冬の乾燥はお肌の大敵!乾燥の原因と冬のお手入れ方法

秋~冬になると乾燥の季節がやってきます。乾燥はお肌の大敵ですが、冬になるとカサつく肌に悩まされている人も多いのではないでしょうか。冬になると多くの人を悩ますのが乾燥肌です。

冬は乾燥する季節だから仕方ないと思っているかもしれませんが、乾燥する原因にもさまざまなことが考えられます。かゆみやシワの原因にもなってしまう乾燥肌をやっつけて、冬でもツルツルの肌を保ちたい!そう思うのは当然ですよね。

しかし、そうは言っても乾燥肌を撃退するためにはどのようなケアをすれば良いのか分からないという人もいるでしょう。そこで、乾燥肌を引き起こす原因を調べるとともに、それを撃退するお手入れ方法について解説していきたいと思います。

真冬のお肌は水分量も油分量も下がり気味

真冬の寒い時期は1年の中で最も肌トラブルを感じやすい季節と言われています。気温が下がることで湿度も下がって、お肌の水分量も油分量も下がってしまい、肌トラブルや疲れが出てしまうのです。肌の乾燥は老化の始まりです。

冬の肌の状態とは

冬に肌が乾燥して肌トラブルが良く起こる…と悩んでいる方も多いと思いますが、それには冬の冷たい空気や気温、湿度が関係しています。冷たい気温や湿度によって、肌の血管はどうしても収縮してしまいがちになります。

そうすると、皮脂の分泌が少なくなってしまうので、肌の水分を守ってくれる皮脂のバリアをきちんと作ることが出来なくなってしまいます。皮脂バリアがないと、大切な肌の水分が蒸発してしまって肌が乾燥してしまうようになります。

寒い冬の季節に肌が乾燥してしまうのはそのためなんですね。肌のバリア機能が弱くなってしまう冬は、洗顔後、お風呂上がりの後もいつも以上に注意して保湿しておきたいものです。

冬は水分と皮脂分泌量のバランスが崩れやすい

肌の潤いを決めるのは、肌の水分量と皮脂の分泌量のバランスであると言われています。このバランスが上手く保たれていると肌の潤いが失われることはないのですが、冬になって気温と湿度が大幅に下がることで、肌の水分蒸発量は増加するのに皮脂量は減ってしまいます。

寒いと体が体温を保とうとして、皮脂表面の血流を悪くしてしまうので、皮脂の分泌量が減って肌の代謝も落ちてしまうことになります。皮脂が少なくなると、肌の水分量も減っていくので潤いがなくなってシワなどの肌トラブルが起こるようになります。

皮脂分泌量のバランスが崩れると、化粧水などで水分補給を行っても水分量の蒸発を助長するだけになってしまって意味がなくなってしまうわけです。

乾燥の原因

冬になると肌が乾燥して困る…普段は何ともないのに気温が下がると急に気になり出す…お肌の敵でもある乾燥の原因は一体何なのでしょうか?乾燥の原因について見ていきましょう!

暖房の影響

寒くなると、暖房などの器具をどうしても使うようになりますよね。しかし、エアコンが効いた暖かい部屋は乾燥肌の原因になってしまいます。乾いた室内に長時間いることで、肌の乾燥がさらにひどくなった…という経験がある方も多いのでは?

外の乾燥した空気とエアコンの乾燥した空気で、外に居ても室内に居ても肌の水分は失われる一方です。それを放置しておくとシワやたるみなどの肌トラブルを招いて、肌が一気に老化してしまうことになりかねません。

暖房の効いた部屋に長時間居るという場合は、いつも以上にスキンケアとお手入れをしっかり行って、肌が乾燥する環境から肌を守るようにしましょう。

環境の変化

気温や湿度の低下などの環境の変化も乾燥の大きな原因になります。冬という季節的な環境の変化は乾燥肌を招くと同時に、体の働きにも影響をもたらすことになります。

冬は気温が下がりますが、それと同時に体温も下がるようになってしまいます。そうなると血管が収縮して体温が奪わるのを防ごうとするのですが、そうすると肌の表面や手足に血液が行かなくなり、血流が悪くなってしまいます。

寒くなると手足が冷たくなるのはそのためで、血流が悪くなると体のさまざまなところに栄養が行き渡らなくなってしまいます。栄養が行かなくなると、健康は肌を作る機能が低下して、肌の潤いに欠かせない皮脂が減少して乾燥肌を招きます。

冬は肌への負担が大きい

冬は外の冷気、空気の乾燥など肌が影響を受ける要因がたくさんあるため、四季の中でも1番最悪のコンディションになります。肌へ負担を与えている要因を知ってしっかりお手入れを行いましょう。

外の気温が低くなる冬は外に居ても肌が乾燥しますし、部屋に居ても暖房の影響で肌が乾燥することになります。その他にも以下のように肌に負担を与える要因がいろいろとあります。

血行の悪化

冬になって温度が下がると、毛細血管が収縮し血行が悪くなってしまいます。血行が悪くなると新陳代謝も悪くなるので、肌が乾燥するだけでなく肌の衰えを早める原因になってしまいます。

肌の水分の蒸散

冬の寒い時期は、肌の水分分泌量が減少します。水分量が減少すると、当然肌の潤いが失われるようになるので、肌が乾燥するようになったり、肌荒れなどのトラブルが起こるようになってしまいます。

冬は生活リズムも乱れがち

肌の乾燥や肌トラブルの原因は寒さだけではありません。生活習慣の乱れなども肌荒れや肌トラブルの原因になるのです。あまり意識したことはないかもしれませんが、冬は生活リズムが乱れやすい季節でもあるのです。

というのも12月~1月というのは、忘年会や新年会など飲みの席がとても多いですよね。そういった席に行くとお酒を飲まないわけにいかないですし、食べないわけにもいかないですよね。帰りがいつもより遅くまってしまうこともあるでしょう。

そうなるといつもより不規則な生活になってしまうので、疲れて肌の手入れがおろそかになってしまったり、体調を崩しやすくなってしまいます。その弊害が肌トラブルとして現れるようになります。

また、年末年始に仕事が休みになると、いつもより暴飲暴食してしまったり、夜更かしして起きる時間が即なって生活リズムが乱れがちになってしまいます。

生活リズムが多少乱れてしまうのも仕方のないことではありますが、肌トラブルを防ぐためにも出来るだけ規則正しい生活を心がけるようにして、スキンケアも怠らないようにしましょう。そうすることが乾燥や肌荒れを防ぐポイントになります。

バリア機能低下によるトラブル

肌には体内の水分を保持する機能、異物の侵入を防ぐ機能など、肌や体を正常に保つためのバリア機能というのが備わっています。冬の寒い時期は、バリア機能が低下して乾燥やつっぱりなどさまざまな肌トラブルが起こるようになってしまいます。

冬の寒さはバリア機能を低下させる

冬になると毎年のように肌があれて困っている…と悩んでいる人も少なくないでしょう。他の季節は問題ないのに、冬だけ肌トラブルが起こるのには、バリア機能が大きく関係しています。

冬は気温が下がり寒くなってしまうのと同時に空気が乾燥しているので肌のバリア機能が低下して肌トラブルが起こりやすくなってしまいます。寒さによって起こる血行不良、ストレスなどもバリア機能を低下させてしまう原因になります。

健康な肌であれば、表皮の外側にある角層が水分をしっかり保って、肌の潤いを保つことが出来ます。バリア機能が正常に働いている時は、健康でキレイな肌を保つことが出来るのですが、バリア機能が乱れるときれいな肌を保つことが出来なくなってしまいます。

1度バリア機能が乱れると、刺激が入り込みやすくなるだけでなく肌の修復力も低下してしまうので、肌の元気がなくなり乾燥からくる肌荒れ、かゆみ、くすみなどさまざまな肌トラブルが起こるようになってしまいます。

バリア機能は美肌には必要不可欠

人間の体の表面を覆っている皮膚には、体内の水分の保持する機能、異物の侵入を防止する機能、体温を調節する機能など紫外線や気温などの刺激から肌や体を守るバリア機能がもともと備わっています。

このバリア機能は美肌には欠かせません。バリア機能が正常に働いていないとさまざまな肌トラブルが起こるようになってしまいます。バリア機能が正常に作用しないと、肌が乾燥するだけでなく、シミ・シワなどの原因になってしまいます。肌の乾燥はバリア機能が正常に働いていない証拠です。

肌のバリア機能は壊れるのはとても簡単なのですが、もしも壊れてしまった場合は正常に働くようになるまでに時間がかかると言われています。バリア機能がきちんと作用するようにすることが美肌には必要不可欠なのです。

肌の乾燥を防ぐための正しい洗顔

肌の乾燥を防ぐためにももちろんそうなのですが、肌のお手入れは洗顔に始まると言われているように、健康な美肌を保つためには正しい洗顔が欠かせません。肌を乾燥させてしまわないためにも、正しい洗顔を心がけるようにしてください。正しい洗顔の順番は以下のと通りです。

1.ぬるま湯で顔をぬらす

熱いお湯だと皮膚にダメージを与えてしまうので、ぬるま湯での洗顔を心がけるようにしてください。

2.指先に洗顔料をとって泡立てる

指先を使って優しく洗うようにしてください。

3.丁寧にすすぐ

鼻の脇や顔周りなどすすぎ残しがないように丁寧にすすぎましょう。

4.タオルで優しくふく

肌に負担をかけないように清潔なタオルで優しくおさえるように顔をふいてください。

保湿しても解決しない、冬の乾燥肌のお手入れ方法

乾燥するから保湿をきちんとしているのに乾燥が治らない…乾燥がひどい…という人も少なくありません。そのような場合は一体どうすれば良いのでしょうか?保湿以外にも乾燥肌に良いと言われている方法を見ていきましょう!

良質な睡眠

睡眠不足は肌の大敵と言われていて、バリア機能を低下させる原因にもなります。バリア機能が低下すると乾燥や肌トラブルが起こりやすくなってしまいますので、良質な睡眠を摂ることはとても大切になります。

睡眠のゴールデンタイムと言われているのが、成長ホルモンが分泌される22時~2時ですのでこの時間は出来るだけ睡眠を取るようにしてください。そうすることで、肌のバリア機能がアップするようになります。

洗濯物を室内に干す

部屋干しするとにおいが気になるという人もいるかもしれませんが、部屋に洗濯物を干すことで湿度を上げることが出来て乾燥を防ぐことが出来ます。エアコンをつけている部屋に洗濯物を干すと驚くほど早く乾くことがあります。

それだけ部屋の中が乾燥しているということですので、室内でエアコンをつけっぱなしにしている時は、室内に洗濯物を干してみてください。なるべく窓側で日の当たる場所で干すようにするとにおいもあまりせず気にならないと思いますよ。

食べ物

スキンケアをきちんと行って外側から保湿をすることも大切ですが、内側からケアをすることもとても大切です。食事から肌の新陳代謝を良くして、肌のバリア機能を高め肌トラブルを防ぎましょう。

肌に良いと言われている食べ物は、野菜や果物などのビタミン各種、大豆や貝類に多く含まれるマグネシウ、ゴマや牡蠣に多くふくまれるミネラルを豊富に含む食材を意識して摂るようにすることをおすすめします。

カサツキからさよならするための冬のお手入れポイント

気温も湿度もグッと低くなる冬の季節に負けない肌作りをするためには、冬の基本のお手入れポイントをきちんと押さえておくことが大切です。知っておくべきポイントをチェックするようにしましょう!

化粧水はたっぷりと!

冬の肌のお手入れをする中で最も大切なのは、やはり乾燥対策になります。肌が乾燥することで角層の水分を保つことが出来なくなり、肌のバリア機能や保湿機能が失われて、乾燥や肌トラブルを招くことになってしまいます。

そのようなことにならないためにも、洗顔した後に化粧水をタップリと使って水分を補給してください。その後は化粧水で補給した潤いを逃がさないように乳液もたっぷり塗って潤いをキープしましょう。

手でなじませても良いのですが、手だとムラが出来やすくなるので柔らかいコットンで丁寧に肌のすみずみまで行き渡るようにしてください。コットンでゴシゴシこするのはやめるようにしましょう。

化粧水にクリームを加えよう

化粧水と乳液をたっぷり塗って肌に潤いを与えたら、その後はクリームを塗るようにするのもおすすめです。乾燥が加速する冬の季節は、肌の乾燥を防ぐ作用のあるクリームをお手入れに加えるようにしましょう。

クリームは他のアイテム以上に保湿効果が高いので、油分の多いクリームを加えることで潤いを逃がさないようにすることが出来ます。肌へゆっくりと馴染ませて潤いをしっかりと閉じ込めてください。

忙しい毎日、お手入れになかなか時間をかけられない!という人もいるかもしれませんが、きちんとした保湿ケアを毎日続けることによって、バリア機能もアップして、冬の乾燥に負けないお肌の基盤を作ることが出来るようになります。

毎日のケアで乾燥を撃退!正しい手入れで乾燥知らずの冬を過ごそう

今回は、冬になると肌がどうして乾燥しやすいのか、どうすれば乾燥を防ぐことが出来るのかについて紹介してきました。冬の寒い時期になると乾燥で肌がボロボロ…と悩んでいる方はとても多いです。

しかし、毎日の生活の中で正しい保湿ケアを実践することで冬でも乾燥知らずにお肌を保つことが出来るようになります!肌に潤いを与えるために、こまめなお手入れを実践して乾燥知らずな美肌で冬を過ごしてください。

合わせて読みたい記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう