肌のためにコラーゲンを摂ったのに肌荒れやニキビが出来ることもあるの?

コラーゲンの過剰摂取が肌荒れの原因になることもある?

ハリや潤いのある美肌の維持に欠かせないコラーゲンは、女性にとってぜひ取り入れたい成分のひとつですよね。憧れのプルンプルンの弾力肌に導いてくれるコラーゲンを、普段から意識して摂っている方も多いのではないでしょうか。

最近ではサプリメントやコラーゲンドリンクなどもたくさん販売されており、お手軽に摂取できるのも嬉しいところ。しかしコラーゲンの過剰摂取は、肌荒れの原因になることがあるのをご存知でしょうか?

コラーゲンによってニキビが悪化してしまう場合

コラーゲンによってニキビが悪化するのは、オイリー肌の方によく見られます。これはニキビの原因が、皮脂の分泌量が多いことにあるからです。コラーゲンには皮脂の分泌を促す働きもあるので、さらに悪化させて逆効果になってしまいます。

コラーゲンの取り過ぎに注意

オイリー肌ではない方もコラーゲンの過剰摂取によって、ニキビが悪化してしまう場合があります。美肌をキープするために頑張って摂っているのに、逆に肌荒れの原因になってしまうなんて本末転倒ですよね。そんなことにならないよう、コラーゲンの摂り過ぎに注意しましょう。

コラーゲンの一日の摂取目安量

コラーゲンの一日の摂取量目安は、5g~10gと言われています。国立健康・栄養研究所からの報告では、1日に10gを超えないようにするのが良いとされているので、気を付けたいところです。コラーゲン摂取のコツは、まさに「摂り過ぎないこと」なんですね。

コラーゲンの過剰摂取による副作用とは?

コラーゲンの過剰摂取による副作用は、疱疹(ぶつぶつ)や消化不良による腹痛、ニキビ、脂肪の蓄積などがあります。また最近の研究で、肝硬変や肺線維症という深刻な病を引き起こすことがありうるとも報告されています。「コラーゲンを沢山摂ればキレイになる」とたまに耳にしますが、これはウソだと考えた方が良いようです。

コラーゲンは摂取量を守れば肌荒れやニキビに効果的

コラーゲンは摂取量を守れば、本来は肌荒れやニキビにも良い効果を発揮します。コラーゲンには肌のターンオーバーを正常に保つ作用があるためです。

他にもコラーゲンはタンパク質の一種なので、アミノ酸として吸収されて新しい肌を作る材料になります。さらに細胞と細胞をつないで酸素や栄養素を取り入れやすくする、大切な役割も果たします。ニキビ改善だけではなく、予防やニキビ跡の修復においても、コラーゲンが働きかけているんです。

コラーゲンドリンクを飲むとニキビが増える?

吸収力抜群のコラーゲンドリンクを飲んで、ニキビや肌荒れが改善したという話はよく聞きますが、逆にニキビが増えたという声も耳にします。その違いって、一体何なんでしょう?

コラーゲンにも合う合わないがある

実はコラーゲンと一概に言っても、種類はとても多く、なんと20種類以上あると言われています。それだけたくさんの種類があるのなら、体質に合う合わないが出てくるのは当然のことかもしれませんね。

動物性コラーゲンでニキビができた事例も

動物性コラーゲンを摂ったことで、ニキビができたという事例もあるんです。実際に豚由来のコラーゲンには、皮脂を増やす効果があります。この作用は、普通~乾燥肌の方には皮脂膜の復活が期待できるのでありがたいんですが、オイリー気味な肌質の方には合わないと言えます。

コラーゲンドリンクを飲んでからニキビが増えた場合

コラーゲンドリンクを飲み始めてニキビが増えた場合は、すぐに飲むのを中断せず1週間ほど様子を見るようにしましょう。ニキビは、体が良くなる過程で一時的に症状が悪化する、好転反応の可能性があるからです。

コラーゲンドリンクを飲むペースを考える

1週間ほど飲み続けてもニキビが改善されない場合は、コラーゲンドリンクを飲むペースを考え直してみましょう。毎日飲むのではなく2、3日に1回というペースでも、コラーゲン不足になる心配はありません。

コラーゲンドリンクを変えてみる

ペースを変えてもニキビに変化が見られないのなら、そのコラーゲンドリンクが合わない可能性があります。その場合は、別の物に変えてみてはいかがでしょう。体質にはどうしても個人差があるので、実際に試しつつ、自分に合うものを探していくことをおすすめします。

コラーゲンだけ食べても意味がない?

美肌を期待してコラーゲンを食べているのに、なかなか効果が出ないと言う方は、摂り方が間違っている可能性があります。コラーゲンを摂取した場合、そのまま体内で吸収されることはありません。つまりコラーゲンは単体で食べても意味がないんです。

コラーゲンの働きを助けるビタミンを摂る

コラーゲンは、ビタミン類と共に摂ることが大切です。分子量が大きいため一度アミノ酸レベルまで分解され、腸で吸収された後、再びコラーゲンとして合成されます。このときビタミンCが必須で、不足していると合成がうまくいかないんです。

コエンザイムQ10は、コラーゲン合成の際、細胞にエネルギーを与えます。ビタミンB2、B6は、コラーゲンのターンオーバー促進をサポートします。このようにコラーゲンの働きを助けるビタミン類を一緒に摂ると、より効果がアップしますよ。

コラーゲンドリンクはカロリーにも注意する

コラーゲンドリンクを飲むときは、カロリーにも注意しましょう。いろいろなコラーゲンドリンクをチェックしてみると、たいてい1杯あたり50kcal前後のものが多いです。これ自体はそんなに高いカロリーではないですが、気になるのは飲む時間帯です。

肌の生まれ変わりやすい夜間にターンオーバーを促すために、コラーゲンドリンクは寝る前に飲む事が推奨されています。ちょうど太りやすい時間帯なんですよね。コラーゲンドリンクを選ぶときは、低カロリーの物を選ぶと安心ですよ。

まとめ

コラーゲンを摂ることでニキビや肌荒れが起こるのは、コラーゲンの過剰摂取による副作用でした。一度にたくさんコラーゲンを摂取して、早く美肌を手に入れよう!なんて考えは、NGです。それよりも決まった量を毎日コツコツと続けていく方が、断然、効果が高いんです。

ビタミン類と一緒に摂るなどして、コラーゲンを上手に取り入れることも大切なポイントです。ニキビやシワ、シミなどの肌トラブルを改善して、憧れのツルツルの美肌を手に入れましょう!

合わせて読みたい記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう