脚が太くなる原因って?原因を見極めて効果的な脚痩せ対策をしよう!

全体を見ると太っているわけでもないし、毎日食べすぎているわけでもないのに、なぜか脚だけ太い…。一体どうしてなんだろう?と脚太りで悩んでいる人は少なくありません。

全体的にぽっちゃりしているのも悩みの種になりますが、脚だけ太いというのも悩みの原因になりますよね。実は、脚が太くなる理由にもいろいろな原因があるのです。原因によって脚痩せ対策も変わってきますので、脚痩せを目指すために、何が原因で脚が太いのか見分ける方法を紹介します。

脚が太くなる原因

脚が太いと悩んでいる人は少なくありませんが、脚が太くなる原因も1つではありません。いろいろな原因が重なって脚が太くなってしまったというケースも多いのですが、脚が太くなる主な原因を以下に紹介します。

脂肪のつきすぎ

1番分かりやすい理由が脂肪のつきすぎです。たくさん食べれば太るというのは当たり前なのですが、基礎代謝が良ければ脂肪はつきにくいです。しかし、カロリーが溜まって体の中の脂肪になってしまうと、脚が太くなってしまいます。体に脂肪がたくさんついて脚が太くなってしまうパターンです。

脚だけでなく上半身にも脂肪がたくさんついているのであれば、全身のダイエットを行う必要があります。そうしなければ脚痩せも望めません。まずは肥満の値を下げることから始める必要があるので、食事と運動に気を付けるようにしましょう。

筋肉のつきすぎ

筋肉がつきすぎていても脚太りの原因になります。学生時代に運動をしていたという人はもちろん、筋肉がつきやすい体質の人も脚が太くなりやすいです。筋肉がついている脚は健康的に見えるかもしれませんが、筋肉がボコッとついたたくましい脚は華奢で女の子らしい脚とはほど遠いので、それによって悩んでいる人も少なくありません。

しかし、ただ筋肉をなくそうとすると筋肉が脂肪に変わりブヨブヨの脚になってしまいます。そのため、筋肉を柔らかくしたりすることが大切です。マッサージによって筋肉が柔らかくなったり、筋肉の付き方が変わったりします。もともと基礎代謝は高いので、うまく対策をすれば比較的脚痩せしやすいと言えますよ。

むくみや水分の摂りすぎ

むくみが原因で脚が太くなる人も少なくありません。特に女性はむくみやすい体質ですので、これまでむくみで悩んだことがない、全くむくみがないという女性は少ないのではないかと思います。むくみというのは同じ姿勢をすることがで起こります。デスクワークで1日中座っている、1日中立ち仕事をしている、ずっと家にいるなど、同じ行動を続けていると老廃物が外に排出されなくなり、体がむくんでしまいます。

また、水の摂りすぎでも太ることがあるので、水を飲んで太るという場合もむくみが原因である可能性が高いです。むくみが取れないと水も体の外にうまく排出されなくなるので、脚はもちろん全体的に太って見えてしまいます。むくみによって脚が太くなってしまっている場合、マッサージや運動を行う必要があります。

体のゆがみ

体がゆがんでいても脚が太くなります。しかし、むくみと同じように、全く体がゆがんでいないという人のほうが少ないです。人間は少なからず左右どちらかに体がゆがんでいるものです。利き手や効き足があるので、体の動かし方にどうしてもクセが出て、左右の筋肉の付き方に違いが出てくるわけです。

目に見て分からなくても体が左右どちらかにゆがんでしまっているということがほとんどですので、ゆがみによる脚太りを解消するためには、体のゆがみを解消するのが1番です。骨盤や関節のゆがみを矯正すれば、脚痩せを効率よく行うことができます。

脚が太くなる人の特徴

脚が太い、下半身だけ太いと悩んでいる人は多いですが、どうして脚だけが太くなり痩せにくくなってしまっているのでしょうか?脚が太い人にはある共通した特徴があることが多いです。その特徴を紹介するので、参考にしてみてください。

バランスが悪い

脚が太くなる人はバランスが悪いことが多いです。バランスが悪いかどうかを確かめるのは簡単です。体のバランスが悪い人の特徴は以下の通りです。

・重心がどちらかに偏っている

・かかとや爪先に傾いている

・全身のバランスが悪い

バランスが悪い人は立つ時や歩く時にも影響が出ることが多いので、それをカバーするために脚の筋肉を通常よりも使うことになります。そうなると、自然と太ももやふくらはぎに筋肉がついて脚が太くなってしまうのです。つま先を外側に向けて歩くようにし、その際お腹にも力を入れることを意識することでバランス良く歩くことができるようになります。

1日同じ大勢でいることが多い

長時間座りっぱなし、長時間立ちっぱなしなど長い時間同じ大勢でいなければならない人は、どうしても脚が太くなってしまいがちです。座りっぱなしや立ちっぱなしといったように、何時間も同じ大勢でいると足の血行が悪くなってむくんでしまうので、脚太くなってしまうのです。

仕事だと仕方がない部分はあるのですが、少し時間があるときに大勢を変えるようにしてみたり、休憩時間に軽いストレッチで良いので行ってみるようにしてください。少しでも血液の流れを良くすることで脚をすっきりさせることができます。できるだけ1日に数回、意識して行うようにしてください。

