今話題のダイエット豆知識!私たちの腸には「ヤセ菌」と「デブ菌」があるって知ってますか?

クリスマスに忘年会、お正月。。。と、何かとイベントが多い冬。夏よりも冬の方が太りやすくて体重増加が気になる方も多いのではないでしょうか?

そんな悩みの中で、「食べても食べても太らない人」もいます。反対に「ダイエットしても全然痩せない人」もいます。同じように食べても太る人と太らない人。この差ってどうしてできるんでしょうか?

謎を解くカギは腸内細菌にあり!

私たち人間の腸にはたくさんの腸内細菌が住みついています。その数なんと100兆個以上だとか!

この中の腸内細菌はいろいろな働きをもつ細菌たちがいますが、これらが健康に大きな影響を与えています。その中になんと、”ヤセ菌”と”デブ菌”なんてものが存在するんです。

あなたの腸はこのコ(菌)がいる?いない??”ヤセ菌”!

正確に言うと、”ヤセ菌”ではなく”バクテロイデス”なんていう名前。この菌は、脂肪の蓄積を抑えてくれたり、腸管のバリア機能を改善させたりしてくれる働き者。

このバクテロイデスを増やすことができれば、食べても食べても太りにくい体質になれるんです♪

あなたの腸はこのコ(菌)の方が多かったりして。。。”デブ菌”!

“デブ菌”の正体は”ファーミキューテス”なんて呼ばれる菌です。この菌は消化されたものを体内に溜め込んでしまう働きをします。

普通なら排出される余分な栄養素まで吸収しちゃう。。。だから同じように食べてるのに、太ってしまうんですねー!

一般に、「肥満」と呼ばれるような人はファーミキューテスが多いことがわかってきています。菌って名前がついているからなんだか感染しないか心配になりますが、それは大丈夫です♪

デブ菌を減らしてヤセ体質になりたい!!

では、デブ菌を減らすにはどうすれば良いのでしょうか?

・善玉菌を増やす食べ物を摂る

・食事を摂る間隔を変える

・食生活を見直す

一般的に、これらが有力だと言われています。

善玉菌を増やす食べ物

発酵食品(納豆・味噌など)、食物繊維(野菜・果物・海藻など)、乳酸菌(ヨーグルトなど)、オリゴ糖

太りやすい体質の方は、食事内容も太りやすいものを摂取しがちなのかもしれません。脂質や糖質を少しセーブして、野菜や海藻などを意識して摂るようにしてみてください。

食事を摂る間隔

どうしても、朝食・昼食・夜ご飯の食べる時間って毎日自分の時間で決まっていて、そんなにお腹が空いていなくても、ご飯の時間だからと食べてしまうことってあると思います。

基本的に、人間って4~5時間間隔で食事をするのが体に良いとされているんです。お仕事の都合などでなかなか難しいかもしれませんが、この間隔で食事を摂るように心がけてみてください。

食生活の改善

これは善玉菌を増やす食べ物の項目と似ていますが、食事の内容を変えて腸内細菌の比率(デブ菌4:ヤセ菌6が理想)が整ってくるまで4日ほどかかるそうです。

なので、1~2日カラダに良い食事をしても、また以前の食事に戻したら、腸内環境もまた元に戻ってしまいます。体が腸内細菌の比率を覚えてくれるまで、食生活の見直しは最低でも2ヶ月は続けましょう。

デブ菌を減らす=ヤセ菌が増える!

さぁこれで腸内細菌の比率は体が覚えてくれたかと思います!これで更に、ヤセ菌が増えるような食事に変えていけばもっともっとヤセやすい体質になっていきます。

野菜や果物が良いとされてきましたが、その摂り方、摂る時間についてもコツがあります。

酵素をしっかり摂る!で”バクテロイデス(ヤセ菌)”が増える!

酵素は生の野菜や果物に多く含まれています。野菜は加熱せずに(しすぎないように)生のままそのまま丸ごと食べることが一番。

エクストラバージンオリーブオイルや、熱処理されていない生のはちみつなどにも酵素がたっぷりです♪

乳酸菌は寝る前に摂ると◎

寝る前にヨーグルトを食べると、ヤセ菌を増やす効果があるそうです!

これは、腸の働きって副交感神経がつかさどっているので、夜になるにつれて副交感神経が活動を始めるとともに、腸も活発になるそうなんです。

副交感神経は午前0時をピークに働きが活発になるので、その時間くらいに乳酸菌を腸へ運んでおくと善玉菌の力で腸の働きがスムーズになるというサポートになるんです。

ヤセ菌を増やしてヤセ体質に♪

いかがでしたか?「デブ菌やヤセ菌なんてものが存在するなんて知らなかった!」「ダイエットしても全然痩せない。。」なんて人はぜひともヤセ菌が増える食生活にしてみませんか?

無理せず簡単に♪とりあえず「寝る前にヨーグルト」を始めてみてはいかがでしょうか☆

この記事が気に入ったら
いいね!しよう