とっても簡単!シミやそばかすをカバーするファンデーションの選び方

シミとそばかすをカバーするなら、ファンデーション選びがキモです。選び方はごく簡単。シミ・ソバカスの色や部分別に、おすすめのファンデーションをご紹介します。

シミとそばかすをカバーしたいなら、まずは双方の仕組みをチェック

攻略するには、まず敵を知るべし。シミとそばかすのメカニズムをチェックして、有効にカバーするための知識を得ましょう。

シミの正体と発生のしくみ

シミの正体は、メラニン色素の沈着です。シミの原因には紫外線、摩擦や炎症、ホルモンなどが挙げられますが、いずれも最終的にはメラニンが悪さをすることでシミになります。

紫外線や摩擦で肌に負担がかかると、肌内部にメラニンが生成されて肌内部をガードしようとします。通常、メラニンは角質層とともに排出されますが、溜まってしまうとシミになるのです。

シミのできる場所は人によりますが、目立って悩むのは頬でしょう。人によっては、加齢によるホルモンバランスの乱れから頬に左右対称のシミがあらわれ、これを「肝斑」(かんぱん)といいます。

そばかすの正体と発生の仕組み

そばかすは正式名称を雀卵斑(じゃくらんはん)といい、鼻のまわりなど顔の中心に近いところに細かいシミのようなものが散らばるのが特徴です。

多くは親から子へ遺伝するものなので、そばかすに困っている人は、子どもの頃から悩まされてきたのではないでしょうか。

「遺伝ならしょうがないか」とケアをあきらめてしまいがちですが、そばかすは紫外線を浴びると濃くなってしまう性質を持っています。シミと同じで、メラニン色素が沈着してできるものだからです。

だからこそ、正しいUVケアを行っていれば、年齢とともにだんだん薄くなっていくケースもあり得ます。カバーとケアを頑張って、美しい肌を手に入れたいものですね。

それぞれの場所や色の濃さでファンデーションを使い分ける

シミもそばかすもメラニンのしわざですから、メラニンの排出を阻害するようなファンデーションを選ぶわけにはいきません。ファンデでバッチリ隠れても、結局シミやソバカスが濃くなれば台無しです。

実は、カバー力の高いファンデほどクレンジング剤で落ちにくいというデメリットがあります。肌にファンデが残ったまま眠ると、ターンオーバーを妨げ、メラニンの排出が阻害されてしまうのです。

ポイントは、軽いつけ心地のものを選びながら、色に注意すること。場所や色の濃さ別におすすめのファンデーションをご紹介しましょう。

広範囲の薄いシミとそばかすにはやや色の濃いファンデーションを

うっすらとしたソバカスが頬全面に散らばっていたり、何だか顔全体に薄いシミが広がってきたという状態なら、今使っているファンデーションのトーンを一段階落としてみてください。

美白になりたいのに、わざわざ濃いファンデーションを選ぶの?と納得できないかもしれません。でも、騙されたと思って使ってみて。きっと、肌が均一に整う感じがわかるでしょう。

かなりうっすらとしたシミやそばかすなら、これだけでかなりカバーすることができます。肌の色味に納得がいかないなら、明るめのパウダーを仕上げに使いましょう。

広範囲の濃いシミとそばかすには色の濃いファンデと薄いファンデの両方使い

だいぶ広い範囲にシミやそばかすが浮いていて、しかも色が濃いとなると、打つ手なしかとへこんでしまうかもしれません。でも大丈夫!ちゃんと策はあります。

自分の肌の色よりも、ワントーンかツートーンほど色味の濃いファンデーションを選びましょう。「自分が使っているファンデが最も濃い」という人は、ブランドを変えて探します。

もちろん、そのままでは肌の暗い人という印象になってしまいますから、その上からもともと自分が使っていたファンデを重ねるのがポイント。顔の中央にだけオンすれば、立体効果もあり一石二鳥です。

部分的な薄いシミとそばかすにはリキッドタイプやエマルジョンタイプを重ねづけ

部分的な薄いシミやそばかすには、使い心地の軽いリキッドタイプやエマルジョンタイプを重ねづけすることをおすすめします。あくまでシミやソバカスの目立つ部分だけにオンするのがいいでしょう。

部分的な濃いシミとそばかすにはクリームタイプとパウダリータイプの両方使い

部分的な濃いシミやそばかすには、無理に暗めのファンデーションを使うよりも、ややカバー力の高いクリームファンデを薄づけするのがおすすめです。その後、気になる部分はパウダリーファンデで抑えましょう。

シミとそばかすをカバーするファンデーションの塗り方

ファンデーションを正しく選んだら、塗り方にもひと工夫。仕上がりが劇的に違います。

やわらかめのブラシを使えばくまなく塗れる

ファンデーションを指で塗っている人は多いのではないでしょうか。これを柔らかめのファンデーションブラシに持ち替えましょう。くまなく塗れて、もちもよいので夕方までシミが浮いてきません。

顔の中心から外へブラシをサッと払うようにすれば、肌の透明感も出て一石二鳥。あくまでやわらかいブラシで、摩擦するように肌へ当てないのがポイントです。

厚塗りではなく、「薄く」「重ねる」を大事に

気になる箇所はどうしても厚く塗ってしまいがちですが、ぐっと抑えて。化粧崩れしやすくなってしまいます。はじめは薄く塗って、気になるところだけ重ねるのがいいでしょう。

重ねたあとは、不自然にならないようぼかすのも忘れずに。ファンデーションだけに頼るのではなく、下地やコンシーラーを駆使してなるべく厚塗りを避けましょう。

光の力で視線を散らすのも有効

頬にシミやソバカスがある人に特に有効なのが、ラメ入りのファンデーションやパウダーを使うことです。キラキラが肌悩みを飛ばしてくれるので、厚塗りしなくてもシミやソバカスが目立ちません。

ただし、ラメ入りファンデは過度に肌へのせると下品な印象になってしまうのが欠点。ほどよい加減を学びましょう。

シミとそばかすを悪化させないクレンジングで完璧ケア

さて、こうして肌悩みをカバーすることと同じくらい大切なことがあります。それは、毎日のクレンジングです。シミやそばかすに悩む人にこそ、オフは徹底して行いましょう。

前項に示した通り、メイクをしっかりオフしないと肌にダメージがかかります。さらに、ちゃんと保湿をしなければターンオーバーは促進されず、メラニンの沈着がいっそう進んでしまいます。

夜は必ずメイクオフし、化粧水や美容液、乳液、オイルなどを駆使してたっぷりの保湿を心がけましょう。根気よく続ければ、今あるシミやそばかすを薄くすることだって可能かもしれませんよ。

色や質感を化粧品売り場できちんと確認することが大事

シミやそばかすをカバーするのは、色味の濃いファンデです。軽いファンデを重ねづけすることでも効果があります。厚塗りやカバー力が高すぎるファンデはシミの大敵。なるべく避けましょう。

ただ「濃い色」といっても、どんな色が最適かわかりませんよね。化粧品カウンターで相談し、きちんと顔全体に塗ってから決めるのをおすすめします。プロのアドバイスも大事です。

このとき、軽くクレンジングしやすそうな質感にもこだわってみてください。重いテクスチャーは避けた方がベター。ファンデーションを正しく選べば、昼も夜も肌に優しい生活ができますよ!

合わせて読みたい記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう