無断撮影後の神対応からみる藤田ニコルの成長

藤田ニコルの神対応がテレビで公開され、多くの人の注目を集めている。12月1日に放送された「耳が痛いテレビ 芸能界カスタマーセンター」の中で藤田ニコルにドッキリ企画を敢行した。

藤田ニコルはプライベート写真を無断撮影された時どういう対応をするのかが試される時である。この藤田ニコルの対応により視聴者からは賞賛の声が集まっている。

気になる藤田ニコルの神対応

バラエティ番組のなかでは、藤田ニコルがプライベートを満喫しているところに、おばちゃん2人組がやってきて勝手にプライベート写真を撮影するということが行われた。無断撮影は許されることではないが、このときの対応によって悪口を言われる可能性も否めない。

藤田ニコルは撮られたことを気付き、無断撮影をしたオバチャンのところまで歩いていき、撮ったのか撮っていないのか、冷静にしかし真面目に問い詰めた。さらに嫌な気持ちになったことを正直に伝え、自ら無断撮影をしたおばちゃんに握手を申し出た。

嫌な思いをさせられたことを我慢することなく、しっかり注意したところや注意した後に握手を申し出てファンサービスを行ったという二つの点で「神対応」であると話題になっているようだ。

藤田ニコルが政治家なみの神対応

無断撮影された際の対応が、有名な政治家のようであると褒める声が上がっている。普段のテレビの中で見る藤田ニコルへの思いが変化したり、ファンとしての人気が強まっていることは間違いないだろ、う。

藤田ニコル自身の思い

ドッキリ企画により藤田ニコルの意外な面を見た、という視聴者が多いが、藤田ニコルはどんな思いを持って生きているのか、気になるところである。
藤田ニコル自身は、苦手意識を持つこともあるようだが、自分なりのポジションを見つけることで、ふさわしい反応や立場を考え立ち回るように気をつけているようだ。藤田ニコルなりの考えが以前よりかなり成長したものであることがわかる。

神対応から見える藤田ニコルの成長

藤田ニコルの髪型やメイク、しゃべり方などキャラとしては認められていても全ての人に良い印象を与えている訳では無い。しかし、今回の神対応により藤田ニコルの好感度が上がり見方が変わったという人が多く見受けられた。

ただのおバカキャラとして認識さされていた藤田ニコルも年々成長し、しっかりとした自分なりの考えを持って行動できる人であることがよく分かる。日々の生活から学習していく能力を持っていることが無断撮影をしたひとに対する神対応で明らかになっただろう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう