結婚式やSEXの時に気になる背中のシミはファンデーションで隠せるのか

肌の悩みの中でもシミというのは上位に来るものですよね。背中のシミは誰だって気になるものだと思います。

背中にシミがあると背中を露出するファッションを好きなように楽しむことが出来ないのはもちろんですが、その他にも結婚式でウェディングドレスを着るのに抵抗がある…SEXのの時に見られそうで怖い…と悩んでいる女性も多いでしょう。

大好きな人に自分が気にしている部分を見られるのは辛いし怖いものです。

特に背中などのシミは見た目が良くないので、何とか出来ないかと悩むのも当然だと思います。シミを治すことが出来れば1番良いのですが、時間がない!早く何とかしたい!という場合、どうすれば良いのでしょうか。

顔のニキビを隠すように、ファンデーションで背中のシミを隠すことは出来るのでしょうか?今回は、背中にシミが出来る理由や対処法について見ていきたいと思います!

背中にシミが出来る理由

背中にシミが出来て悩んでいる方は少なくありませんが、そもそも背中にシミが出来る原因とは一体何なのでしょうか?

原因も1つではないので、どのような原因があるのか見ていきましょう!

紫外線

背中にシミが出来る原因に紫外線があります。紫外線を浴びてメラニン色素が大量に発生することによって、肌に色素沈着が出来てシミが出来るようになります。

そばかすが出来ることもありますが、そばかすが変化するとシミになると考えられます。

ホルモンバランスやターンオーバーの乱れ

ホルモンバランスが乱れることでも背中にシミが出来てしまうことがあります。

生活リズムや食生活が乱れたり、ダイエットなどによってホルモンバランスが乱れることで、背中のシミが出来てしまうことがあるのです。

その他、肌のオーバーターンが上手くいかなくても、古い角質に汚れが溜まったままになってしまうので、背中にニキビが発生して、そのニキビ跡が最終的にシミになってしまうことになります。

ストレス

ストレス社会と言われている現代、ストレスを抱えてない人なんてほとんどいないでしょう。ストレスは皮脂の分泌を活発化させるので、背中にニキビを発生させる原因になります。

背中のニキビはきちんと治らないと、その後シミとして背中に残ってしまう原因になります。

背中のシミに関しての不安や疑問

背中のシミに関して治るのか疑問や不安を抱いている人はとても多いと言えます。みなさんどのような悩みを抱えているのか、見ていきましょう。

背中のシミって治療出来るの?

背中のシミを消したいです。背中のシミを消すのに一番良い方法って何でしょうか?シミ消しに使う費用は抑えたいのですが、やっぱりそれなりにお金をかけないと無理なのでしょうか…。背中のシミを本当にどうにかしたいです。

背中のシミが恥ずかしい

背中の茶色いシミがどうやっても消えない。肩から背中にかけてシミが大量に目立ち、人に見られるのがホントに恥ずかしい…SEXをする時に恋人に見られるかもしれない…。

背中にシミがあると知ってから、自信を持って楽しむことができなくなってしまいました。

背中のシミのせいでいろいろ楽しめなくなった

背中にニキビやシミがあるだけで、せっかくの楽しいイベントが楽しめない、自分の結婚式でさえドレスを着たくなくなってしまいました。自分が思っているほど他人は気にしていないのも承知していますが、私にとったらとても大切なことです。背中のシミを治す方法というのはないのでしょうか。

以上のように背中にシミがあることによって悩みや不安を抱えている人はたくさんいるようです。では、そんなシミをファンデーションで消すことは出来れば嬉しいですよね。背中のシミをファンデーションで隠すことが出来るのか次の項目で見てみましょう。

背中のシミはファンデーションで隠せる?

背中のシミを治すために薬を塗ったりしたけどなかなか治らないし、出来るだけ早く何とかしたいと思っている人もいるでしょう。背中のシミをファンデーションで隠すことは可能なのでしょうか?簡単にできる対策から行ってみるようにしましょう。

気になる背中のシミ

背中にシミがあると気になるのは当然ですよね。普段は服で隠すことが出来ますが、背中があいた服を着なくてはならない状況もありますので、シミがあると困りますよね。

女性の場合だと、結婚式でウェディングドレスを着る時などに背中が見えることが多いので、ドレスを着るのが嫌だと悩んでいる人も少なくありません。大好きな恋人とSEXする時などもそうですよね。

そんな気になる背中のシミですが、残念ながらすぐに治すことが出来るものではありませんので、ドレスなどを着る場合に背中のシミが気になるという場合、ファンデーションで隠すということが多いのです。背中のシミで悩んでいる人は多いですが、ファンデーションによって一時的ではあっても悩みを解決することが出来るのです。

ある程度のシミならファンデーションでカバーできる

誰もが気になるシミですが、ファンデーションを使用することである程度は隠すことが出来るようになります。

今はカバー力の高いファンデーションもたくさんありますので、気になるシミもファンデーションによって隠すことが出来るでしょう。シミだけでなく、小さなニキビやニキビ跡もファンデーションによって目立たなくすることが出来ます。

結婚式などで背中のシミが気になるというような場合、きちんと相談すればプロのメイクさんがきちんと隠してくれますので心配する必要はありません。1人で悩まずにきちんと相談するようにしましょう。

背中のシミを隠すのに最適なファンデーションの選び方

背中のシミが気になりファンデーションで隠そうと決めた場合、カバー力が高いものが良いと思っている人も多いですが、ファンデーションにもいろいろと種類があり、その種類によってカバー力も異なります。ファンデーションにはどのような種類があるのか説明したいと思います!

まずはファンデーションの種類を知ろう

ファンデーションも種類によってカバー力が違うので、まずはどのような種類があるのかを知るようにしましょう。ファンデーションには以下のような種類があります。

パウダリーファンデーション

粉末を固めた形状でさらっとした使い心地のファンデーションです。肌への負担が少なく誰でも使いやすいですが、カバー力は比較的低いです。

リキッドファンデーション

軽い物から重いものまで種類が豊富な液状のファンデーションです。保湿成分配合のものがおいので、潤いのある肌を作ることが出来ます。カバー力も高いものが多いですよ。

クリームファンデーション

しっとりとした仕上がりになるのがクリームファンデーションの特徴です。どうしても厚塗りになりやすいので、使用する際は気を付けなければなりませんが、カバー力はとても高いです。

ケーキファンデーション

水で湿らせたスポンジで使用するファンデーションになります。あまり聞かないファンデーションかもしれませんが、水や汗にも強く崩れにくいので長持ちしますし、カバー力も高いです。

ルースファンデーション

パウダーとも言われている粉状のファンデーションです。ナチュラルな仕上がりになりますが、カバー力はあまり高くありません。

シミの種類によって違うファンデーションの選び方

シミにも濃いもの薄いもの、広範囲のものと言ったようにいろいろな種類がありますので、シミの種類によって適したファンデーションを選ぶことが大切です。シミの種類によっておすすめのファンデーションを見ていきましょう!

部分的なシミが気になる場合

部分的なシミやそばかすがきになりそれを隠したいという場合、以下のファンデーションがおすすめです。
□パウダリーファンデーション
□リキッドファンデーション
□ルースファンデーション

広範囲の薄いシミが気になる場合

薄いシミが広範囲であるという場合は、カバー力は高いけれど厚塗りになりにくい以下のファンデーションがおすすめです。

□リキッドファンデーション
□クリームファンデーション

広範囲の濃いシミが気になる場合

広範囲で濃いシミがあるという場合は、以下のファンデーションがおすすめです。

□クリームファンデーション
□ケーキファンデーション

ファンデーション+コンシーラーがおすすめ

背中のシミを隠したいのであれば1番効果的なのは、ファンデーションに加えてコンシーラーを使用するということです。

ファンデーションだけの使用がダメだというわけではありませんが、ファンデーションだけではどうしても崩れやすくなってしまいます。

コンシーラーを使用してから、ファンデーションを使用することで、カバー力があがるのでしっかりとシミを隠すことが出来るようになります。

あまり厚塗りにならないように、出来るだけ薄くナチュラルに仕上がるようにしましょう。

気になる背中のシミは日ごろからの予防を心がけて!

背中のシミが気になるのは当然のことです。背中にシミがあると背中の空いた服、水着、ウェディングドレスなど着たい服を着る時にためらってしまう原因になります。

そんなときはファンデーションを使用することで、気になるシミを隠すことが出来るようになります。

シミで悩んでいるのであれば、シミを隠す効果が高いファンデーションを使用することをおすすめします。一時的な方法であっても、隠すことが出来れば悩むことなく着たい服を着ることが出来るようになります。

しかし、何より1番良いのはシミが出来ないように予防することですよね。シミのないきれいな肌を見せるためには、シミが出来ないように予防することが何より大切です。

そうすればファンデーションをたくさん使って隠す必要もなくなります。食生活や生活リズムに気を付けて日ごろからシミを予防することを心がけるようにしてください!

合わせて読みたい記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう