シミの色によってメイク方法を変えてまっさらでキレイな肌に!

顔に浮き出る茶色っぽいもの「シミ」

私たちの顔に、気が付いたら浮かび上がっている茶色っぽいもの「シミ」。シミは“なかなか消えない”というイメージが強いので、発見したらショックを受ける方も多いのではないでしょうか。

なぜシミができる

そもそも何が原因で私たちの顔には、シミができるのか知っていますか?原因とされるものは紫外線や肌の乾燥、お手入れの際に生じるダメージなどたくさんありますが、ほとんどのシミの原因は、やはり紫外線なのです。

シミの中でも私たちの顔に最もできやすいのが「老人性色素斑」と呼ばれる種類のシミで、こちらは紫外線が原因でできると言われています。できはじめは薄い茶色をしていますが、しだいに濃くなって、はっきりとした茶色いシミになるのが特徴です。

では紫外線があたることで、なぜシミはできるのでしょうか。一言でいえば、紫外線から肌を守ろうとした結果によるもの。一度は耳にしたことがあると思いますが、シミのもととなるのはメラニン色素です。

シミができるまで

紫外線が肌にあたることで、肌内部を守ろうとする働きがあり、その過程で肌内部の基底層と呼ばれる部分にあるメラノサイトからメラニン色素が作られます。作られたメラニン色素は肌の奥から肌表面へ徐々に受け渡され、メラニン色素が肌に居座った結果、目に見える茶色っぽいものがシミと言われています。

通常メラニン色素はターンオーバーとともに排泄されていくものなのです。しかし、なんらかの影響でメラノサイトの過剰な働きがおさまらず、メラニン色素が作られ続けるとシミとなって残ってしまうことに…。肌に居座るメラニン色素は、残念ですが、すぐになんとかするのは難しいのです。

普段のお手入れが何より大切

シミの最大の原因が紫外線と知った以上、シミを作らないようにするには紫外線から肌を守ることが最も大切になります。もうすでに出来てしまっているシミに関しては、美白化粧品などでケアをしていき、薄くなることを期待しましょう。

シミが薄くなるまではメイクでしっかり隠す

では、薄くなるまではどうしたら良いか。それは、メイクでしっかりとカバーをすれば良いのです!シミは色によってメイクの方法を変えることがオススメです。今回は、濃い色のシミ、薄い色のシミ、それぞれどんな風にメイクで隠したら良いのかをお教えします。

必須アイテム「コンシーラー」

まず、シミを隠すために必須となるのが「コンシーラー」です。高いカバー力が特長の化粧品なので、シミを隠す場合にコンシーラーは欠かせないと言えるでしょう。さて、ここで大切になるのはコンシーラーを使う順番。基本的には、下地→ファンデーション(リキッド系)→コンシーラー→フェイスパウダーの順番で使用していきます。

その理由は、コンシーラーをファンデーションよりも先に使ってしまうと、せっかく塗ったコンシーラーをファンデーションが落として台無しにしてしまうからです。使うのに少しコツのいるコンシーラーですが、ここでしっかりマスターしてシミを隠して行きましょう。

色が薄く広範囲に広がるシミの隠し方

それでは、まず初めに「色が薄いシミ」の場合です。色が薄いといっても、シミの範囲が広いか狭いかもあると思います。シミの色が薄く、かつ広範囲に広がっている場合は、下地を塗った後にリキッドファンデーションを塗りましょう。基本的に顔の中心から外側へ塗る方が自然な立体感もでるのでオススメです。

また、全体的にもやもやと顔にシミが広がっている場合はツヤ系のファンデーションを使うのも良いでしょう。光沢感のあるファンデーションの薄い膜が自然に、もやっとしたシミを飛ばしてくれます。

シミの色が薄ければ、ファンデーションのみでシミが目立たなくなることも多いです。しかし、まだシミが気になる場合は、伸びの良いリキッドタイプのコンシーラーを併用していきましょう。

肌馴染みが良いので、広範囲に広がる薄い色のシミを隠すのにベストと言えるでしょう。仕上げにシミを隠した部分からフェイスパウダーを押さえるように塗り、顔全体へと塗っていけば完成です。

色が薄く小さいシミの隠し方

老人性色素斑の初期段階のような薄くて小さいシミの場合は、リキッドファンデーションを塗ったあとに、クリームタイプのコンシーラーを使いましょう。この際、クリームタイプは油分が若干多めに作られているので、塗りすぎて厚ぼったくならにように注意が必要です。

ポイントは、シミよりもやや広めに馴染ませることです。塗布したら、指のはらでポンポンと軽く叩いて馴染ませます。もし、2色コンシーラーがある場合は、明るい色から塗り、その後に濃い色を塗ってブレンドするようにしましょう。仕上げにフェイスパウダーを塗るのを忘れないようにしてください。

色が濃く広範囲に広がるシミの隠し方

色が濃くて広範囲に広がるシミはとても厄介ですよね。この場合、リキッドファンデーションをのせた後にコンシーラーを使用するのは今までと同じですが、コンシーラーの使い方を少し工夫しましょう。しっかりカバーできるように、スティックタイプのコンシーラーがオススメですが、こちらの弱点は伸びが悪いところ。

コンシーラーの伸びを良くするためにも、一度スポンジや、手の甲に取ってそこで馴染ませてからシミの上に乗せるのが良いでしょう。

ここで気をつけたいのが、たくさんの量をシミの上に乗せるのではなく、少しづつ中心に乗せてトントンと馴染ませることです。これを数回繰り返せばだんだんシミは気にならなくなります。ここでもやっぱり仕上げはフェイスパウダーです。

色が濃く小さいシミの隠し方

小さいけれど色が濃い。意外と厄介なこのシミには頭をかかえている方も多いと思います。この場合は、リキッドファンデーション使用後に、カバー力の高いペンシルタイプのコンシーラーを使ってみてください。

ペンシルタイプのコンシーラーをシミに当てて、左右に細かく動かします。多く塗りすぎないように気をつけながら塗ったら、指のはらでトントンと馴染ませて密着させます。最後は必ずフェイスパウダーで仕上げてください。

最後に

いかがでしたか?シミの色によって隠し方を変えるなんてちょっと意外だったでしょうか。

上手にシミを隠すポイントは、シミの色によって使うコンシーラーを変えるということです。そして、シミを上手に隠せるようになれば今よりもっとメイクが楽しくなって、誰かに会ったり、外出もますます楽しみになりますよね。

シミを増やさないようにするためにも、普段から紫外線にあたらない努力だけは絶対に怠らないようにしましょう。

合わせて読みたい記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう