コンシーラーの色で変わる!しみを隠すにはどうする?

メイクをする時にコンシーラーを使うという人も多いでしょう。コンシーラーは、顔にあるシミ、そばかす、クマ、ニキビ跡などの肌悩みを消したり目立たなくしてくれるありがたいアイテムです。

上手く使えば自然に気になる肌トラブルを隠すことが出来ます。しかし、コンシーラーとひとくちに言ってもいろいろなタイプがありますし、カラーもいろいろとあります。

肌に合っていないものを使用すると肌トラブルを隠すどころか、かえって目立たせてしまうことがありますので、自分の肌に合うコンシーラーを正しく選ぶことが大切です。

そうは言ってもどのようにして選べばよいのか分からないという人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、コンシーラーの種類、カラーや選び方について調べてみました!

コンシーラーの種類

コンシーラーには肌トラブルをカバーするだけでなく、顔の赤みを消す、口角を整えるというようなメイク調整の役割もあります。そんなコンシーラーも1種類ではなく特徴もそれぞれ違います。悩みに適したタイプを選ぶことが大切なので、まずは種類を知るようにしましょう。

リキッドタイプ

液状のコンシーラーになります。触り心地や付け心地がなめらかでゆるいので、カバー力はそんなんい強くありません。チューブ状になっているもの、筆タイプのもの、チップタイプのものなどリキッドタイプにもいろいろな種類があります。

カバー力はそれほど高くない分、テクスチャーがゆるく保湿力が高いので、ヨレにくいという特徴があります。そのため、皮膚が薄い目元のカバーにおすすめのタイプになります。

クリームタイプ

クリーム状になっているコンシーラーです。リキッドよりはテクスチャーが固いというのが特徴です。リキッドタイプ同様、チューブタイプ、筆ペンタイプ、チップタイプなどいろいろなものがあります。

パレットタイプになっていて容器に入っているものなどもありますよ。パレットタイプの場合は、1色ではなく何色かの色味が入っていることがほとんどです。

スティックタイプ

リップのような形状で、まわすことで出すことが出来るようになっています。テクスチャーが硬めなので、伸びはあまり良くありませんが、カバー力は高いので、気になる部分のみをカバーしたい方に最適です。

ペンシルタイプ

コンシーラーの中でもテクスチャーが1番硬く鉛筆のようになっている油分が少なめのコンシーラーです。先が細くなっているので、気になる部分をピンポイントでカバーすることが出来るだけでなく、リップラインを整えたりするのにもおすすめです。しかし、ニキビ跡や目元の薄い皮膚の部分にはおすすめ出来ません。

コンシーラーのカバー力の違い

コンシーラーにもいろいろな種類があるように、カバー力にもいろいろな種類があります。カバー力の種類は以下の順番で高くなっていきます。

「リキッドタイプ<クリームタイプ<スティック、ペンシルタイプ」

いろいろな化粧品メーカーがコンシーラーを発売していますが、どのメーカーも上記の順番でカバー力が高くなることが多いです。リキッドタイプに近いほど、ファンデーションのように柔らかく、ペンシルタイプになるほどカバー力が高く伸びにくくなっていくということを覚えておくようにしましょう。

シミの範囲の広さに合わせることも大事

隠したシミやそばかすの範囲の大きさによっても使うべきコンシーラーは違ってきます。あなたが隠したいシミは広範囲なのか、狭い範囲なのかどんなコンシーラーを使えば良いのか見ていきましょう!

広範囲のシミ

広範囲にシミがあると当然気になりますよね。そんな方におすすめなのが、リキッドタイプかクリームタイプのコンシーラーです。カバー力は弱いですが、ファンデーションと同じように伸びが良いので肌に馴染みやすく扱いやすいですし、顔全体のシミを隠すことが出来ます。

広範囲でなおかつシミやそばかすの色が濃いという場合は、リキッドタイプよりも少し硬めのクリームタイプを使用することをおすすめします。

狭い範囲のシミ

狭い範囲のシミが気になる方は、ピンポイントで気になる部分をカバーすることが出来るスティックタイプかペンシルタイプのコンシーラーがおすすめです。

気になる部分のみを隠すことが出来ます。どちらも気になる!という場合は、柔らかいタイプのコンシーラーと硬いタイプのコンシーラー2つともをうまく使用すると良いでしょう。

コンシーラーの色の選び方

コンシーラーはタイプだけでなく、自分に合うカラーを選ぶことも大切です。コンシーラーの色によって肌の仕上がりが違ってきます。どのようにして色を選べばよいのでしょうか。

コンシーラーのカラー選びは重要

コンシーラーにもいろいろなカラーの種類があるので、自分の肌に合うもの、肌悩みに合うもの、使用しているファンデーションに合うものを選ぶことが大切です。

コンシーラーのカラーは、明るめのもの、肌と同じぐらいのもの、暗めの色に分けることが出来ますが、基本としては「ファンデーションより明るめを選ぶ」ということです。しかし、目的によって必ずしもそうとは限りませんので、下記のことを覚えておくようにしましょう。

シミ、そばかすをカバーしたい場合

シミ、そばかすをカバーしたい時におすすめの色は「自分の肌より少し暗めの色」になります。明るい色のコンシーラーを使うと、かえって目立ってしまうことになりますので、少し暗めの色のものを使用するようにしましょう。

シミに似た茶クマをカバーしたい場合

シミに似ている茶クマのコンシーラーをカバーしたい時には自分の肌より少し明るめのイエロー系のカラーを選ぶようにしましょう。気になる部分にのせてなじませると気になる部分を隠すことが出来ます。

複数のカラーを持っておこう

コンシーラーのカラーにもいろいろあるということが分かって頂けたと思いますが、シミが顔にいくつかあり、場所によってシミの色が違うということもあると思います。そのような場合にも対応することが出来るように、複数のカラーのコンシーラーを持っておくことがおすすめです。

パレットタイプのコンシーラーであれば複数の色が入っていることが多いので、1つもっているだけで使い分けることが出来るので便利です。明るい色と暗い色を1色ずつ持っておくと混ぜて色を作ることが可能となります。

複数持つなんてお金がかかる…と思うかもしれませんが、コンシーラーは少しの量しか使わないので長持ちします。1度購入すればかなりの期間持たせることが出来ますよ。

パウダーで仕上げる

コンシーラーを使ったあとは、スポンジを軽く押し当てて余分な油分を取り除くようにしてください。そのあとに、フェイスパウダーやベビーパウダーを軽くのせるとより馴染みが良くなってきれいに仕上がりますし、もメイク崩れをおこしにくくなります。

紫外線が強い季節の時は、肌が日焼けして肌色が少し変わってしまうので、そのときの肌の色に合ったコンシーラーを買っておくようにしましょう。

コンシーラーのカラーをうまく使いこなして肌美人を目指そう

今回はコンシーラーについていろいろと紹介してきました。コンシーラーにもいろいろなタイプや特徴があるということを分かって頂けたでしょうか?コンシーラーは気になる顔の悩みを隠してくれる優れモノです。

ベースメイクをうまく仕上げることが出来れば、メイク全体をきれいに仕上げることが出来ますし肌もきれいに見せることが出来ます。肌をきれいに見せるためには、シミやそばかすなど気になる部分をうまくカバーすることはとても大切になります。

だからと言って厚く塗ってしまっては意味がありませんので、自分の目的や肌に合ったコンシーラーをうまく使用してきれいにベースメイクを仕上げるようにしましょう。

コンシーラーを選ぶときは、使いやすさもそうですが、肌悩みに合うカラーかどうか、どんな部分にどんな風に使いたいのかということをきちんと考えた上で、コンシーラーを選ぶようにしてみてください。コンシーラーをうまく使えば肌悩みを隠すことが出来るだけでなく、肌美人になることが出来ますよ。

合わせて読みたい記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう