ダイエットの大敵空腹感!辛い空腹感をうまく乗り切る方法とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ダイエットをしている時に何より辛いのは「空腹感」ですよね。

空腹感を我慢しているとストレスになりますし、その反動で食べすぎてリバウンドしてしまうなんてことにも…。空腹感をうまく対処することが出来れば、無理なくダイエットを続けることが出来ます。

しかし、ダイエットしようと決め、食欲を抑えなければならないと思ったら余計に食欲が止まらない・・・なんて人も多いのではないでしょうか。ダイエットをしている方であえれば止まらない食欲に悩んだことがある方は多いと思います。

ダイエットで食欲と同じぐらいの敵になるのがストレスです。

ストレスが溜まると心が疲れてしまうようになり、きれいにダイエットするはずが逆効果になってしまうことになります。そのようなことにならないためにも空腹感を感じたときに対処症を知っておくことは大切です。では、どのような方法があるのか、見ていくようにしましょう!

お腹が空く時間はいつ?

人は生きていればお腹が空きますよね。

何もしていなくても、眠っていても健康であればお腹が空きますが、空腹感はダイエットをする上では天敵です。では、そもそもどうしてお腹が空くのか、そのメカニズムについて見ていきましょう!

お腹が空く仕組みについて

お腹が空くというのは、生きている上で生理現象の1つです。お腹が空くというのは健康な証拠でもありますので、決して悪いことではありません。

お腹が空くのには時間が関係していると思われがちですが、体のホルモンが関係していると言われています。

まず知っておきたいのは、空腹と血糖値の関係です。食べ物を食べると、食べた物が胃や腸で消化・吸収されて血液中の糖分が増加します。

血糖値が上がると体の各臓器にエネルギー源になる糖分がたくさんあるから、取り込みなさいという指令が出されることになります。そうすると、体からホルモンが分泌されて、糖分がエネルギーに使われたり体に蓄えられたりして、その結果また血糖値が下がります。そうするとまたお腹が空くようになるわけです。

空腹には五感も関係する

先ほど空腹は血糖値が下がることによって感じるようになると言いました。確かに血糖値が下がるとまたお腹が空いたと感じるようになるわけですが、空腹を感じる仕組みはそこまでシンプルではないと言われています。

というのも、空腹には五感も関係していると言われていますので、胃の中に食べ物がないことに加えて、嗅覚、味覚も空腹を感じさせる仕組みであるとされています。

それ以外にストレスなど精神的な刺激も食欲を沸かす理由に関係すると言われています。ホルモンだけでなく、五感による体の反応も空腹に繋がるのです。

空腹感に襲われる前に

空腹に襲われるとそれを我慢するのは辛くなりますよね。自分の食欲をコントロールすることが出来れば良いと思いませんか?そのためには、空腹感に襲われる前に出来ることを試してみましょう。簡単に出来ることがあるので、ぜひ行ってみてください。

食事の時間を細かくとる

食欲にムラがある人の多くが、深夜型の不規則な生活をしている傾向にあるとされています。夜遅くまで起きていると、お腹が空いてくるので必要以上に食べたりお酒を飲んだりしてしまうようになりますよね。寝てさえいれば食べることもないのに、余分なものまで食べてしまうわけです。

仕事が忙しくてなかなか早く眠ることが出来ないというのも分かりますが、朝に出来ることは朝に回して夜は出来るだけ早く寝るようにしましょう。そうすると夜にたくさん食べて罪悪感を感じるようなこともなくなります。

アクアセントのあるものを食べる

辛い食べ物や酸味のある食べ物など、アクセントが効いた食べ物を食べると気分転換になるだけでなく食欲を抑えることも出来て効果的です。

辛い食べ物は食べすぎると胃にあまり良くありませんので、レモン果汁や少し辛いインスタントのスープなどアクセントのある軽い食べ物を食べるようにしましょう。食欲がなかなか収まらないというときにおすすめです。

ガムやアメで紛らわす

空腹感を感じたらガムやアメで気分を紛らわすというのもおすすめですよ。

ガムというのは噛むことで脳の満腹中枢が刺激されて空腹感を抑えることが出来るようになります。そのため、食事の前に十分にガムを噛むようにすると、食欲を抑えることが出来るようになり、無駄に食べすぎてしまうことを防止することが出来ます。

アメをなめることでもガムと同じように食欲を抑えることが出来ると言われています。

ガムやアメにもいろいろな種類がありますが、糖分の高い物をたくさん食べていては意味がありませんので、出来ればミント系やスパイシー系の味がする物を選ぶようにしましょう。そうすることで糖分の摂取も抑えることが出来ます。

お風呂に入る(胃は温めると感覚が鈍くなるらしい)

最近はお風呂に入っても湯船には浸からずにシャワーだけで済ますという方も多いですが、お風呂に入るのであれば湯船に浸かることをおすすめします。そうすることで胃液の分泌を少し抑えることが出来ると言われているのです。

胃液の分泌を少しでも抑えることが出来れば、いつもより食欲を抑えることが出来ますので、お腹がかなり空いていて食べすぎてしまいそうという場合は、ごはんを食べる前にお風呂に入るようにしましょう。

空腹感を和らげることが出来れば食事の量を自然と抑えることが出来るようになりますし、お風呂に入って湯船に浸かれば血行が良くなって代謝が良くなります。そうすれば痩せやすい体を作ることが出来て一石二鳥です。

ただ、かなり空腹であるにも関わらず長時間お風呂に入ると貧血になってしまう可能性がありますので、無理だけはしないようにしてください。お風呂に入る前にコップ1杯の水を飲むようにすることをおすすめします。

おすすめの食事

あまりに食欲を我慢し過ぎてもストレスになってしまいますし体に良くありませんので、比較的カロリーが低い食事を食べるようにしましょう。ダイエットをしていて空腹になり食欲を我慢することが出来なくなった時におすすめと言われている食事について紹介します。実際にどのような効果があるのか見ていきましょう!

ドライフルーツ

ダイエットをしていていろいろ対処法を試したけれど、どうしても空腹に耐えることが出来なくなったらドライフルーツがおすすめです。

生のフルーツが体には1番理想的なのですが、生のフルーツは常備も難しいですし、持ち歩くことも難しいので、ドライフルーツがおすすめなのです。どこかに出かけている時、仕事中などでお腹が空いた時でもドライフルーツであれば簡単に口にすることが出来ます。

果物には糖分が含まれているのでドライフルーツにも当然糖分が含まれていますが、果物に含まれている果糖はゆっくりと吸収されて穏やかに血糖値を上げていきますので、お菓子のように急激に血糖値を上げるというようなことがありません。

食べごたえが良く腹持ちも良いので、常備しておくことをおすすめします。

グリーンスムージー

食欲を抑えるためにも簡単に満腹感を得るためにもグリーンスムージーはとてもおすすめです。特に朝食にグリーンスムージーを飲むことが1番のおすすめです。

朝食にグリーンスムージーを飲むことで、昼食の血糖値の吸収スピードをゆっくりに抑えることが出来るようになりますので、夕方になった時にあまり空腹感を感じることはありません。

そうなると、自然と夕食の時のごはんの量が減るようになるので、無理をして食事を我慢する必要もありません。我慢しなくても良くなるとストレスが溜まるというようなこともありませんので、気持ち的にも楽にダイエットをすることが出来ますよ。

無理に食欲を抑えずに工夫してストレスのないように空腹を乗り切ろう

今回はお腹が空く仕組みやお腹が空いた時の対処法について紹介してきました。

お腹が空く、つまり空腹感を感じるというのは生きている証拠、健康の証でもあります。空腹を経験することは自然なことでしょう。健康的に日々を過ごしていれば空腹を経験することは当たり前であるとも言えます。

ただ、ダイエットをしている時の空腹感というのは辛いものがありますよね。

空腹を我慢しているとストレスが溜まって逆にリバウンドしてしまうなんてことにもなりかねません。ですから、無理に食欲を我慢するのではなくて、うまく空腹を乗り切る方法を知っておくことはとても大切なことです。

腹持ちの良い食べ物を知っておくことも空腹を乗り切るためには必要なことです。無理することなくストレスのないダイエットライフを送るようにしましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

1 × one =