立ち方や歩き方にクセがある

立ち方や歩き方に変なクセがある人も脚が太いことが多いです。変なクセを庇うために、筋肉が変なつき方をすることが脚の太さに繋がるのです。姿勢が悪い、歩き方に特徴があるというのを放置したままでいると、結果的に体が歪むことになります。体がゆがむと脚の太さはさらにひどくなる可能性があります。

ゆがみを直さないと脚を細くさせることは出来ませんので、全身の鏡を見て真っすぐ立つことを意識したり、自分の歩き方を見たりして直すようにしましょう。すぐに直せるものではありませんが、意識することで改善することは可能です。立ち方や歩き方のクセを直せば脚が痩せるだけでなく、スタイルが良く見えたり腰痛が治ったりいろいろな効果を期待することができます。

足を組むクセがある

足を組むクセがある人は脚が太くなる可能性が高いです。足を組む動作は体をゆがませる動作なので、筋肉が変なつき方をしたり、血行を悪くしたりします。そのため、足を良く組んでいると筋肉のせいで脚が太くなったり、下半身の血液の循環が悪くなりむくみによって脚が太くなったりしてしまいます。

特にいつも同じ足を組む人は体がどちらかにゆがんでいてバランスが悪くなっていることが多く、同じ方向ばかり足を組むことで、片方の足のほうが太くなってしまうということになりかねません。足を組んだほうが楽という人も少なくありませんが、脚を太くする原因になるので、座るときはやめるように意識してください。

脚が太くなる原因を見極める

脚が太くなる原因や特徴について紹介しましたが、どうして自分の脚が太っているのか原因を見極めることが脚痩せの近道になります。一体何が原因で脚が太くなってしまっているのかを知ることから始めましょう!

脂肪太りなのか筋肉太りなのかを見分ける方法

あなたの脚が太くなってしまっている原因が、脂肪なのか筋肉なのかをなのかをまずは見極めるようにしましょう。

太ももを見分ける場合

太ももを見分けるときは、スクワットをするような形で少し腰を落として、太ももを触ってみてください。そのとき触ってつまめる部分が脂肪で、内側にある硬い部分が筋肉になります。

ふくらはぎを見分ける場合

ふくらはぎを見分けるときは、つま先立ちをしてください。つま先で立った時にやわらかい部分が脂肪、硬くなっている部分が筋肉です。

この2つの方法を行うことで、脂肪が多いか筋肉が多いのかを見極めることができます。たくさんつかめた場合は脂肪のつき過ぎ、脂肪がつまめなかった場合は筋肉のつきすぎで脚が太くなっている可能性が高いです。

脂肪のつきすぎの場合は、ウォーキングやスクワットなどをして筋肉をつける必要がありますし、筋肉のつきすぎの場合は、マッサージをするなどして筋肉を柔らかくして脂肪が燃焼しやすくしてあげることが大切です。

むくみがあるかどうか確かめる

むくみがあるかどうか確かめるのは、太ももやふくらはぎを20秒ほど押して指の跡がつくかどうかチェックするだけです。これで指の跡がついたり、皮膚がなかなか戻ってこないというような場合は脚がむくんでいる可能性が高いです。夕方になると朝履いた靴がきつくなる、靴下の跡が残るというような場合もむくみ体質である可能性が高いです。

むくみによって脚が太くなっている場合、マッサージをして血流を良くしたり、同じ姿勢をせずに適度にストレッチを行うことによって改善することができます。脂肪や筋肉が原因で脚が太くなっているよりもサイズダウンしやすいので、毎日努力することで脚がスッキリしてくるはずですよ。

骨盤のゆがみがあるかどうか確かめる

スカートを履いたときに回って前後がズレる場合や腰回りにお肉がついているような場合骨盤にゆがみがある可能性が高いです。また、目をつぶったまま、その場で足踏みをして、最初の位置から前後左右に動くようであれば骨盤にゆがみがあります。前後左右に大きく動いていればいるほど、ゆがみが大きいと言えるでしょう。

目に見えてゆがみが分からない場合でも、体にゆがみがあるという人がほとんどなので、床に目印を決めてその場で1分ほど足踏みをして1度試してみてください。体にゆがみがあると、バランスが悪く効率よく脂肪を燃焼できないので脚太りの原因になります。体を真っ直ぐにすることを意識したり、時には整骨院に行ってゆがみを解消しましょう。そうすれば脚やお尻が自然にスッキリしてくるはずです。

脚太りの原因を見つければ効率よく脚痩せすることが可能

今回は脚が太くなる原因について紹介してきました。

脚が太くなる大きな原因は大きく分けると、

1.脂肪
2.筋肉
3.体のむくみ
4.骨盤のゆがみ

の4つに分けることができます。

自分自身で何が原因で脚が太くなっているのかを知ることができれば、原因を改善することで脚痩せを目指すことができます。

脚だけが太いという場合、体が太っているとは関係ないことがほとんどなので、ダイエットをして体重が減っても脚だけ痩せないということになります。

脚痩せを目指すのであれば、まずは原因を知って適した対策を行うようにしましょう。

合わせて読みたい記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう