できちゃったシミを隠すファンデーションの使い方は?

朝、メイクをする時に、「ああ、このシミがなかったら、私も捨てたものじゃないんだけど・・・。」と思われている方はおられませんか?

今回はそういう方のために、ファンデーションで上手にシミをカバーする方法をお伝えしたいと思います。

でも、一口にシミと言っても、シミにはいろいろな種類があります。まずは自分のシミがどの種類なのかを知って、それに合うカバーの仕方を考えましょう。

シミにはどんな種類があるの?

老人性色素斑

中年以降に多く見られるもので、長年紫外線にさらされた皮膚のメラノサイトが活性化し、過剰にメラニンが作られるためシミになります。

他の人に比べて、紫外線を浴びる量が多い人は、20代後半から現れることもあります。

肝斑

女性モルモンの影響によるもので、割と広い範囲が薄い褐色になります。30代~40代から発生し、頬や額、口元などに左右対称に現れます。

雀卵斑

「じゃくらんはん」と読みますが、これはいわゆるソバカスのことです。遺伝的な原因が多いのですが、紫外線を浴びると濃くなると言われています。

子どもの頃にでき始め、思春期頃に濃くなり、その後はだんだんと薄くなっていきます。比較的色白の方にできやすく、両頬や鼻の周りに小さくポツポツと現れます

光線性花弁状色素斑

紫外線によって花びらのようにシミになるものです。20代~30代に多く、肩や背中にできることが多いようです。ひどい日焼けをした数か月後に現れます。

炎症性色素沈着

ニキビや肌の炎症が原因で色素が沈着し、シミになったものです。

脂漏性角化症

これは老人性のイボのことです。紫外線や肌の老化に伴い、肌の細胞が変質し、だんだん隆起してきます。

太田母斑

皮膚の深いところにできるシミで、色素細胞が異常に増加するのが原因です。生後1年くらいから現れる場合と思春期以降に現れる場合があります。

どんなファンデーションを選んだらいいの?

シミを隠すのを一番の目的とするなら、カバー力の強いものを選ぶ必要があります。

ファンデーションにはりキッドファンデーション、クリームファンデーション、パウダーファンデーション、ルースファンデーション(ルースパウダー)など、様々な種類がありますが、カバー力が強いのは、リキッドファンデーションとクリームファンデーションです。

クリームファンデーションはリキッドファンデーションよりさらに強いですが、油性成分が多いので、重くて、厚塗りになりがちです。

それで、濃いシミを隠したい時は、コンシーラーを併用し、厚ぼったくならないものを選び、自然な仕上がりになるように工夫しましょう。

また、ファンデーションも1種類ではなく、リキッドファンデーション→コンシーラー→パウダーファンデーション(またはルースパウダー)という順番で重ねづけをすることをおすすめします。

今は、シミも隠せるBBクリームやCCクリームも発売されていますので、そういうものを選ぶのもいい方法です。

それから、ファンデーションは毎日使うものですから、香りや質感など、自分の好みに合ったものを選ぶのも、気持ちよくメイクするには大切なことです。

それぞれの種類にあったファンデーションの使い方をマスターする

それでは、それぞれのシミの種類にあったファンデーションの使い方を具体的にご紹介します。

薄い色の老人性色素斑の場合

①リキッドファンデーションをつけます。付け方は、手でつける場合、両手の平でのばし、頬から広い範囲で伸ばしていきます。スポンジの場合はあまりこすらないように注意しましょう。

また、ブラシでつける方法もあります。ブラシにファンデーションを付け、頬骨の所から外側に広げていきます。ブラシでつけると、刺激が少なく、厚塗りになりません。それに加えて光が反射して顔色を明るく見せることができるのでおすすめです。

シミの上に、残ったファンデーションを再度つけますが、つけすぎると小じわが目立ってしまう恐れがありますので、注意しましょう。

②筆タイプの柔らかいコンシーラーをシミの上にのせ、周りをスポンジの角でぼかします。あまりトントンとしていると、せっかくつけたコンシーラーが薄くなり、またシミが見えてきますから気をつけてください。

③パウダーファンデーションを使う場合は、コンシーラーの後につけます。カバーした部分を最初に押さえる様につけてから、全体につけていきましょう。

広い範囲にある肝斑やそばかすの場合

①カバー力の高いリキッドファンデーションを、まず隠したい部分にのせ、そこから広げていきます。カバー力が高いファンデーションは厚塗りに見えてしまうことがあるので、つけすぎないように気をつけましょう。

フェイスラインに近づくにつれて薄くしていき、首筋の色とのギャップが出ないようにしましょう。

②まだシミが気になる場合は再度ファンデーションを塗り、境目を指やスポンジの角でなじませます。ここでも多くつけすぎないようにしましょう。

また、コンシーラーを広い範囲に使用すると、厚塗りに見え、小じわが目立ってしまいますので要注意です。

③それでもまだ気になるところがあれば、その部分だけにファンデーションをつけ、同じことを繰り返しますが、丁寧に少しずつつけるようにしてください。一度にたくさんつけると化粧崩れしやすくなります。

④ルースパウダーをブラシまたはパフで軽くのせます。まず隠したいところにのせて、全体につけていきます。

ニキビ後などの炎症性色素沈着で濃いシミになった場合

①上記と同じようにリキッドファンデーションをつけます。

②コンシーラーをつけていきますが、広範囲の時は、手に取ってなじませてから、指でシミの上にのせていきます。シミがまだ見えている時は、再度シミの中心にのせ、指でトントンとなじませていきます。

気にならなくなるまで、これを数回繰り返してください。一度にたくさんつけすぎないように注意しましょう。

③ルースパウダーを上記と同様にのせて仕上げます。

小さいけど濃くなってしまった場合

①上記と同様にファンデーションをつけます。

②カバー力の強いコンシーラーを直接肌につけ、指で周りをぼかします。スティック型が便利です。

③パウダーファンデーションをカバーした部分から全体につけていきましょう。

④ルースパウダーで自然に仕上げます。

肌によい化粧下地を使わないとさらにシミになる!

メイクで、肌をきれいに見せることはできるのですが、メイクばかりをがんばっていると、かえってシミを増やすことになってしまいます。

なぜなら、ファンデーションやコンシーラーには、合成界面活性剤が含まれているからです。合成界面活性剤は、本来混ざらない水と油を混ぜる働きがあります。

私たちの肌は皮脂で覆われていますが、合成界面活性剤はその皮脂を溶かし、肌の乾燥を進めることになります。そうなると肌のターンオーバーが乱れ、シミができやすくなってしまいます。

それで、メイクの前には肌によい化粧水をつけ、クリームなどでガードすることが必要です。更に日焼け止めクリームをつけてから下地クリームをつけましょう。

下地クリームにUV効果のあるものはありますが、日焼け止めクリーム、下地クリームという二重使いをおすすめします。

できちゃったシミ隠しとシミを増やさないケアは同時進行で頑張る

できてしまったシミは、種類に合わせて上手にカバーし、自信を持って明るい毎日を送りましょう。けれども、それ以上にシミが増えないように、朝晩のスキンケアや食生活でのケアをがんばって、若さを保ちましょうね。

合わせて読みたい記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう