日本酒で肌がツルツルに!飲んでも塗っても大丈夫な美容活用法

女性に嬉しい日本酒の嬉しい効果

近年日本酒を楽しむ女性も増えていますが、日本酒には美味しいだけじゃない、思わぬ美容効果があることをご存知でしょうか?

日本に伝わる伝統的なお酒にどのような効果があるのか、早速ご紹介したいと思います。

肌に嬉しい日本酒の効果

美容に良いとは言っても一体どのような効果があるのでしょうか。女性も男性も気になる、乾燥やたるみ・小じわなどに効果が期待されています。

肌の保湿力を向上してくれたり、たるみや小じわの改善に効果が期待できるのは嬉しいですよね。

日本酒は飲んでも塗ってもOK

日本酒の美容効果

日本酒にはアミノ酸が豊富に含まれており、肌のキメを整えたり、潤いを保つ保湿効果が期待されています。

フェルラ酸という抗酸化物質も日本酒には含まれているので、アンチエイジングに欠かせない活性酸素の除去や過酸化脂質の抑制などに効果が期待できるのです。

日本酒の健康効果

実は美容効果だけでなく、日本酒に含まれるアミノ酸にはガン細胞の萎縮を示す効果がある(ガンの予防)・血圧が上がる酵素の活性が弱まる(高血圧改善)と言った効果も期待されています。

その他にも、日本酒に多く含まれるアデノシンという成分が血管収縮を阻止する作用を持つため、冷え性・肩こり・偏頭痛などの改善も期待されています。

日本酒の素材や歴史について

日本酒は「米・こうじ・水」が主な原料となっている、日本の伝統的なお酒です。日本酒の歴史を見てみると、中国にて紀元前4800年ごろから稲作が始まり、ここで作られた米酒が日本酒の起源という説もあるようです。

日本酒のこの成分が美白に効果あり?

日本酒を作る原料として使われているこうじには、「コウジ酸」という成分が含まれており、このコウジ酸はメラニンの生成を抑制する効果があります。また、メラニンの生成を促す物質が作られるのも抑制する働きも持っています。

よって、シミ・ソバカスを防ぐ効果が期待され、メラニンの生成が抑えられることによりくすみの少ない肌、美白効果が期待できるのです。

日本酒を飲んで美容も健康もゲット

日本酒にはお肌にも健康にも良い成分が豊富に含まれていることがわかりましたが、直接肌に塗った方が良いのでしょうか?それとも体の中から良い成分が浸透されるのでしょうか?具体的な活用法をお伝えします。

日本酒はどのくらい飲めばいいの?

日本酒の適量は1日に1~2合と言われています。1合は180mlですので、コップ1杯程度が適量と言えるでしょう。

日本酒はアルコール度数も高いものが多いので、ゆっくり嗜むのであればちょうど良い量なのではないでしょうか。

ただし飲みすぎは注意

お酒が好きな方は1合では物足りないかもしれません。飲みすぎてしまうとアルコールを分解するために肝臓に負担がかかってしまいますし、胃腸にも負担がかかるので美肌から遠ざかってしまいます。

毎日適量が健康・美容の味方となりますので、飲みすぎないよう注意してくださいね。

日本酒が飲めない人はどうする

中にはお酒が苦手な方や、日本酒は強くて1合も飲みたくないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。その場合は、体の外側から日本酒の美容成分を取り入れましょう。

日本酒が飲める方も合わせて行うことで、もちもちしっとりとしたお肌を全身に感じることができますよ。

芸能人もやってる贅沢な日本酒風呂

日本酒風呂と聞くとたくさんの日本酒が入っているイメージですが、コップ1~2杯の日本酒をお風呂に入れるだけでOK。

38度くらいのぬるめのお風呂がオススメです。体がベトベトすることもないので、夏場にもオススメですよ。

血行促進!温まる日本酒のチカラ

日本酒風呂の代表的効能は、血行の促進と言われています。血管を広げ体を芯から暖めてくれるので、冷え性の方にもオススメです。血管を広げて血流が良くなることで、デトックス効果も期待できますよ。

日本酒の種類や選び方は

日本酒といっても実はいくつも種類があります。日本酒のどの成分が必要かというと、米とこうじの成分ですので、日本酒を選ぶ際には醸造アルコールなどの添加物が含まれていないもの(純米酒)を選ぶと良いでしょう。

特に高価なものでなければいけないというわけではないので、瓶でもパックでも、もちろん飲み残しでも問題ありません。

日本酒で作る化粧水

日本酒を使った化粧水の作り方

こちらも使用する日本酒は純米酒がオススメです。精製水と日本酒を2:1で混ぜ、グリセリンを数滴入れます。

香りをつけたい方は精油やハーブを加えてもOK。グリセリン・精製水はドラッグストアなどで購入することが可能です。

日本酒ブームで化粧品もいっぱい

日本酒の美容成分が注目され、日本酒を使用した製品も多々あります。先に紹介した日本酒化粧水も、有名な日本酒ブランドのものなども販売されています。

自分で作るのは続かなそう…という方は、市販されているものを購入するのも良いですね。

保湿スプレー

日本酒化粧水と同じ作り方でスプレーボトルに入れれば、どこでも手軽に使える保湿スプレーが作れます。

フェイスパック

日本酒(大1)、蜂蜜(小1)、小麦粉(大1)をよく練り混ぜるだけの日本酒フェイスパックです。顔に直接塗って5~10分置き、拭き取った後よく洗い流しましょう。

洗顔料

お湯をはった洗面器に、日本酒(50mlくらい)を入れて顔全体を何回か洗いましょう。角質除去作用のあるフルーツ酸(AHA)が含まれているので古い角質層を取り除いてくれます。

飲み過ぎずに日本酒と上手に付き合って

日本酒の美容活用法について紹介させていただきました。普段日本酒を飲まないという方も、美容と健康のためにも日本酒に挑戦してみてはいかがでしょうか?

新鮮な日本酒はすっきりしていてとても美味しいですし、最近ではフルーティで女性にも飲みやすい日本酒もたくさん販売されています。

開封して時間が経ったらお風呂に入れるなど、日本酒の成分をうまく利用して美しく健康な体を手に入れましょう!

合わせて読みたい記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう