シミ・ソバカスを消す!上手なファンデーションとコンシーラーの使い方

大きな肌トラブル「シミ」

私たちは生涯を通じてあらゆる肌トラブルに悩まされますよね。中でも特に嫌なのが、シミではないでしょうか。一度できるとなかなか消えないので、できればシミのない肌を目指したいですよね。シミといえば、主な原因は紫外線が有名です。でも、シミを招く紫外線の脅威をしっかり理解していない方も実際のところ多いかもしれません。

シミの原因「紫外線」とは

なんとなく紫外線は美肌の大敵と分かってはいても、うっかり日焼けをしてしまった経験はありませんか?さらに、自分では普段どのくらい紫外線を浴びているかは実感できないですよね。でも実際には想像以上のダメージが日々蓄積され、ある日突然シミとなって現れるのです。

紫外線というのは実はA波とB波があり、どちらもシミの原因となるため両方を防ぐことが大切なのです。そして、紫外線を防ぐ化粧品といえば「日焼け止め」ですよね。日焼け止めをしっかりと毎日塗ることは、シミを防ぐ上でも非常に大切なので是非実践して頂きたいもの。

紫外線を確実にカットする方法

しかし、より確実に紫外線をカットする方法がもう一つあるのです。それが、日焼け止めの上から“ファンデーションを塗る”ことなのです。でも、ファンデーションを塗れば紫外線をカットできるなんてちょっと意外ですよね。

ファンデーションの驚くべき効果

実は、日焼け止めを除くベースメイクアイテムの中で一番紫外線カット効果に優れているのは、粉上のファンデーションやフェイスパウダーなのです。パウダーの中には粉上の紫外線散乱剤が配合されているものがほとんどなので、光をしっかりと跳ね返すことができるのです。その効果は、季節を問わず外にいる時間が2時間以内なら、日焼け止めを使わずにパウダーファンデーションだけでも充分な程!

ちなみに、紫外線散乱剤というのは肌表面で紫外線を跳ね返すだけでなく、先ほど話したA波とB波両方を防ぐこともできるのです。刺激が強いというデメリットもあるので、肌に合うか注意して使いたいですが、それでもシミを防ぐ効果には期待大ですよね。

普段私たちはシミなどの肌トラブルを隠そうとファンデーションを使います。それが、ファンデーションにはシミを防ぐ効果もあるなんて!ファンデーションのことを詳しく知ったら、これからもっと上手に使いたくなりませんか。

ファンデーションとコンシーラーの上手な使い方

そこで今回はシミを隠すためのファンデーションの使い方を見ていきたいと思います。さらに、シミを隠すのに忘れてはならないアイテムがもう一つ。そうです。コンシーラーですよね。ファンデーションとコンシーラーを一緒に使ってシミのないまっさらな肌を作っちゃいましょう!

押さえておきたい使用順序

まず最初に押さえておきたいのは、ファンデーションとコンシーラーを使う順番。それは、ファンデーションのタイプによって変わってくるのです。今使っているファンデーションが液状の場合は、ファンデーション→コンシーラー→パウダーの順番。粉状のファンデーションを使っている場合は、下地→コンシーラー→ファンデーションの順番に使いましょう。

液状のファンデーションの場合は、最後に必ずフェイスパウダーを使用してくださいね。理由は、すでにお話した通りで、粉状のフェイスパウダーには紫外線散乱剤が含まれているから。それでは「液状のファンデーション→コンシーラー→パウダー」パターンの上手な使い方をみていきましょう。

「液状のファンデーション」を使用する場合

まず、ファンデーションを手の甲に取ります。手の甲の上で液を馴染ませてから顔に塗り始めましょう。そうすることで、化粧ノリが良くなり、ムラも減らすことができるんですよ。ファンデーションは顔の中心から外側へ伸ばします。そうすることで自然な立体感を出すことができます。シミが濃い場合は、ファンデーションをシミの上に乗せてそこから外側に伸ばしても大丈夫です。

つぎにコンシーラーですが、シミの色が薄い場合は伸びの良い「リキッドタイプ」か「クリームタイプ」を使います。シミの上ではなく、シミの中心をやや外してコンシーラーを置きます。そして、指のはらでポンポンと軽く叩いてぼかすように馴染ませます。クリームタイプで2色コンシーラーがある場合は、明るい色から塗り、その後に濃い色を塗ってブレンドするようにしましょう。

シミの色が濃い場合

シミの色が濃い場合は、「スティックタイプ」「ペンシルタイプ」を使うのがオススメです。この2つのコンシーラーはカバー力が高いのが特長。スティックタイプの場合は伸びが悪いので、伸びを良くするためにも一度スポンジや、手の甲に取ってそこで馴染ませてから顔に乗せるのが良いでしょう。

ここで気をつけたいのが、たくさんの量をシミの上に乗せるのではなく、少しづつ中心に乗せてトントンと馴染ませることです。数回繰り返し行うことで、シミが気にならなくなります。ペンシルタイプのコンシーラーは、シミに当てて、左右に細かく動かしましょう。塗りすぎないように気をつけながら動かし、指のはらでトントンと馴染ませて肌に密着させます。

コンシーラーの注意点

コンシーラーの使い方を説明しましたが、使う際に気をつけて頂きたい点があります。目の周りや口周りに塗る場合、それらの部位は皮膚の動きが激しいため、例え濃いシミがあったとしても液状の柔らかいものを使用する方がいいでしょう。そうしないと、ヨレができてしまい簡単にメイクが崩れ、逆にシミが目立ってしまいますのでご注意を。

仕上げはフェイスパウダーです。コンシーラーを塗った部分からフェイスパウダーを乗せましょう。軽くおさえるように乗せて、そのあと顔全体へ塗るとムラができにくくなります。フェイスパウダーは紫外線を防ぐ効果の他に、ファンデーションやコンシーラーをより肌に密着させる効果も期待できます。

「粉状のファンデーション」を使用する場合

つぎは「下地→コンシーラーファンデーション」パターンの上手な使い方です。シミを上手にキレイに隠したい場合、下地でオススメなのがBBクリームです。BBクリームは「保湿もできる化粧下地」と呼ばれることもあり、角層に水分と油分を補給して潤いを与えながら下地を塗った状態をつくれるのです。

下地にオススメ、BBクリーム

また、BBクリームはコンシーラー機能を兼ね備えているので、メイクでシミを隠したいと思っている方にとっては是非使ってほしいアイテムです。使い方は液状のファンデーションと同じなので参考にしてください。もしシミが濃くて気になる場合は、BBクリームの重ね塗りがオススメ。ただし、厚化粧にならないように気をつけてください。

そして、コンシーラーと仕上げのファンデーションを先ほどと同様にシミを隠すように塗っていきましょう。ファンデーションはシミを増やさないためにも塗り忘れのないように!

最後に

いかがでしたか?BBクリーム、ファンデーション、コンシーラーはシミにお悩みの方のまさに救世主ではないでしょうか。上手に使って、キレイに簡単にシミを隠しましょう。また、シミの種類の中でも顔にモヤモヤと広がる特徴があるそばかすも、今回の方法で消すことができます。そばかすにお悩みの方も是非実践してみてくださいね。

合わせて読みたい記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう