高齢女性の心臓に悪影響!「体重の増減を繰り返すヨーヨーダイエット」

米国心臓協会(AHA)の年次集会で発表される少し前、「ヨーヨーダイエット」とよばれるダイエットとリバウンドを繰り返すことが高齢女性の心臓に負担をかけ、病気のリスクを上げることが、Somwail Rasla氏らの研究で明らかになった。

米ロードアイランド記念病院の研究者たちは11年以上高齢女性の体重の経過を追跡し、「ヨーヨーダイエット」と心臓病の関係を研究していた。

「ヨーヨーダイエット」と心臓障害の関連性

「ヨーヨーダイエット」とは、ダイエットをして体重が減っていったのちにリバウンドして体重が増えていくというパターンを繰り返していくことである。これは、成人後の体重の増減がはなはだしい女性たちに見受けられるダイエットの方法である。

研究者たちによると、この11年以上の追跡により、体重の増減を繰り返していた高齢女性たちの、心臓病にかかるリスクが3.5倍も上昇していることを発見した。さらに、冠動脈疾患による死亡者も大変多くなり、たしかに「ヨーヨーダイエットが」高齢の女性たちの心臓に負担をかけ病気による死亡のリスクを引き上げていることが分かる。

しかし、「ヨーヨーダイエット」を行ったからといって必ずしも心臓病や冠動脈疾患につながるとは限らない。この研究では因果関係を明らかにしたわけではなく、「ヨーヨーダイエット」と心臓病の関連性を示唆している。

高齢女性の健康を保つ方法は

この研究結果から、成人後の体重の増減がその後の健康状態に大きく影響を及ぼすということもわかった。研究者たちが追跡した高齢女性の中には、体重が安定している人、着実に増加している人、減量後に体重を維持している人、「ヨーヨーダイエット」になっている人の4群に分けられていた。「ヨーヨーダイエット」を行っていた人たち以外の高齢女性の病気のリスクは上昇していなかった。このことから高齢女性が健康で長生きするための方法も考察することが出来る。それは以下の2つの点である。

安定した体重の維持

Somwail Rasla氏は研究後の取材で『全体的な健康には、安定した体重を維持することが最良である』と話している。

無理なダイエットを避ける

無理なダイエットを行い減量とリバウンドの繰り返しを行うことで、病気のリスクが上がるのなら、無理なダイエットを避け体重を維持することに専念するべきである。

体重の維持でいつまでも健康に

年を重ねるにつれ、「おなかが出てきた」とか「二重あごになった」などダイエットを意識することも増えてくることは否めない。ただし、それに応じて無理なダイエットによる体重の減量とリバウンドによる増量を繰り返すことは決して体に良くないことが分かる。安定した体重を維持することこそが高齢女性に限らずすべての人間にとって健康を保つ秘訣なのだと思う。

参考:http://news.e-expo.net/world/2016/12/post-100.html

この記事が気に入ったら
いいね!しよう