パーツごとの使い分けが仕上がりを左右する!部分別コンシーラーの使い方

目元のクマやほうれい線、ニキビ跡など、隠したい肌悩みはさまざまです。顔まわりや手などにいろいろな種類のトラブルを抱えているとき、すべてに同じコンシーラーを使ってしまっていませんか。

部分によってコンシーラーのタイプや使い方を変えれば、もっと効果的に隠したい部分をカバーできますよ。コンシーラーの使い方を、部分別に詳しく解説します。

顔まわりの部分別コンシーラーの使い方

顔の中でも加齢によってシミができやすいのは頬、ニキビ跡が目立つのはこめかみやあごまわり、くすみは目元などにできる可能性が高いもの。いずれにしてもポイントは、動きの多い部分に柔らかく軽めのコンシーラーを使うことです。

こめかみのニキビ跡はスティックタイプでしっかりカバー

Tゾーンの脂っぽさからニキビが額まわりにできた思春期の名残で、こめかみにニキビ跡が残ってしまっているケースは多いでしょう。気づかないうちに濃くなり青ざめたという人もいるのでは。

こめかみは顔の中でもあまり動きのない部位ですから、硬めのコンシーラーでしっかり隠すことが可能です。スティックタイプのコンシーラーをポンポンと置いて、しっかりカバーしましょう。

コンシーラーの色は、肌色よりやや暗めがベター。こめかみに暗めの色をオンすることで、小顔効果も生まれます。

目元のクマにはツヤ系リキッドタイプかクリームタイプを細筆でオン

目元は、顔のパーツのなかでも最も動きが激しい場所。瞬きによってヨレが生じ、化粧崩れが起こりやすいので、ていねいなベースアップが基本です。

目元のクマやくすみには質感の柔らかいリキッドやクリームをオンしましょう。とくにおすすめなのが、ハイライト効果のあるリキッドコンシーラーです。くすみが飛んで、より顔が明るくなります。

リキッドを目の下に点々と置いていき、叩くようになじませ、数回瞬きをしてニッコリ笑います。こうしてヨレがないかチェックしましょう。

クリームタイプを選ぶなら、コンシーラー用の細筆をつかうのがおすすめ。肌のキメに入り込んでくれるので、瞬きしても崩れる心配がありません。

頬のシミやそばかすには暗めの色を内側から外側へ向かってオン

頬のシミやそばかすが気になるなら、コンシーラーはやや暗めの色を使いましょう。小さいそばかすならペンシルタイプ、広範囲ならクリームを選ぶのが基本です。

ペンシルタイプは気になる部分にちょいちょいと置くだけでOKですが、クリームタイプの場合は、顔の中心から外側に向かって伸ばして。頬の両端に向かって色のグラデーションが生まれ、小顔効果が見込めます。

小鼻の赤みは明るめのリキッドかクリームを細筆で

小鼻まわりの赤みもコンシーラーで消せます。化粧崩れが起きやすいところなので、肌のキメまで行き渡るよう、リキッドかクリームを細筆で塗るのがいいでしょう。

暗い色のコンシーラーを選んでしまうと、赤みがうまく消えないかもしれません。やや明るめの色を選んで、それでもカバーしきれないときには緑系のコントロールカラーを使って。きっと、驚くほど赤みを補正してくれますよ。

唇まわりは口を動かしながら細筆で

唇は、目元と同様、動きの激しいパーツです。目のまわりと同じリキッドかクリームを、やはり細筆で塗りこみましょう。

このとき、口を大きく開けながら塗るのがポイント。塗り終わったら唇を閉じ、ニッと笑い、また大口を開けてコンシーラーがヨレていないか確かめます。ヨレは厚塗りの証拠。できるだけ薄づきになるよう整えましょう。

ほうれい線は筆で横線を引いてなじませて

ほうれい線は、顔の筋肉を動かしたことでできるもの。ここの化粧がヨレてしまうと、とても目立ちますよね。動きの多い部分ということで、やはり細筆の出番です。

細筆にクリームかリキッドのコンシーラーをとったら、ちょうど猫のひげを描くように、ほうれい線に対して横線を何本か引きましょう。そのうえで、トントンとなじませます。

しわであるほうれい線は、コンシーラーを塗り込む前の手入れで柔らかくしておくことも重要。ワセリン配合のクリームなどであらかじめケアしておくと、仕上がりが違いますよ。

顔以外の部分にもコンシーラーを使ってぐっと美肌に

顔同様、隠せないのが手の甲です。夏には腕、ファッションによっては足もむき出しになりますよね。

顔以外の部分であっても、あざやシミがあるとぐっと老けて見えてしまいます。そんなときにもコンシーラーが有効です。

腕のあざや傷にはスティックタイプを塗った後にパウダーをオンして

デリケートな顔と違い、腕についてはあまり肌への負担を考えなくてもいいという利点があります。カバー力の最も強い、スティックタイプを存分に使いましょう。

ただし、そのままではテカリが生じ、素肌となじんだ印象にはなりません。パウダーをオンしてテカリを消しましょう。化粧落ち防止にもなります。

手の甲のシミには肌なじみよいクリームタイプで接近戦もクリア

手の甲は、シーンによっては間近でじっと見られてしまうことがありますよね。お客様相手の仕事をしているならなおさらです。クリームタイプのコンシーラーなら肌なじみよく、「隠している」感が出ません。

手の甲は身体の他の部位と違って洗うことの多い部分ですから、手軽に化粧直しができるコンシーラー選びが重要です。クリームなら、気になったときにサッと塗り直せて便利でしょう。

タトゥーや足全体などの広範囲にはボディ用をゲットして

軽めのコンシーラーではなかなか消えないタトゥーや、足全体に塗り込んでツルさら肌に見せたいというときには、ボディ用のコンシーラーを手に入れましょう。まるでクレヨンのように、全てを隠してくれます。

あまりのカバー力に感激しても、ボディ用を顔に使うのはタブー。敏感な顔の肌が荒れてしまうので、あくまで身体のトラブルを隠すためだけと心掛けて。

複数のコンシーラー使いで、より均一な顔色に仕上げる!

以上、部分別にコンシーラーの使い方を解説しました。今まで一つのコンシーラーで間に合わせていた人も、複数使いを始めれば、より自然にトラブルを隠すことができますよ。

ベースメイクは、ポイントメイクを美しく仕上げるためのパレットづくり。パレットの色が、メイク完成時の見栄えを決めます。自由なポイントメイクを楽しめるよう、より均一な顔色づくりをコンシーラーで叶えましょう!

合わせて読みたい記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう