をかけていく冷水法も、鼻の穴を小さくする方法のひとつです。冷水法のコツは、氷を入れてキンキンに冷やしたコップ1杯の冷水を準備することです。

氷を取り除いてゆっくりと鼻にかけていきます。冷水法は鼻を小さくするだけではなく、鼻の毛穴を引き締めるという嬉しい効果もありますよ。

オロナイン軟膏で小さくする

オロナイン軟膏を塗って鼻を小さくするという驚きの方法もあります。入浴前に鼻筋にオロナインを塗ってラップをかぶせ、そのままお風呂に入ります。

汗をかくくらい湯船に浸ってからオロナインを洗い流し、優しくマッサージをしましょう。

鼻のツボを刺激する

印堂という鼻を高くするツボを刺激する方法があります。鼻を小さくするには、印堂を10秒ほど押し、次に印堂から鼻骨にかけて5~10回ほど擦ります。それから指で鼻骨をつまんで、軽くマッサージをすればOKです!

鼻づまりを解消しよう!

鼻づまりが続いている方は、どうしても口呼吸になってしまう傾向にあります。

口呼吸は顔のたるみにつながり、口元や鼻の穴が伸びてしまう原因になってしまいます。鼻づまりがなかなか解消しないという方は、病院に行って薬を処方してもらうという選択もありますよ。

美しい鼻はマッサージで作る

ツンとした美しい鼻は、マッサージで作ることができるんです。まずは両手の人差し指と中指を小鼻に当てて、そのまま優しくクルクルと動かします。1日30秒を目安に続けると、鼻がスッキリしてきます。

小鼻筋トレ法もおすすめです。指で鼻を優しくつまみ鼻を塞ぎ、そのまま鼻から息を吸い、そのまま指を放します。鼻に力を入れてその状態を一瞬キープします。これを5回ほど繰り返します。

普段から意識して鍛えることで、鼻の穴も小さくすることができます。

まとめ

鼻をほじったりティッシュをつめたりという普段の行動や、口呼吸、さらにはキレイな鼻を目指してガンガンやっていた鼻つまみまでもが、鼻の穴を大きくする原因となっていました。

これらの普段の習慣をしっかりと見直して、鼻の穴が広がっていくことを防ぎましょう。さらに合わせて鼻の筋肉を鍛えることで、鼻をすっきりとさせてくれます。

美しい鼻を作るために、簡単な鼻のエクササイズやマッサージを始めてみてはいかがでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう