痩せない原因はデブ菌にある!?腸内フローラのバランスを整えて健康的にダイエット♪

食事制限をしても運動をしても体重が落ちない!という方はいらっしゃいませんか?もしかしたらそれは、〝腸内フローラ〟のバランスが崩れているからかもしれません。

腸内フローラのバランスはダイエットと深い関わりがあります。つまり、痩せるのも太るのも腸内フローラのバランスによって決まるといっても過言ではないのです。

おすすめ記事


流行りの酵素ダイエットはもう古い?「生」の酵素を摂り入れたダイエットが人気の理由

まだ間に合う!お手軽酵素ダイエットを始めてみましょう

そもそも「腸内フローラ」ってなに?

私たちの腸内には多様多種な細菌が生息しています。その数なんと、数百種600兆個!そして、これらの細菌は、主に小腸から大腸の腸壁に種類ごとにグループをつくって住んでいます。

顕微鏡でのぞくと、その様子がまるで花が群生しているように見えることから「お花畑(flora)」と呼ばれるようになったのです。

腸内細菌

腸内細菌は「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」の大きく3つに分けることができます。

善玉菌~カラダに良い働きをしてくれる菌~

元気や美しさの素となるビタミンを作ったり、カラダの免疫力を高める働きがあります。また、腸内を酸性に保つことによって排便を促し、ウィルスや毒素の侵入による感染を防いでくれます。

悪玉菌~カラダに悪い働きをする菌~

排泄しにくい便を作る、腸内で有害物資を作り出す、など、様々なカラダの不調の原因になります。悪玉菌が増えることによって便秘になったり痩せにくくなったりするので、「デブ菌」と呼ばれることもあります。

日和見菌~どちらにも属さない菌~

腸内の善玉菌と悪玉菌のバランスによって、優勢な方の味方(同調)をして、その働きを助けます。

悪玉菌もカラダに必要!?

悪玉菌、いわゆるデブ菌がカラダに悪さをするということはわかりました。だったら悪玉菌を無くせばいいのでは?と思われるかもしれませんが、そうではないのです。なぜなら悪玉菌には悪玉菌の「大切な役割」があるからです。

肉を腸内で分解する

悪玉菌は肉類などのたんぱく質を分解し、その栄養素を吸収できるようにする働きがあります。ですから、悪玉菌がいないと食べたお肉を分解することができないのです。

赤ちゃんの免疫力を高める

生まれたばかりの赤ちゃんの腸管は無菌状態です。ですが、自発呼吸や母乳を飲むことによって悪玉菌が腸内に入り込みます。そのことによって、初めてカラダに害を及ぼす存在を認識してこれを攻撃する、つまり免疫機能が備えられます。

大切なのは善玉菌と悪玉菌のバランス

悪玉菌はとかく嫌われがちな存在ですが、善玉菌とのバランスがとれていれば、悪玉菌だけが増えて悪さをすることはありません。ですから、悪玉菌をなくせばいい、のではなく「バランスを良くする」ことが大切なのです。

理想的な状態は
〝善玉菌2割:悪玉菌1割:日和見菌7割〟

このバランスに腸内環境を保つことがとても大切なのです。

悪玉菌を増やさない!

腸内で悪玉菌が優勢になると、悪玉菌が作り出す有害物質も増えます。これらの有害物質はお腹の調子を悪くするだけでなく、腸から吸収されて全身をめぐり、生活習慣病や老化の原因になります。

悪玉菌は、不規則な生活や運動不足、ストレス、甘い物や肉類の摂り過ぎなどによって増えます。腸内細菌は一方が増えると一方が減るので、悪玉菌が増えると善玉菌は減ってしまいます。

善玉菌を増やして腸内フローラのバランスを整えましょう

太りやすい体質を改善するためには、善玉菌優位の腸内環境に整えることが大切です。
善玉菌を増やすために、乳酸菌・発酵食品を毎日食べるようにしましょう。

ヨーグルトやチーズは手軽に食べられるのでおすすめですが、味噌汁やぬか漬け、納豆など、植物性の乳酸菌も取り入れるとさらによいでしょう。

ウォーキングも腸内環境を整えるために効果的です。便秘が気になる方は、腹筋をして腸の筋肉を鍛えましょう。回数は多くなくていいので、毎日少しずつ、継続してやるようにしましょう。

腸内環境を整えて、カラダ美人!

アメリカで行われたある研究で、痩せ型の人と肥満型の人の腸内細菌をマウスに移植する実験が行われました。

その結果、肥満型の人の腸内細菌を移植されたマウスだけが肥満体型になったそうです。この結果からも、腸内細菌が体型に影響を与えるということがわかりますね。

腸内フローラのバランスを整えて太りやすいカラダとはお別れし、痩せやすいカラダを手にいれましょう。

このページ内容と関連した記事:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう